FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』をユナイテッドシネマス豊洲8で観て自分の大人を実感ふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆でも、すうちゃん可愛い】
  

名作との誉れが高いシンケンジャーのTVシリーズは全く観てない。
失敗作との噂が高いゴセイジャーのTVシリーズはパラパラ観てる。
個人的にゴセイジャー、そんなムチャ駄目って印象はない。

で、キャラがシンケンジャーの方がどう見てもみんな濃い。
そりゃ、濃い方がいいよ。わかりやすいもん。
ゴセイジャーは唯一、ゴセイレッドのアラタだけが突出したキャラで
ゴセイジャーの5人の中でネグリジェみたいな天使ルックが嵌るのは
この野郎であるアラタだけだ。それはそれでいいのか状態だけど。

そいで、私、自分が大人なので
「あきらめなければどうにかなる」というアラタの主張が
今回はどうしても受け入れられなかった。

大槻ケンヂの歌詞のように「♪適わぬ夢もあるんじゃないかなあ」を
戦隊シリーズの中で主張しろ、とは全然思ってないけど、
言葉が欠落してると思う。

「あきらめなければどうにかなる」ではなく
「あきらめずに努力をしていればどうにかなる」
でなければならない。

前者は、重税に喘ぐ百姓がただただ我慢を続ければそのうち事態が好転する
という根拠のない甘えに過ぎない。後者のように、体制に反旗を翻すか、
死に物狂いで収穫を上げるか、何かした者にのみ結果は与えられる。
そういう物語にすべきだ。
で、今回のお話も事態の好転は(アラタに関しては)タナボタに感じられた。

残念だ。

まあ、すうちゃんが可愛かったから、
とりあえずそれで全部帳消しにしておくけど。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜会員デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕@狂人ブログ
天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕@かろうじてインターネット

PS 次回新戦隊『ワンピース戦隊ゴーカイジャー』。
 うーん、何かそーゆー構造的なパクリ
 (過去のスーパーヒーローを流用可能)
 を物語に組み込むのは拒否感があるなあ。
 やっぱり大人だからなあ。
 アニメのバンクシステムとか、
 サザエさんの昔のネタもう一回みたいで、
 それってとっても恥ずかしい事だと思うんだけど。
スポンサーサイト



共通テーマ「職場でカップやきそばって、アリですか?」に、ビジネスチャンスふじき

どうも、もともとは女子社員がカップ焼きそばを食べる姿に
幻滅って話から始まってるらしい。
可愛い弁当作れよ。
手を抜くなよ。
青海苔、歯に付けるなよ、みたいな。
  
どうでもいいなあ。
女子だからタバコ吸うなよと
同レベルのイメージの話でしかないでしょ。
  
匂いを撒くからって話もあるけど、
今はエアコンとか空気清浄機とか普通に常備されてて、
その匂いで仕事も手が付きませんってほど、
職場環境を破壊しないでしょ。
  
匂いだけが問題視されるなら、
茹で麺に薄いソースをザルソバ状態で付けて食べる
「つけヤキソバ」とか開発したら解決だし、
物珍しさから市場も潤うかもしれない。
(「明太辛子マヨネーズつけヤキソバ」とか売れそうでしょ)
  
青海苔も・・・お化粧に使うようなラメ食材が開発できれば
歯に付いてもキラキラでオシャレだ。
  
どこかの会社で
女子高生が隠さずに食べたくなるヤキソバって
コンセプトで開発を頑張ってみてください。
  
あれ、いやいやいやいや。
電子レンジで作れる「蒸かしヤキソバまん」とかでもいいのか
(匂いを饅頭の中に封印)。
  
まだまだ色々なところにビジネスチャンスは
転がってるっぽいっすよ。