FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『プリンセストヨトミ』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ゆっさゆっさの話題中心ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆ゆっさゆっさはOKだ】

ツイッター上で、
映画はともかく「綾瀬はるかの胸揺れが凄い」と評判になった映画。
評判通りであった。

っつか、胸揺れみじけーよ。
もっと全編、胸揺れしてるよーな映画かと思ったじゃん
(いや、それってどんな映画よ!)

・・・こんな映画かな。
大阪ではOJOという謎の組織
「おっぱい・常識以上に・大きくしたいなあ委員会」があり、
秘かに大阪城の下に少しずつ謎の設備を付け加えていた。
それは、地震発生機である。
その地震発生機の目的とは、豊臣政権がその権勢の際、
秘かに発布したと言われる「五奉行つかわし大きき乳はっぷ」に書かれている。
現役バリバリ巨乳大好きの狒々爺、秀吉が西の都の女人全てが
巨乳でいられるように、常日頃からその大地を揺らし、
男が女の乳を揉むのと同じ効果を得られるよう
括目して臨みたいとしたためた文書である。
戦国時代、機械の力に頼れなかった為、
城の女人が通行する通路と言う通路を
ぼよよん通路にするくらいしかなされなかったが(焼失により現不存)、
幾多の年月はその秀吉の野望を大阪全体にまで広めせしめた。

そして会計検査員ミラクル鳥居が大阪に到着したその時、
地震発生機は発動する。

ボヨヨヨーン
ボヨヨヨーン
ボヨヨヨーン

これで、最初から最後まで神のような胸揺れが保障される。

凄い。
俺、凄い。
相変わらず日常生活では何も役立たないけど、凄いぞ。

地震発生機を止めたくない貧乳で悩むツンなプリンセス(萌♥)と
乳すれで乳首が痛いミラクル鳥居(萌♥)の乳を賭けた熱い戦いが始まる。

・・・AVじゃん。


さて、映画は予告の面白さにはかなわないけど、
堤、綾瀬、中井のキャラがはっきり立ってて、まあ、
つまんなくはないと思う。
あまり詳しくない沢木ルカちゃんの
ギスギスした男っぽい少女もよかった(けど、もちっと掘り下げてくれや)。

大阪国の儀式に秘められた、本当はこういう国であってほしいという主張も
説教くさくないギリギリのラインで語られててなかなかいいと思う。

あと、どう考えても全くいらない綾瀬はるかが蛸焼きを落とすシーンが最高。



【銭】
池袋、29割で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プリンセス トヨトミ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
プリンセス トヨトミ@映画のブログ
プリンセス トヨトミ@新・狂人ブログ
プリンセス トヨトミ@新・映画鑑賞★日記
プリンセス トヨトミ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
プリンセス トヨトミ@Akira's VOICE
プリンセス トヨトミ@小泉寝具
プリンセス トヨトミ@ダイターンクラッシュ
プリンセス トヨトミ@Love Cinemas調布

PS プリンセスとセーラー家臣の二人で
 大阪の悪を退治する「二人はプリトヨ」。
 これで女子小学生層もバッチリだ。
PS2 何かTB付ける為にブログに立ち寄らせてもらってるけど、
 どうもどこも同じように煮えくらん書き方。
 ちょうど困るくらいの出来なんだよね、きっと。
PS3 よし、公約は果たしたぞ。
 KLYさんのコメで胸揺れ中心にブログ記事書くぞと宣言してた。
スポンサーサイト



マンガ『背の目 全三巻』小池ノクト、原作 道尾秀介、バーズコミックスを読書する男ふじき

読み終わってなるほど。

「ホラー」と書かれていて、
確かに「霊」に関する考察や
科学で全面解決できない事象も
そのまま未解決のままにされているけど、
枠組みで言えばミステリーだ。

タイトルの「背の目」が何であるかは
どこかに忘れ去られてしまっている。

つまんなくはないけど、いろいろ迂闊な感じ。