fc2ブログ

『ばかもの』をシネマート新宿2で観て、いいぞ内田な男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆内田が全て。映画は並】
  
思ったより『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』な展開にビックリ。
それにしても成宮くんがモテすぎである。
あれだけモテるなら、「ちょっとアル中もいいかなあ」とか
青少年が淡い期待を抱いてしまうほど、誰彼となくモテるんである。

下にLINK付けてるエメキンさんの「5125年映画の旅」のコメント内で、
「年下好みなので年上にもてるスキルはいらない」とバッサリ斬られたんですが、
相手が内田有紀だったら、年上も年下もないです。
しかも今回は淫乱です。
相手が白石美帆だったら・・・しかも今回は淫乱です(嘘)。
なんか最近、白石美帆って
「善人と言うだけの役」=「人はいいけどつまらない役」を当てられてて不憫だなあ。
まあ、あのグッスン顔では間違えても悪女とかのオファーは来ないだろうけど。

あ、でも、株の子は同級生だし、ラーメン屋の娘は年下でしょう。
そんな年上ばっかでもない。
株の子は成宮を諭すと言う役柄上、疑似年上だけど。
ラーメン屋の娘があの容姿で「実は年上だった」とかだったら引く。
ラーメン屋のオヤジもあの容姿で「実は年下だった」とかだったら引く。
古手川祐子が年下だったら映画が壊れる。

ああ、それにしても内田内田内田である。
ブラとパンツ姿がたまらない。
いいよ、内田なら乳首見せてくれなくても。
多分、内田が乳首見せてくれる時は地球が滅ぶ時だ。
そんな感じで内田リスペクトなのだ。
そんな内田の白髪ルックは似合わない。
白髪というよりオシャレな銀髪にしか見えない。
原作は未読だが、再会前後でギャップがないといかんと思う。
再会前は内田有紀が演じるが、再会後は希木樹林が演じるくらいの
インパクトがないと「愛」の映画としては成り立たないんじゃないだろうか。

とか、言いながらラスト
やっと割れ鍋に綴じ蓋でピッタリ隙間なく合うようになった二人が
まるで少年少女のようにはしゃぐ、そんな内田の姿に全く悪い気はしないのだった。

そんな映画。



【銭】
シネマート新宿月曜メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ばかもの@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ばかもの@Love Cinemas調布
ばかもの@5125年映画の旅
ばかもの@単館系
ばかもの@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP



PS 再会後、内田のペティキュアはいいけど、
 マニキュアが塗られてるのはおかしくないか?
 もしマニキュアを塗らせたいなら、
 料理を片手でやるみたいに、マニキュアを塗るシーンも載せるべきだ。
 まあ、長さもあってそうもいかないんだろうけど。
PS2 あのとんでもない事に手を出しちゃう同級生役の中村ゆり。
 もちっと、あの後フォローしてほしかった。ほったらかしだ。
 気になる。
PS3 女に捨てられてアル中って設定もピンと来ないが、
 「あの女のせいで」と言われるほどの事はやってないよなあ。
 あれでアル中になるのを防げないのは、どう考えても近くにいる家族の責任。
スポンサーサイト



『ロックン・ルール』をシアターN渋谷で観て、ごめん合わないよおふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆合わない】
  
伝説のロックアニメ。
うーん、でも系統だってロックの知識持ってないし、誰が歌ってるとかに興味がないからあまり分からないんである。同じ日に『空の境界』というもっとも尖ったアニメを観ちゃったってのもあるし。そうすると、このアニメがロックテイストのちょっとお行儀の悪いアニメにしか見えないんである。ニュアンス的にはバックの音楽が誰がどうだみたいな話は同じく全く分からないのだけど、もうちょっとお行儀の悪い感が強い『ヘヴィ・メタル』の方が好きかな。

え、違うよ。
女の子に萌えないからダメって言ってんじゃないよお。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ロックン・ルール@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ロックン・ルール@映画のブログ

『極悪レミー』をシアターN渋谷1で観て、レミーかっこいいな、な男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆男の顔は年輪だ。レミーっていい年輪持ってる】


えっ、『極悪レミー』って

平野レミの映画じゃなかったの!



ロックバンド、モーターヘッドのベース&ボーカル、レミー・キルミスターを
題材にしたドキュメンタリー。ずっと同じ事を継続できる人はそれだけでかっこいい。レミーがロクデナシで、やる事なす事中坊みたいなんだけど、又そこが可愛いしかっこいい。ホモだったら惚れるぞ。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
極悪レミー@ぴあ映画生活

『空の境界 第三章』『空の境界 第一章』をテアトルダイヤ2で今年最初の映画として観て満足な男ふじき☆☆☆☆,☆☆☆

ここから2011年の映画鑑賞です。

◆『空の境界 第三章 痛覚残留』

五つ星評価で【☆☆☆☆いや、もう音が気持ちよくって】

見直し作品。
音が気持ちいい。
両儀式VS異常能力者の構図になっている三章と一章が
偶然、並んで同時公開されたのが嬉しい。
この後の二章、四章は両儀式誕生秘話だけど、
そっち側にはそんなに惹かれてないのだ。

ともかく冒頭からレイプシーンだ。しかも集団レイプ。
日本のアニメって、そらあ外国から奇異な目で見られだけの異能性があるよなあ。

異常能力者同士の戦いが暴走する後半がたまらん。

ゲストキャラ浅上藤乃の煮え切らない感じがとても好き。



◆『空の境界 第一章 俯瞰風景』

五つ星評価で【☆☆☆記念すべき一作目。見直すとちょっとたるい】

見直し作品。
話は鑑賞二回目にもかかわらず、あいも変わらず分かりづらいのだが、
ビジュアルイメージと音楽だけで、お金を払っても惜しくないと思わせる。
まあでも、一緒に見ちゃうと3章の方が明確でいい。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留@ぴあ映画生活
劇場版 空の境界/第一章 俯瞰風景@ぴあ映画生活
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる