FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ボトムズファインダー』を新宿バルト9シアター1で観て、舟を漕ぐ男ふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆単純で単調すぎる】
  

ボトムズのATらしき物を使って
ファンタジーっぽい仕上がり(ドラゴンが出てくる)。

なんかどっかで見たようなどうでもいい話。

最下層として崖の下で生活する「ボトムズ」という貧民層と
崖の上で生活する「トプ」と呼ばれる富裕層がいて、
富裕層の令嬢が攫われて、ボトムズの主人公が助っ人として助けに行く。

『ゲゲゲの女房』見た後だと
ボトムズの貧民層には「貧民」の「ひ」の字も感じられない。
ウォッシュ・ストーンのジーンズ穿いてたり、
パンツを腰履きにしてたりしたら貧民層ってその程度の浅さだ。


【銭】
常設ダフ屋で買った20円だけ安い前売券780円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ボトムズファインダー@ぴあ映画生活

次回作はキリコ。
スポンサーサイト



『あたしンち3D』を新宿バルト9で観て、イデオンとエヴァと山田くんと猫目を連想する男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆つまんなくはないよ。技術もいいし】
  
  
21:50の回。
どんな客が来るんだよ。
ほぼカップルでした。

3Dで短いから、お試し的にとか、時間稼ぎにとか、
そんな使われ方かもしれない。

ちゃんと3Dしてました。
分かる人には分かる東京12チャン版「猫目小僧」的な3D。
つまり、平面絵を手前と遠くに置いて奥行きを作るって奴。
3Dで作る必要は特になく、無駄にハイテク。
ジブリが作った「劇場版となりの山田君」ご同様である。

そしてラストシーンの奇蹟。
「イデも生き残りたがっている」というイデオンかよな展開。
まあ、そんな風に観てる人は一人もいないだろうけど。

タチバナ家の人々ってみんなマイペースで、
自分のパーソナル領域を確保しつつ、
そのマイペースを誰一人として犠牲にせずうまくやってるんだよね。
つまり、ATフィールドの展開と調整が絶妙。この辺でちょっとエヴァを思った。


【銭】
普通に入場料金1000円。
ちなみにバルト予告枠でやってるシネマ競馬で当たってDVD貰った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 3D あたしンち -情熱のちょ~超能力♪母大暴走!-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 3D あたしンち@日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
劇場版 3D あたしンち@23:30の雑記帳

PS 人に「こんなもんまで観てる!」と威張りたいマニアオタクは見逃しちゃダメ!

『黒く濁る村』をシネマスクエアとうきゅうで観てスッキリしない男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆村人が興奮するシーンは一々面白いけど、この映画の「正義」がよく分からない】
  
  
劇場版『相棒』では「あなたの正義を問う」らしいが、この映画もそうだ。

この映画は20年間音信不通の父の元に訪ねると
そこはゲーム機の中の電脳世界で、いや、それは
『トロン・レガシー』だ。

まあ、父を訪ねると、父は死んでいて、
その父の死因を明らかにしようとすると
村の暗い過去が明るみに・・・

というか、「村の」というほど「村」でない。
過去が問題になるのは4人の男と1人の女。
別々の家に暮らしてるけど、
依存しあう5人は家族みたいなもんだ。
だから、これは結局、村ではなく
「家族間の愛憎」の物語なのだ。
『逆噴射家族』に「正義」の概念を
無理矢理突っ込んだものと言っていい。

で、主人公が徹頭徹尾、正義の人の役割なのだが、
要はこいつが血の繋がりだけを盾に、
音信不通の自分の父の死に首を突っ込まなければ、
家族間の愛憎の話が大事になる事もなかったんじゃないの、
という疑惑を打ち消せないのだ。

多分、この正義男が20年前に父を自分の手で
自分の世界に取り戻しておけば、
この「黒い濁り」は立ち消えていた筈だ
(取り戻せずそこでGAME OVERもありえるのだが)。

だから、何かスッキリしない。



【銭】
東急の只券を新聞屋経由で2枚もらって、そのうち1枚。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
黒く濁る村@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
黒く濁る村@LOVE Cinemas調布
黒く濁る村@かろうじてインターネット
黒く濁る村@Nice One!!
黒く濁る村@映画的・絵画的・音楽的
黒く濁る村@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

PS 欲望で共同体が変わっていってしまう様子が『動物農場』のようだ。
PS2 実は父ちゃんも息子(主役)も不死身。それが彼らをより不幸にしている。