FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『森崎書店の日々』をシネマート新宿2で観て、姪っ子可愛いなあとやられる男ふじき☆☆☆(ネタバレ気味)

五つ星評価で【☆☆☆映画はともかく、映画史上もっとも可愛い「姪」ではないだろうか】
  
  
映画が面白いかどうかについては少し考えてしまう。
空気感がよく、抜群に気持ちがいいのである。
「でも、それだけなんちゃうん?」と
心の中の自分が意地悪に聞いてくるのだ。

それだけでもいい気がするが、
もう一つ「グサ」とか「ドン」みたいな擬音の
はっきりした展開があったら腑に落ちたかもしれない。
はっきりした展開がないからリアルなのかもしれない。
(後半の直談判のシーンは、はっきりしていながらも収束は曖昧)

という具合に観終わった後、自分でも何も分かってないのだ。

はっきり分かってるのは、ここで「姪」を演じる
菊池亜希子が物凄くいい空気を持っているという事くらいだ。

いい。

近くにいるだけでミントっぽい。

あんな姪が100万くらいで売ってたら買っちゃうかもしれない。

おじの内藤剛志も普通にいい客演。

「君にとっては俺はただのおじさんだろうけど・・・」
で始まるおじの発言は、同じように姪を持つおじとして
もう本当に「うんうんうんうん」なセリフだ。

あんなおじが3時間3000円くらいでレンタルしてたら
俺はともかく女子高生とかに借りる事をちょっとすすめてみる。

あと、岩松了がいつも通り、絶品。
「モデルがいるかのような普通のオヤジ」を演じさせたら岩松了は無敵。


何かを探しにいく為に町を出ようとする姪、
しかし、町を出なければ本当に何かを得られないのか。
「町にいると甘えちゃいそうだ」と言う。
甘えてはいけないのか、いけないなら
自覚して甘えなければいいだけなのではないか?

うーん。

全世界にいて、いろんな事と戦っている(かもしれない)
姪の善戦を願う。


【銭】
シネマート新宿、六本木のメンバーカードのポイントで無料入場
(有料入場10回分)

▼作品詳細などはこちらでいいかな
森崎書店の日々@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
森崎書店の日々@単館系
森崎書店の日々@Nice One!!
森崎書店の日々@LOVE Cinemas調布
森崎書店の日々@映画的・絵画的・音楽的


PS あの彼が、おじの前で
 「で、今日はやってくの?」と言い出しそう、と、
 そんな事を思いついちゃう自分自身が最低だな、とかも思った。
スポンサーサイト