FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『婚前特急』をテアトル新宿で観て、杏ちゃんかーいー、吉高びみょーふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆全編まんべんなく面白いけど、最後に一発山場が欲しかったような・・・いやそれはあの大ゲンカか。星三つ四つ微妙なところ】

三人の女の子が出てくる。

主役の吉高①
吉高の親友、杏②
吉高のセフレ(笑)の片思い相手、石橋杏奈③

③②①の順で好み。
おっ、俺、間違えてる。
②③①の順だ。帝政もとい訂正

杏ちゃんがいいなあ。
男だったら杏ちゃんに惚れるなあ。
というか、あれはとても得な役なのだ。

今回は主人公が普通じゃないギザギサな個性の持ち主なので、
その脇で主人公を優しく見守るお母さんのような杏ちゃんは
デフォルト、マザコン属性である全ての男性に嫌われる訳がない。
完全無欠の友人キャラだ。

ちなみにこの三人は物凄く大雑把に女性の属性を三分割したキャラだと思う。
まず、②と①③で分割、「女の人」と「女の子」
母属性が入っている②杏ちゃんと、
まだまだ相手と丁々発止恋を駆け引きをしたい残り二名。

で、その残り二名はズバリ「本音」①と「タテマエ」③で二分される。
だからもう、この映画に女性がムチャクチャ入ってるのはよく分かる。
吉高は観ている全女性の「本当はあんな風に人生バリバリ自由勝手やりたい」、
そんなキャラなのだ。
本音で五股というキャラはまだ「女性」ではなく、「女の子」だから許される。
けっこう都合のいい設定のキャラだ。

吉高もうまい、というか合ってる
(いや、別に本当に五股やってそうとかじゃなくて)。
もともとどこからどう見ても「完全無欠」っぽくない、
かと言ってボロボロでもない所、が吉高の売りだと思う。
これがキャスティングをシャッフルして、この役を他の二人どっちかでやったら
とても痛い映画になると思うのだ(多分コメディにならない)。

ただ、今回メイク的には吉高をそんなに綺麗とか可愛いとかは思わなかった。

五股相手も的確だったなあ。
適材適所。

あのしょぼいエンディングにかかるラスト音楽のかっこよさ。
いやあ騙される騙される。



【銭】
テアトル新宿水曜1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
婚前特急@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
婚前特急@Love Cinemas調布
婚前特急@ノラネコの呑んで観るシネマ
婚前特急@ラムの大通り

PS もうちょっとハイバジェットな映画だったら、
 田無タクミ=浜野謙太→ドランクドラゴン塚地
 に捻じ曲げられたと思うな。
 浜野謙太が誰だかはよく知らないけど、彼は凄く良い。
 その辺にいそうな頭に来るやつ。
PS2 ウェディング・ブーケの効果があまり絶大だと呪術っぽい気もする。
 そう考えると杏ちゃんが微笑みの裏で代々、魔女の家系とかであっても、
 なんか分からなくもない気がするって、それは妄想の脱線しすぎ。
PS3 ハリウッドだったらキャメロン・ディアスとかがやりそうだ。
スポンサーサイト



あなだーがんつ

「あなだぁ、ガンツが始まりますよぉ」

みたいなぬるさでした。
まあ、再編集版とは言え、
三か月前の劇場公開作品が続編プロモの為とはいえ
地上波TVでかかるのはよくない気がするなあ。

内容は本当にダイジェストちっく。
ニノ、小雪夫の私生活部分を思い切ってバッサリやっちゃったから
繊細な部分が削ぎ落とされてしまって戦いだけ繋げたみたいになってしまった。
その合間合間にルポライターの新撮が挟まる。
新撮あんまり、面白みがないなあ。

でもまあ、夏菜ちゃんの、
あの全身スキャンがカットされてなかったから
それだけでいいや。

『紙風船』をユーロスペース2で観て、緒川たまきは相変わらず素敵♡ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆4本の短編それぞれ玉石混交であるが、トータルでは平均な感じ】

岸田國士の戯曲を元にしたオムニバスらしい。
「何でこれなの、何で今なの」感が色濃く漂うが作品自体はそれぞれまあまあ。

◆『あの星はいつ現はれるか』
 大後寿々花の等身大な女子高生像にずっきゅんする。

◆『命を弄ぶ男ふたり』
 「タイトル古」と思った。
 佐津川愛美が本当、重そうで。
 佐津川愛美がすっと視界から消えた時のリアル感が凄い。

◆『秘密の代償』
 もっとも不満度が高い一本。
 なんだか分からん。
 「秘密」その物は存在しないように思える。
 「秘密」がない事が「秘密」なのかもしれない。
 その存在しない「秘密」の代償として、
 主人公の家政婦が雇われている家の家族に支払いを強要する。

 夫も息子も家政婦に色目を使う。単に女体「物」として彼女を見る。
 妻は家政婦の人格を認めていない。
 この秘めた対人感覚が「秘密」という程ではない「秘密」であり、
 それを体感してしまった家政婦の彼女が見過ごせないものだったのではないか。

 とはいうものの、そんな風に解釈するのが正解かどうかも判然としない。
 判断要素にするような開示すべき情報がゴッソリ抜け落ちてるとしか思えない。

◆『紙風船』
 緒川たまきと仲村トオルを夫婦とする二人劇。
 緒川たまき、ええのう。うまいのう。この短編はそれに尽きる。
 仲村トオルも好演。
 

好き順だと④①②③かな。



【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
紙風船@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
紙風船@LOVE Cinemas調布

共通テーマ「入学式、入園式の思い出を教えてください」

残念なことに、入学式や入園式に鮮烈な思い出は何もない。
  
やっぱり、琵琶湖の湖底とか、
東京スカイツリーの先端部分とか、
第一原子炉の炉心の中とかでやらなかったからだろう。
そうに違いない。
  
毎年何人もの溺死者を出したり、
毎年何人もの墜落死者を出したり、
毎年何人もの癌患者を出したりする入学式はスリリングで
ちょっと惹かれないでもないですが、
それを経た事で何か特別な思いを授かる、
そんな事もない気がします。
  
ヌーディスト・キャンプで行われる
入学式とか入園式に夏菜ちゃんといっしょに出席したいなあ。