FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『相棒Ⅱ』を丸の内TOEI1で観て、なかなか脱帽と畏敬と大丈夫?と心配ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆あのラストのサプライズは凄い。でも大丈夫か。星五つにしないのは一見さん(私)を多少置いていってしまうから】
  
  
あああ、あのラストのサプライズはビックリした。

注意です。
コメントであの件について触れる時は観てない人が
分からないような書き方をしてください。
怪しい書き方をした場合は、後付けで、
ふじきが伏字にするかもしれません。


劇場版第一作がエンターティーメント、バリバリ感の上に
泣かせを被せて大団円させた、王道な作りなのに比べ、
今回は派手な展開の中で「正義とは何か」という大変、地味なテーマを忍ばせ、
最後にサプライズで観客の脳髄を真っ白にさせるテロリストな作り。
映画としてどうというより、この企画を練って実現させたのが凄い。
というか、あの展開の前に映画その物は全部吹っ飛んだ。

私は『相棒』はそんなにハマって網羅して観たりしてない、
映画の時だけみたいな、なんちゃってファンなんですけど、
普通にドラマ観てる人は情報が漏れ伝わってくる前に
ともかく劇場で早く映画を観てしまう事をオススメします。

さて、小西真奈美がいいです。
最初から最後まで徹頭徹尾、ずっと地縛霊みたいな表情がステキです。
欲を言えば最後にもう1カット、納得するにせよ、絶望するにせよ、
小西真奈美は登場すべきだったと思う。

それにしても、それにしても、だったなあ。
いや、観れば分かって貰えますよ。
前半の篭城計画が大雑把過ぎとか貧乏ゆすりでかすぎとか、
小西真奈美の狙撃堂々しすぎとか甘い点は多々あれど、全部吹っ飛ぶ。



【銭】
常設ダフ屋で買った東映の株主券6回分2800円、そのうち1回で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
相棒-劇場版II-警視庁占拠!特命係の一番長い夜@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
相棒-劇場版II@Akira's VOICE
相棒-劇場版II@京の昼寝
相棒-劇場版II@NIce One!!
相棒-劇場版II@LOVE Cinemas調布
相棒-劇場版II@映画鑑賞★日記
相棒-劇場版II@闘争と逃走の道程
相棒-劇場版II@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

PS 小西真奈美と江波杏子の『行きずりの街』親子が二人とも出てきたので
 絡んだりしないかなあ、と思った。いや、案外、親子かも。
PS2 ミッチーの顔がだんだん岸辺一徳に似てきたような気がしてるのは私だけ?
 え、それって言っちゃダメ?
PS3 「影の管理官」ってネーミングが古い。
 いっそ「どこの誰だか知らないけれど管理官」とか「まぼろし管理官」くらい
 古くしちゃえばいいのに。時代劇か、それじゃ。
PS4 『相棒ライダー』:水谷豊がメダルを使って
 色々なアタッチメントを付けて変身すれば東映の映画は老若男女安泰だ。
 ミッチーは右腕がゴテゴテになってホストっぽくなる。
 警察官僚の中で最も強い欲望を持っている人間が今回の敵役・・・宇津井健が
 スーパー・ジャイアンツ、赤いナントカ以来のタイツで大奮闘。
PS5 「ハゲの管理官はお前らの中に必ずいる」
  篭城事件後
 「少しずつ、不正を明らかにしていかないとね。最初は君からだ」
 「今まではヅラでも問題なかったじゃないか!(石倉)」
PS6 「あなたの正義を問う」映画にミッチーのシャワーシーンは必要だったのか。
 違うか。一部の人についてはあのシーンこそが正義なのか。
 じゃ、じゃあ、小西真奈美のシャワーシーンも必要だい!
 (どこにどう入れても無理がありあり)
PS7 水谷豊さん、流石に皺が増えたなあ。
スポンサーサイト



『空の境界 第五章 矛盾螺旋』をテアトルダイヤ2で再鑑賞して気持ちよかったふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆気持ちええのう】
  
  
「劇場版 空の境界 公開三周年記念上映」。
なので、先日テアトル新宿でやった新カットが観れるのかと思って
足を運んだら、今までの全作(テアトル新宿での2010年12月特別上映除く)を
朝から晩まで5本のプログラムに分けて1日で全て観れるという企画だった。

情報誌などに企画意図が書いてなかったので(各回別番組との表示もなし)、
そうとは気付かずにチケットを買ってしまった。
その後に別の映画の予定も入れちゃったから、
クレームとか付けずに大人しく観た。
シリーズ最大の山場になる第五章は観直したかったから、
ちょうど良いと言えばちょうど良い(でもちょっと軽い敗北感)。

いやあ、相変わらず物語に関しては
分かったような分からないようなで、
腑に落ちた感を得る事が出来なかったが、
それと映画自体が気持ちが良いかどうかは別問題だ。

ああ、気持ちよかった。


それでよし。



【銭】
テアトルダイヤ、水曜1000円均一。

マンガ『森口織人の帝王学 第一巻』原作:おかゆまさき、作画:真田鈴、電撃コミックスを読書する男ふじき

可愛い女の子がいつもHな妄想しまくり、
その上、シャイで赤面症、こんなのツボに決まってる。

ただマンガにおけるいやらしい絵の表現が
その物ズバリを書いていないだけで、
通常の成人エロマンガよりエロいアングルやカットが
明らかに多いのは、一般常識の範疇でよろしくないと思う。

『レポゼッション・メン』『シャーロック・ホームズ』を新橋文化で観て、レポは駄目也にグーと思う男ふじき☆☆☆,☆☆

ジュード・ロウ二本立て。


◆『レポゼッション・メン』

五つ星評価で【☆☆☆欠点はあるもののかなりの善戦】

キャー、ジュード・ロウちょっとハゲっぽいけど素敵よおおおおおおぅ。
フォレスト・ウィテカーも相変わらず機敏なデブ役はこの人って外れなしの人選だ。
そして、ヒロインのアリーシー・ブラガ。
ちょっと型落ちした加藤ローサみたいで良かったけど、
加藤ローサを使ってくれたら本当はもっと嬉しかった。
だって、あそこが百万馬力なんだよ!(違う違う)
ちなみにアリーシー・ブラガのアタッチメントはかなり
バイオニック・ジェミーのアタッチメントに近い。

ラストが分かりに分かっちゃう下手な伏線が問題。
ラストのあの実例を本部で一回ブラフで見せときゃいいんだよ、あんなの。
か、『からくりサーカス』みたいに、そこから主人公を生還させるか
(ネタバレに踏み込むからあまり詳しくは書かないが、似た展開がある)

PS 老人ばっかりならともかく、全世代で病人多すぎ。
PS2 鉄拳風、こんなレポメン会社は決算期に潰れる。
 「移植した人工臓器に加速装置が付いていて、債務者を捕まえられない」
PS3 600万$の男って、この映画の値段から考えると割安だ。



◆『シャーロック・ホームズ』

五つ星評価で【☆☆あはははははは】
何がおかしいかって3回目なんだけど3回とも寝てしまってる。
不眠症患者よ、来たれ。



【銭】
前売券700円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レポゼッション・メン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
レポゼッション・メン@LOVE Cinemas調布
レポゼッション・メン@映画的・絵画的・音楽的
レポゼッション・メン@ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
レポゼッション・メン@映画鑑賞★日記
レポゼッション・メン@銀幕大帝

ホームズは大雑把に省略。自分の前の記事だけLINKしときます。
ホームズ1回目@ふじき78
ホームズ2回目@ふじき78

1回目は寝ちゃった箇所がチョコチョコある程度、2回目は大熟睡、
3回目は寝る覚悟で言ったら本当に寝てしまった、という感じ。