FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「忘年会、何回ありますか?」に、えーとな男ふじき

忘年会を済ました後だからそれはもう覚えてない。
スポンサーサイト



ツイッターに書いた呟きをそのままもう一回ブログの記事にしてみる。


ロシア美女を48人集めてKGB48を作れ

仮面ライダースカルが人気らしいのでそれにあやかって

次の仮面ライダーはいっぱいライダーが出てくるこれでいこう。

仮面ライダーオスカル
仮面ライダーアンドレ
仮面ライダーマリー・アントワネット
仮面ライダーフェルゼン
仮面ライダー太陽王


全て仮面ライダーを使って演じられる
フランス革命に潜む愛憎劇。






じょ、冗談のつもりで書いたのに

そんなに違和感がない!

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル』を丸の内東映1で観て、脚本がトンマだと思う音ふじき☆☆(付け足しあり)

五つ星評価で【☆☆見所がないとは言わんが・・・】
  
  
もともと期待していないので痛手は薄い。

三つのエピソードを無理矢理1本の映画にまとめたものの、
どれも驚くほどの浅さ。

1.訳も分からずいきなりドーパント(Wの敵キャラ怪人)もどきと
 戦ってるW。決着は付かず、夢を見させるドーパントもどきに
 所長(山本ひかる)は見たことのない亡き父の夢を見る。
2.史上最も欲深かった男、織田信長がヤミー(オーズの敵キャラ怪人)
 そして、ライダーとして蘇る。
3.ライダーとして犠牲にした人生の怨念の集合が
 仮面ライダー・コアとなり、Wとオーズは戦う。

2と3は話として成立してない。
「誰が何をどのようにどうした」が分からない。
敵の目的が悉く分からず、本当に倒すべきかどうかも判然としない。
こんなに魅力のない織田信長は初めて見た。
織田信長に謝ってもらいたいと思う。

唯一、誉めたいのは1の仮面ライダースカル編。
話は2、3同様に浅いのだが、吉川晃司がかっこいい。
最初、あまりのキザさに「ゲー」みたいな感じだったが、
真犯人が分かる頃から、セリフに芝居が追いついてきた。
TVではかっこ付け用の決めセリフ「お前の罪を数えろ」も
今回の映画のように丁寧に組み立てれば、
とってもいいセリフになる。


【銭】
常設ダフ屋で買った東映の株主券6回分2800円、そのうち1回で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル@狂人ブログ

PS 所長(山本ひかる)は頑張った。花嫁姿を観れるとは思わなかったが、
 その花嫁衣裳が何だか似合ってないのはご愛嬌。足太いし。
PS2 でっかい仮面ライダーコアはやられキャラにしてはいいデザイン。
ちょっと追加
PS3 作品主導のテコ入れ策:30分×3だから、
 Wを10分削って、スカルを10分足して、オーズをまるまる削る。
 電王の10分ショートコメディーを独立短編で追加、OP1曲追加。こんな感じかな。
PS4 W編、オーズ編の悪役の悪の根拠って見た目だけ。
 せ、戦前かよ!

共通テーマ「来年の準備、何かしましたか?」に割と気の利いた事いったぞとちょっと自慢げな男ふじき

鬼を笑わすような事はしない。