FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

マリア様がオーズを見てる

『龍馬伝』は7週遅れ、『オーズ』は3週遅れで
なかなかTVにまで時間が避けません。

『オーズ』の怪力の女の子が『マリア様がみてる』に
出てるのは気が付いてたけど(ショウコのスールを断った女の子)、
『マリみて』主役のユミが出てるのは、
イメージ違ったんでぜんぜん気が付かなかった。

メズール姉さん(悪い中で一番偉っぽい)の人間体の時が未来穂香ちゃん。
幼すぎないちっちゃい女の子ってだけの人選な感じ。

だから、何がって事もないのだけど、
ほのかにちょっと楽しみが増えた
(いや「仄か」と「穂香」をかけてる訳じゃないよ)。
スポンサーサイト



マンガ『天元突破グレンラガン 螺旋少年譚』たくま朋正、原作GAINAX・中島かずき、角川コミックスエースを読書する男ふじき

グレンラガンの物語を再構築、
コンパクトにして単行本一冊に収めた再コミカライズとでもいうマンガ。

獣人は出ないし、
地下住人は最初からガンメンに乗ってるし、
短期間の話として扱っているので、
宇宙に行く直前でもシモンとニアは少年少女のままだし、
物語の中でカミナは死なない。

と細々と違うのだけど、本流のマンガ(未読)を出してる最中か、
出し終わった直後みたいなタイミングで(2010.02月発行)
この中途半端な亜流が版元から作られる理由が全く分からない。

再コミカライズはもっと極端な解釈の違いとかを加味しなければ、
こんな短いスパンでやる意味は全くないと思う。

金儲けのためか?