FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『手塚治虫のブッダ』を109シネマズ木場1で観て、ちょろい商売とか思うんやないでふじき☆

五つ星評価で【☆なげーよ】

なげーよ。
つまんねーし。
劇的な演出もねーし。


何よりビックリしたのは
シッダールタの父ちゃんの

アフレコ史上まれにみる棒読みっぷり。

あえて歴史に残したいほどのひどさだった。
ちなみに堺、吉岡の両主役はよかった。

副題の「赤い砂漠よ 美しく」って何だろう?
「血で美しく」かな。他に美しくなる要素なんて何一つなかったぞ。

あと、気になったのがキャラ設定の悪さ。
女性キャラは魅力ないし、書き分けも拙い。
男性キャラはみんなギスギスした画で、
その上、キャラを活かすような演出も一切とられていないで、
みんな薄い。人生を持てない。

シッダールタの剣術指南役なんて嫌われる要素ありだけど、
原作ではそれなりにチャーミングに描かれていた筈だ。
つまり脚本と演出と作画で殺されてしまったのだ。
『手塚治虫のものだったブッダ』という題にすべきかもしれない。



【銭】
常設ダフ屋で前売券を350円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく@新・狂人ブログ
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく@Love Cinemas調布
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト