FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

6

あと6本、映画のレビュー書かんと現実に追いつかない。
頑張れ、俺。

6本は『いぬの映画』『GANTZ』『ザ・タウン』『トイレット』『冷たい熱帯魚』『イップマン・序章』。

うーん、じれんまー。

↑ 女子高生がジタバタしてる感じをイメージしてお読みください。

映画も観たいし。
記事も書きたい。
思った事がそのまま瞬時に文章化できればいいのに。

「あ、あの姉ちゃんの脚そそる」とか、そんなんばっか文字になりそうだ。

それならそれで、観た映像が、そのまま瞬時に画像ファイルに。
・・・いや、別にフェチサイトを作りたい訳じゃないからなあ。
スポンサーサイト



『クレイジーズ』を新橋文化で観て、すきすき女医先生ふじき☆☆☆☆(本当は女医補佐の女の子の方が好き)

五つ星評価で【☆☆☆☆ネット評はいま一つだけど、いんじゃね、これ】
  

ゾンビ以前に作ったロメロの疑似ゾンビ映画をロメロが製作に回ってリメイク。

オリジナルも傑作だが、リメイクも傑作だと思う。
但し、ネットでの評判は良くない。

何がみなさんダメなの、と読んでみると
「古色蒼然、いつもと同じじゃん」
という意見らしい。

それだけオリジナルが今に通用するフォーマットで作られていて、
(なんと40年前だよ、凄え!)
私はオリジナルと比較して見たからこそ、
面白さが引き立ったというのがどうも真相らしい。

まあ、できればオリジナルを観てから観てください。

さて、この映画の”感染者”はゾンビと違って
感染が悪化するまでは、見た目がほとんど常人と変わりません(オリジナルと異なる)。
そして、その行動も衝動的に人を殺すというよりも
人を殺すことに禁忌がなくなり、理由は不明だが殺人してしまう、という感じ。
分かり合う事ができない”狂人”の概念がオリジナルより色濃くなってます。
細菌性の病気なので、オリジナルでは「咳き込む」という要素が前兆にあり、
発症後、明確に外見が変わってましたが、リメイクではそれが抑えられています。
よりリアルに狂人が蔓延していく。

ただ、それはゾンビをゾンビとして分かりやすく提示できなくなった為、
ゾンビ映画として観た時、物足りなく感じる作りになってしまったかもしれません。

感染を疑われた女医がベッドに拘束されたところで、施設のシステムが破壊され、
そこにスキを持った狂人がゆっくり歩いて
一人ずつ拘束された感染者を殺害していくシーンとかよかったですけどね。

基本的に、この映画で描かれる感染者は「影」であって、
むやみやたらに街角を走りながら攻撃してきたりはしないのも良かったけど、
にしても感染者は少なかったかもしれない。
軍隊もすげえ軍事力を発揮しないで、出番が少なかったかもしれない。
後半、ロードムービーちっくな展開は長かったかもしれない。

いろいろ、足りない部分はあるのかもしれないけど、
かーいらしい映画だと思いますけどね。


凄え、かーいらしく感じた点二点。
(1) ラスト近く出てくる図体の大きいトラッカー感染者の瞳がつぶらでキュート。
(2) 感染医療チームの防護スーツがゆるキャラなみに丸く膨らんでてキュート。


【銭】
前売券買って700円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
クレイジーズ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
クレイジーズ@Love Cinemas調布
クレイジーズ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

『プチ・ニコラ』『地下鉄のザジ』をキネカ大森2で観て、子供と睡魔には勝てない男ふじき☆☆☆☆,☆☆

◆『プチ・ニコラ』

五つ星評価で【☆☆☆☆かーいー。ほっこり。】

おフランスの子供が活躍する新聞4コマみたいな世界。

汚えよ。

何が汚えって、フランスの子供って
何であんなにシュークリームみてえに可愛いの。
生き物としての人間を見る時、
フランスの子供と、フランスの姉ちゃんの乳が
群一等ぬきんで優れてると思うな。

宇宙人が地球に攻めてきたら、
勤勉な日本人は奴隷として重宝され、
華麗なフランス人は観賞用として重宝される。
とりあえず性欲が強くて雑種をいっぱい
作りそうなイタリア人は嫌がられる。

脱線した。

映画の感想で『ちびまるこちゃん』『サザエさん』に
なぞらえてるブログが多いみたいですが、
『ピーナッツ(スヌーピー)』を実写化してもこんな
感じかもなあ、と思いました。
あ、しんちゃんかも。

だらだらした話が不快じゃないのは、
そこにいろんな物が詰まってるのと、
ダラダラしながらも、ちゃんと芯が通っていて、
ラスト、誰もが納得する結論を「ポン」っと渡してくれるから。

才人監督だなあ(『モリエール』も良かった)。

PS ユニットが三人組の「ぷっち・ニコラ」と
 四人組の「ミニコラ」の話に分かれる、という嘘はどうだろう。



◆『地下鉄のザジ』

五つ星評価で【☆☆そうだ、こんな映画だった】

寝た。

多分、これも3回目くらいだと思うけど、
観る度に寝てしまってる気がする。
ただ、スパンが長いので次に観る時は前、寝た事を忘れてるのだ。

なんか次から次へと後ろに続かない展開が山のように盛り込まれ、
ゴダールみたい。ゴダールも寝ちゃうんだよなあ。

いまだにザジが地下鉄に乗れたのかどうかが分からない。

まあ、いいか。



【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用3000円の回数券の2回目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プチ・ニコラ@ぴあ映画生活
地下鉄のザジ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
プチ・ニコラ@映画のブログ
プチ・ニコラ@LOVE Cinemas調布
プチ・ニコラ@ほし★とママのめたぼうな日々