FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『Make the Last Wish』をHTC渋谷シアター1で観て、普通に満足ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆満島ひかりのアイドル映画】
  

園子温特集上映での未公開作品。

満島ひかり主演、あの『愛のむきだし』の安藤サクラもウェイト軽めの役で出てる。

日本で開かれるアヴリル・ラヴィーンのコンサートでの妹募集オーディションに
挑む少女の歌と希望と絶望と悪魔の物語で、どうやらこのオーディションその物は
本当にやってて、この映画の中で選ばれた女の子が実際、
アヴリル・ラヴィーンのコンサートでちょっと歌うみたいな事もあったようだ。
そのドキュメンタリー部分に大胆にファンタジーなドラマとドッキング。
他愛もない話ではあるのだけど、満島ひかりのキャラと歌にぐいぐい引き寄せられる。
押井が『舞台 鉄人』の舞台裏ドキュメンタリーで
悪戯のようにドラマをちょっと挿入していたが、
どうせ嘘を付くならこれくらい堂々しっかり嘘を付かんとつまらん。


【銭】
園子温特集上映企画、正規料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな(詳細書いてないけど)
Make the Last Wish@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『自殺サークル』をHTC渋谷シアター1で観て、凄いけどアレレな感じふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆評価しづらい】
  
評価しづらい。
理由は簡単。
わかんないからだ。
傑作『紀子の食卓』と対になる作品。
だから、もうかなり忘却の彼方にある『紀子の食卓』を見直して
もう一回観ると絶対、印象が違う筈だ。
でもまあ、そこまでしなくてもいいか。

一応、こうかなあ、と思うのは
ある一点を境に、社会の枠組みが変わってしまう事を描いているのではないか。

種の変更。

普通、この種の変更は新種「超能力人間」対 旧種「普通人間」として
多数対多数の戦いの中、ドラマチックに勝ち負けが描かれる。
だが、ここで描かれるのは旧種「社会的動物」と新種「個人的人間」の
多数対個(但し背後に集団無意識がある)の戦い。

人間は社会的な生き物として地上の覇者にのし上がった動物だ。
でも、そんな社会的動物を今でも続ける理由はあるだろうか?
社会的である為に戦争を起こし、社会的である為に南北格差で貧困者の餓死を生む。
今現在、人間は多すぎる。
こんなにいらない。
自分で自分を確立できない、自分にとっての存在価値がない人間は、
社会にではなく、個として自分からドロップアウトする。
それが分かっている人間は、それが分かっている人間からサポートを受ける。
組織ではなく、個の集まりとして。
100匹の猿が同じ行動を起こすように全ての人間が同じ行動を起こす因子を
既に内包している。だから石橋凌が言うように「彼らは敵ではない」のだ。
みな同じだから。

ローリーの位置づけも面白い。
ローリーは多分、もっとも強い最後の旧種。
ミニマムな社会に君臨しながら、マスな社会で認められて、伝説になる事を望んでいる。
そんな彼は新種の「個人間」を捉えると、本当に他全てから隔絶された
個の状態を体験させた後、蹂躙して殺戮してしまう。
何か「もっとも違う事」の象徴みたいで面白かった。
彼等は「自殺サークル」に名を借りた「他殺サークル」だ。
そして、そのローリーの社会性を昇華して、マスへ受け渡す手伝いの役を果たすのが、
能力はあるのに最後は社会に助けを求める、覚悟のないどっちつかずの「こうもり」。


こんなかなあ。
この解釈は勝手に思ってるだけで、正しいかどうか、自分でもよう分かりません。
こういう自由解釈ができる映画は割と好きなんだけど、人気が出ない理由はよく分かる。


【銭】
園子温特集上映企画、正規料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
自殺サークル@ぴあ映画生活

PS PCがめまいがするほど分厚い(ブラウン管ちっく)。
 まだPCもワープロも未分化だった時代の遺物だな、あれは。
PS2 ちょっとどことなく寺山修司のかおり。