FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『大韓民国1%』をシネマート新宿1で観て、ちょっと快適ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆ライト】


こーゆー軽い映画がとっても今の気持ちに合う。
韓国軍隊のトップ1%の難関、海兵隊特殊捜索隊に配属された
女性士官が自分の居場所を見つけるまで。
ただ『大韓民国1%』ってタイトルは分かりづらいと思う。

平たく言うと主人公イ・ユミの頑張りが
自分の未来を切り開いていくど根性ドラマ(+学園ドラマテイスト)。
エピソードが色々詰まってるけど、ライト感覚で飽きずに
最後はすごく綺麗にまとめて終わる。
映画観終わって気分が軽くなってちょっと得した気分。

人生の最後にこの映画を観るかって詰問されたら
「え、え、え、・・・それはどーかなー」と
ちょっと躊躇しちゃうかもしれないけれど、
そうじゃないんだったら、まあ、観て損はないな。

小林稔侍っぽい上司のカン中士がいい。
最初、男尊女卑キャラで、
「俺はお前を認めん。それは女が一番になる事などありえんからだ」
と言っていたのが、少しずつユミの能力を認め、
部下として信頼していく姿勢が「男」だ。
「男」は細かい事をウジウジ言っててはいかん。

映画としては話の中にいろいろ足りない部分もあると思うけど、
それは映画の軽やかさを出すために犠牲にしなくてはいけなかったと思い、
深く考えるのはやめた。「男」は細かい事をウジウジ言っててはいかん。

そして、イ・ユミが抜群にセックス・アピールがない。
それがいい。
いや、別に病んでる訳ではなく、
弟っぽいって言うか、
いや、別に病んでる訳ではなく、
これは佐々木希が演じてたら海兵隊特殊捜索隊は壊滅するでしょ。
うん、イ・アイでよかった。


【銭】
シネマート新宿、月曜メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
大韓民国1%@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
大韓民国1%@LOVE Cinemas調布
スポンサーサイト



共通テーマ「外国料理、どこの国の料理が好き?」に本当どうでもいいよなあふじき

記事タイトルにも書いた通り、本当どうでもいい。
  
基本的に辛いものは苦手だけど、
それでもまあ、パクチーさえ入ってなければ全て許す。
  
まあともかく人間として、パクチー丼とかを食え、
とかそういう強要だけはマジ勘弁してほしいね。