FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「軽装でOKの面接、どんなファッションで臨む」に今更臨まない男ふじき

ソニーがリクルーターにリクルートスーツ、ネクタイは不要と通達したことからのお題。
  
中途半端だな。
  
いっそ 「リクルートスーツ、ネクタイを着用してはならない」 と
言い切ってくれれば否が応でも個性派が集まって面白いのに。
1000人の会社で990人個性派だと会社が存続できないだろうから、
なかなか言い切ったりはできないんだろうけど。
  
ファッション的に何でもありと言うなら「耳なし芳一」みたいに
身体一面に文字を書き込んでリクルートに行くのが面白い。
当然、尋ねてくるだろう面接官に
「流出ユーザーの名前を心に刻まず顔に刻んで偲んでおります」
と答えてギャフンと言わせる。
なんか大川興業的だな。
  
リクルートスーツやネクタイが売れないと
紳士服量販店も困ると思うんだけど、
ソニーは紳士服売らないから関係ないか。
とか言いながら、近い将来、紳士服が家電になってないとは誰にも断言できない。
……紳士服ロボとか作られるかもしれない。
  
紳士服ロボ。
人が着用しなくても自立自走で活動ができる人型のロボット。
着用すると機械熱で熱い。
ダメじゃん。
  
紳士服ロボはなくても、背中一面に太陽光パネルを設置したスーツ
とかはありかもしれない(今でもネクタイパネルとかある筈)。
外回りの営業は亀の甲羅のように着用して、
とりあえず天空から大量の矢が降ってきても安全だ、という。
  
そうそう、そもそも面接の話だった。
よし、女子、エッチなかっこで頑張れ!
スポンサーサイト



共通テーマ「心に響いた詩を教えてください」にピンポイント回答ふじき

ずしーん
  
とか
  
どーしーん  
とか
  
そういう詩かなあ。

『アトムの足音が聞こえる』をユーロスペース2で観て、へえそう的な反応ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆アトムを冠にセットした時点で商品としていいパッケージになった】

アトムのピッコピッコピッコという足音は
この映画を代表する素晴らしい効果音である。
そして「あれ」と言って通じる一般性も持っている。

だから、この効果音をタイトルにまで持ってきたのは
商品パッケージとしてとても良い。
売れるべき特性は強調して売るべきだ。
後半ちょっとだれる。


【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アトムの足音が聞こえる@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アトムの足音が聞こえる@LOVE Cinemas調布