FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『武士の家計簿』を新宿ピカデリー9で観てあれれれれな感じふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆飽きずに観れるけど、どーんとは来ない】
  

巻頭に一言。

やはり、どこかにトニー谷を出さんといかんでしょ。

  エンドタイトルとかにBGMで滑り込ませるのがスマート。

さて、つまらなくはない。
でも、ドーンと来る物がない。
山場の設定がない。

本筋としては破綻した一家の財政をソロバン一つで立て直す、
な訳だから、立て直す為の戦略、技術を矢継ぎ早に見せてくれれば
面白そうなのだけど、その辺に目を見張るようなアイデアはそんなにない。
原作の元が「家計簿」なので、そこまで読み取れないというところなのか。
現代人にも分かるように、どれくらいの負債があって、
どれくらいずつ、いつまでに、精算していくという姿勢が見れれば
面白くなったのに、と思う。

いやまあ、でも、「家計簿」からこれだけ話を作れれば上出来だ、
って言われればそれもそれで納得できるけれど。

堺雅人はこういうヘナチョコなりに芯が通った役には最適。
仲間由紀恵もようやってた。後半、老け方がちょっと遅いのが気になった。

中村雅俊と松坂慶子が堺雅人の父母役、西村雅彦が仲間由紀恵の父役なので
中村雅俊と西村雅彦はほぼ同年代の設定
(昔は今ほど晩婚とかなくて結婚時期は一定してたでしょ)
の筈なのだが、流石にそうは見えない。
西村雅彦は仲間由紀恵の父に見えない。
史実ぴったりにあわせる必要はないのだから、
兄でも良かったんじゃないだろうか。

西村雅彦の良く通るいい声と自然なヅラ(まあ、そうだろう)と、
けっこう気合の入った剣術はいい。

あっ、道具屋が買い取りに来た時に仲間由紀恵が出産した長女は
どうなったんですかねえ? 
あの後、長男の嫁とかは当たり前のように食卓にいるけど、
あの長女の姿が全く見えないのが気になったんですが。
え、エア長女?(自分で書いておきながら何だけど「エア」の使い方がなんか違う)
口減らしなんて言わないでね。



【銭】
常設ダフ屋で1000円の前売券を800円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
武士の家計簿@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
武士の家計簿@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
武士の家計簿@映画のブログ
武士の家計簿@Love Cinemas調布
武士の家計簿@京の昼寝
武士の家計簿@映画的・絵画的・音楽的

PS 「そろばんバカ一代」というタイトルが本当。
PS2 武士の家計簿・人件費削減編
 「ゆ、許せ。我が家の家計を守る為にはもうこれしかないのだ!」
 バシュ、ボシュ、ズバ!
 「ひえええええい。若旦那様がご乱心にぃ!」
スポンサーサイト



共通テーマ「Facebook、やっていますか?」にやってない男ふじき

  
やってない。
  
やってないよ。
  
みんな、やってる、やってるって、
  
そんなにMiss Facebook嬢ってのはヤリマンなんかい?
  
一度、お相手したい気もするけど、
あんな事やこんな事で振り回された挙句、
「ぽい」されそうなんで、近寄らないでいたいと思う。

マンガ『ウチのダンナはサラリーマン山伏』はじめ、実業之日本社を読書する男ふじき

作者は「あおくび大根」のキャラクターを考えた人
(絵の上手さが違うのでコミカライズは多分、別の人)。

ダンナが山伏というのは変わってる。
これは売れる話題だ。
でも絵は下手だ。
これでマンガ家が名乗れるなら
「マンガ家」はちょろい商売だと思う。
『進撃の巨人』も絵は下手だが、ベクトルが違う。
『進撃の巨人』はマンガのうまい小学生が無理して描いてるみたいな絵だが、
『ウチのダンナはサラリーマン山伏』は絵の上手い幼稚園児が
そのまま描きましたみたいな絵なのだ。

それでも、エピソードに心を打つ物があるので100円だったから許す。
定価900円だったらちょっときつい。

「そもそも宗教ってなんぞや」って深く考えると一生かかっちゃうような
大命題を1時間で「仮」でいいから決着を付けたい時に便利な一冊である、と言える。
そんなタイミングがあるかどうかは別として。