FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ゲゲゲの女房』をパルコ調布キネマで観て、ちょっとシュンとしてしまう男ふじき☆☆(ほんのちょっとネタバレ)

五つ星評価で【☆☆いい映画なんだけど、この波長は苦手】
  
  
誉める人がいるのも分かるし、
独立した映画として劣っている訳ではない。

問題はTVドラマとの関連にある。
映画と、先行して放映されたTVドラマに
一切企画同士の関連性はないのだという
(偶然、時期が重なっただけ)。

だから、とても不運だったのだと思うのだけど、
TVドラマを引きずった後に観る映画は、
つらい事がずっと続いてきつい映画だった。
多分、TVドラマよりこっちの方がリアルではあるのだろうけど。

それにしても、水木しげるが何で奥さんと「結婚しよう」と
言う気持ちに至ったのかが全く分からなかった。


「貧乏は平気です。命までは取られません」
予告でも使われていた水木しげるの名言だ。
驚いたのは、映画後半で、貧乏の為に命を取られてしまう人間が出てきた事だ。

できれば、かっこよくない戦記物を書き続けた事にも触れて欲しかった。


と、話がまとまらない時は感想が箇条書きっぽくなるのだけど、
クマネズミさんのブログ「映画的・絵画的・音楽的」に
コメントを書きに行ったところで結論に気が付いた。

つまり、問題なのはTVは大衆娯楽として作ってあるのに、
映画はアートとして作ってしまったという一点にある


これだ。
これが混乱の原因だ。


【銭】
パルコ調布キネマの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ゲゲゲの女房@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ゲゲゲの女房@LOVE Cinemas調布
ゲゲゲの女房@かろうじてインターネット
ゲゲゲの女房@京の昼寝
ゲゲゲの女房@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
ゲゲゲの女房@映画的・絵画的・音楽的
ゲゲゲの女房@愛知女子気侭日記

PS 「ゲゲゲの少林寺36房」という映画があったら観たいかもしれない。
PS2 「ゲゲゲの女房郎」という映画があったら観たいかもしれない。
スポンサーサイト



アナライザー問題(ネタバレあり)

アナライザーが足長なんである。
踏まれたら痛そうなんである。
いや、そんな事はどうでもいい。

というか、満員電車で実際に踏まれたら、
どうでもいいとか言ってられないだろうけど、
とりあえずアナライザーが満員電車に乗り込んでくる
確率は低そうだから、この事は考えない事とする。

ここで、取り上げたいアナライザー問題とは、
アナライザーがセクハラをしてくれなかった・・・ではなく、
アナライザーは軍事兵器なのか、という点だ。

映画を観た人はアニメのアナライザーとの違いに
眩暈を感じたかもしれない。

アナライザーは最初、カードみたいな形で登場する。
携帯が可能なAIのような存在らしい。
後半、カードが戦闘機に挿し込まれると戦闘ナビゲーターになる。
そして、白兵戦になった時、機械の身体を得て
相手を打撃によって組み伏せる極めて直接的な兵器になるのだ。

あれ、ロボット三原則は入っていないの?

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。
 また人間が危害を受けるのを何も手を下さずに黙視していてはならない。
第二条 ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。
 ただし第一条に反する命令はこの限りではない。
第三条 ロボットは自らの存在を護らなくてはならない。
 ただし、それは第一条、第二条に違反しない場合に限る。

確かにガミラスは人間ではないかもしれないが、
拡大解釈で「知的生命体・ニアイコール・人間」としておかなければ、
アナライザーが誤判断してイスカンダル(→森雪とも言える)を
殺戮してしまうような事態も起こりうるだろう。

ただ、どうも戦闘ナビゲーター用AIらしいので、
相手が敵と判断できたなら、とことんまで破壊殺戮して構わない、
そういうモードに設定してあるのかもしれない。
人格があるからと言って、敵の認証を機械独自に判断させるのは危険だと思うが。

状況を判断して敵・味方を判別できるなら結構なAIである訳だけど、
映画では「ここはガミラスを私が食い止めます」みたいに
自分から出て行ってドツキアイになったので、
直接的な命令に従った訳ではない。
うーん、危険だ。
「ターミネイター」のスカイネットとか
「キャシャーン」のブライキングボスみたいに、
アナライザーが敵に回らないという保証がないのだ。

仮にあれがアニメ同様に、ただ肌の青い人間だったら
アナライザーの活躍は映画レーティング(12,18,成人指定みたいな奴)に
引っかかりそうだから、できなかっただろう。
じゃあ、ガミラスが犬みたいな形状だったら、
犬を惨殺して血溜まりの中に立ちすくむアナライザー、
うっ、ちょっとかっこいいかも。

で、ついでにミニチュア・ダックスフンドの形状で
上目使いでこっちを見詰めるイスカンダルにも鉄槌だ。

まあ、一応、形状で判断している訳ではなさそうだ。

形状で判断しているなら一定規格を満たしていない人間は
危ない事になってしまう。

子供とか、デブとか、ジャイアント馬場とかが危険だ。

形状で判断していないとすると、思想か。

戦時の思想弾圧みたいな検閲機能がアナライザーの中にある。
だから、アナライザーのもっとも効果的な使い方は
敵捕虜から情報を引き出すための論理的かつ直接的な拷問。

い、いやだあ。

そんなアナライザー。


少なくとも韓国の警察に配属してはいけない。

い、いやまあ、きっとアナライザーはロビタ(※)なんだな。
そういう事にしておこう。

※ ロビタ:手塚治虫の『火の鳥』に出てくるロボット。
 原記憶が人間とロボットの合成である為、
 ロボットであるにも関わらず、自殺したりする。

ところで、戦闘機に使用するようなAIを
リタイヤした民間人にそのまま持たせるのは問題だと思う。
戦闘データだけを切り離して、人格だけ持ってくるような事って難しいと思う。
だって普通に考えて、人格を作るのは記憶でしょ。

というか、本当にアナライザーはいたのか?

あれって、古代の「そうだったらいいなあ」という思いが生み出した
単なる幻想だったのではないか。
だって、他のパイロットが戦闘機に話しかけたりしてなかったじゃん。
古代がリタイヤする元になった事件の際、
自分がその事件を起こした直接原因でない事を納得させる為の
外付けの多重人格、そう考える事は出来ないだろうか。
だって、アナライザーは他の誰とも話してないし、
森雪へのセクハラもしないし(いや、それはここでは関係ないだろ)。

ラスト、死んでいった人たちが艦橋に浮かび上がるのにアナライザーの姿はない。
それはアナライザーが実在しないからなのだ。
アナライザーの姿があるなら、サンタクロースやブギーマンがいてもいい。

というか、そんな人間を地球の命運をかける艦の艦長代理にしてはいけないだろ。

も、もしかしたら、サスペンスだったのか。

じゃ、じゃあ、黒木メイサとの最後の「あっはーん」も
古代目線で書かれているとするなら、そこに本当に合意はあったのか?



だんだん、ヤマトが悲しい話に思えてきた。