FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『鬼神伝』をユナイテッドシネマス豊洲11で観て、真面目が必ずしもいい訳ではないのだなふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆一生懸命作ったのは分かるが後半冗長】

萌えない。

いや、それは一番大事な要素ではないけれど、
そこそこ大事な要素なのだ。
つまり、キャラクターに没頭できるかどうかと言う点だから。

なんかキャラがみんなやな感じなの。
なんでだろう。
「キャラがみんなやな奴に感じるガス」でも散布されてたんだろうか。

冒頭、平安京での人と鬼との戦いのシーンなどはかなり見せるんだけど、
主人公が出てからが何となくトーンダウン。リアルに注目をひかないキャラだなあ。
例えば同じウジウジしててもエヴァのシンジはアピール度が高く目を引くキャラだ。

という訳で合戦シーンは面白い。

主人公が二つの勢力の間で揺れ動くのも正しい描写だと思う。
でも「正しい」=「面白い」ではない。
「正しくない」ことを「正しくなるように説得する」より、
「正しくない事を糾弾して泣きながら叩き潰す」方がより娯楽だと思う。
そういう主人公の感情への配慮がところどころ抜け落ちてる。
娯楽を表現しようという嗅覚が最後の一線で鈍い映画だった。



【銭】
ユナイテッドシネマ、メンバー割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
鬼神伝@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『豆富小僧』をユニイテッドシネマス豊洲12で観て、深キョンの声に萌え萌え作品ダメダメふじき☆☆(そこはかとなくネタバレ)

五つ星評価で【☆☆話の展開や設定の周知を間違えてる】

妖怪で『サイモン・バーチ』。
世界の中には必ずその人独自の役割があるという。

それが心に響いてこないのは
その役割がいきなり生死の取引にまで飛んでしまうからだ。
他の人を生かす為に自分が死ぬのが役割。
美談に聞こえるが、これが父や母や妖怪の面々を生かす為なら納得もできるが、
豆富小僧が命を賭けるのはそんなに関係性の強い相手ではないのである。

そして作品世界の設定として、
妖怪がいなくなってしまう理由、
狸が豆富小僧に一目置く理由、
豆富小僧の母の謎など、説明不足すぎる。

ただ、深キョンの、あの喋りには萌え萌え大爆発であって。
あの豆富小僧のフンドシ衣装で是非、キャストを変えずに実写でやってもらいたい。
「お前が役に立つのはこうだ。えいえい」みたいな。
そういう妄想を楽しめる大人と妖怪図鑑を常に携帯してる大人なら楽しめる。

ええと声は武田鉄矢と大泉洋がうまい。
うまいというか、大泉洋なんてすげーいい加減にやってるのがマッチしてる。
これは演出がうまいんだろう。そういう意味では、はるな愛も同様だ。
ちなみに狸のはるな愛にはちゃんとでっかい玉がついてて結構大写しになる。

なんかトレース線(輪郭線)が邪魔だなあ。



【銭】
ユナイテッドシネマのメンバーズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
豆富小僧@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
豆富小僧@Akira's VOICE

PS 別の話
 「私は命を二つ持っている。さあ、これを持っていくがよい」
 「き、キャップ、ウルトラマンが豆腐を持っています!」

『名探偵コナン 沈黙の15分』をユナイテッドシネマス豊洲3で観て、そんな動機はありえんけどアクションは買うふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆辻褄は合わないけど、それ以外はまあまあ】

やあ、みんな、おらゴクウ

もとい

小さくなったら頭脳はそこそこ
迷宮だけの迷探偵
真実はいつも一つ、たまに二つ。

という名探偵コナンです。
えーと、犯行動機がありえなすぎる事を除けばまあまあです。
冒頭とラストに都市破壊シーンがあり、
実写だとお金がかかってできないようなアクションを
コナンくんが小学1年生の身体で楽々やってのけます。
都市破壊に暗躍するボードにのった小さな悪魔。
不吉なことこの上もありません。

昔、金田一耕助がやってくると「よく人が死ぬんだよお」
と冗談で言われて、コナンくんにもその傾向は重々あったのですが、
最近は人が死ぬだけにとどまらず、災害を呼び起こします。
しかも今回は二か所で大災害です。
おめ、台風かよ。
ああ見えて『ダイ・ハード』みたいな奴なのです。
『ダイ・ハード』がくたばり損ねてるのは4回だけど、
コナンくんは年も取らずに15回ですからね。
年季が違う。

今回はその都市災害に実は水害も含まれています。
担当者の目端が利かずに自粛にならなくてよかった。
アニメの鉄砲水を自粛せんでもいいでしょ(しそうな傾向だからなあ)。

ところで、推理の大詰めが終わった後に大災害が起こるんだけど、
その時に全員が避難する中、コナンくんが麻酔針で自由を奪った犯人だけが
ほったらかしにされている。
避難場所で「コナンくんがいない!」と騒いでいる時、犯人もいないのだ。
もとより自律歩行はできない状態の筈だ。
おいおいいっしょに連れて行ってやれよ。
最後に捕まるシーンが出てくるので偶然、助かったと思われる。
殺伐とした世の中だ。そりゃ犯罪も犯すよ。

コナンくんのラストの大活躍も、あれであれが起こるの?(ネタバレ対策)
何か決定打もなくアレを起こそうとするのは……関取でも連れてけよ。

そして都知事。都知事がアレなのは(ネタバレ対策)
個人的にはなんだなあ。ちゃんとアレにしてほしかったなあ。
せっかくアレな顔なんだから。



【銭】
ユナイテッドシネマスメンバーズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBだけをこっそり付けさせて貰ってます。お世話様です。
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)@単館系
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)@みんなシネマいいのに

PS アガサ博士と同棲する灰原哀(女子小学1年生♀)が
 所帯染みて世話女房みたいになってく展開は面白かった。
 プレイボーイやなあ、博士。
PS2 そうそう、戦場カメラマンの声優起用はネタとしてよかった。
 けど、本当はしんちゃん側に起用される様なゲストだよね。

共通テーマ「ゴールデンウィークの予定は決めましたか?」

GW始まっちまった。

という事で、出たとこ勝負です。

今日(4/29)はユナイテッド・シネマのメンバーズデーで
映画が1000円で見れるので4本立てにしてみてきました。
もうヘロヘロです。

①名探偵コナン
②豆富小僧
③高校デビュー
④鬼神伝

③①④②の順かな。
③が一番、しょーもないけど、娯楽に取り込んでいる感じがする。
①はいつも通りだけど、ともかく推理が荒い。
④は正攻法すぎ。
②は情報の書き込み不足。

なんかなあ。でもだからと言って③が傑作でもないし。

個別のレビューは又、別途書きます。