FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『白夜行』をシネマート六本木1で観て、残念ながらホリキタは違う気がするふじき(ネタバレ気味)☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆うーん面白いけどね】


ドラマ未見、原作未読で映画鑑賞です。

凄く単純に話すと初代ウルトラマンとタロウの牙城に
ケータイ刑事が乗り込んでいって
『時計仕掛けのオレンジ』のアレックスよろしく
全てをズタズタにしてしまいそうだ、という映画。
そして、その謎の裏にはアンパンマンの暗躍が。

「ホリキタ悪女に挑戦」とかコピーになってる事自体が
既にネタバレだと思うんですが、何となくビジュアル的にホリキタが
過度に美しくなく、過度に清いイメージではないので(親しい系ですね)
配役としては損してると思う。

これは時代が「貞節」を求めていないと成立しない。
いや、やっぱりショッキングだから、「あれ」の行使を
威嚇力として使用する事はどんな時代でも無条件に成立するのか。

それにしても、全ての者を操ってまで手に入れようとした物が
何であるのか、それは手に入れて価値があるのか。
手に入れる事で失う物の方が大きくないのか。
失うと分かっていても、上り詰める過程だけが
二人の共犯関係の継続を成立させるものだからやめる事ができなかったのか。

高良健吾がいいですね。
ラストで話を引き寄せて奪い取ります。
船越英一郎との会話がやるせないです。
あの笑いが凄い。
船越英一郎もはまってた。

船越英一郎が「覚えているのか」と言った一言。
実は船越が事件の時に訪ねていってとった一連の優しい対応、
その優しい対応を彼女は危険信号として捕えていたのではないか。
何故なら、彼女が相対する大人はみんな優しかったから。

後に船越英一郎を追い越して偉くなっちゃう斉藤歩とか、
刑事部屋がえらく特徴のある役者のルツボになってて、
なんだか面白かったけど、コメディースレスレでちょっと際どかった。

基本的に退屈もせず、ビックリもさせられて面白かったけど、
不幸に出会った人は、同様の不幸を他人に味あわせてでも
自分の幸せを模索するという物語構成は、
誰かそれを明確に否定する意見を口に出しても良かったんではないか?

妹が可愛い。でも、あのオドオドしてる女子高生の演技がツボ。



【銭】
常設ダフ屋で前売券を1000円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
白夜行@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
白夜行@映画的・絵画的・音楽的
白夜行@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
白夜行@LOVE Cinemas調布
白夜行@京の昼寝
スポンサーサイト