FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「七夕の思い出を教えてください!」にいつも通りうそを付く男ふじき

笹に短冊で願い事。
  
だが、うちの近くには野良パンダと野良山羊が大量に発生して、
笹はパンダに食われ、短冊は山羊に食われ、竹と獣の糞しか残らない体たらく。
  
泣き言ばかりは言ってられない。
残った竹を鋭利に尖らせ、鬼畜米英との本土決戦の準備にいそしんだよ。
こんなとこでいいかな、徹頭徹尾ぜんぶ嘘だけど。
スポンサーサイト



『モンガに散る』『台北の朝、僕は恋をする』を早稲田松竹で観て、青春爆発ふじき☆☆☆☆,☆☆

◆『モンガに散る』

五つ星評価で【☆☆☆☆凄く昔からあるタイプの映画だとは思うが、人が弱い存在であり続ける限りこういう映画は我々を落涙させ続けるに違いない】

主人公の仇名がモスキート「蚊」である。
なんかとっても軽んじられているようでいながら、
やる時もやりきれない時も愚直に全力で進む
コミュニケーション不全の元いじめられっ子の彼に
バリバリ自己同一化してしまう。

映画なんか観てるのはさえない人生
送ってる奴らばっかだから(超偏見)
シンクロ率は高いと思う。

そのモスキートが小木に似てる。
小木に似てるけどかっこいいのだ。
やはり人間は行動だ。
小木似だけじゃなんなんで、中村敦夫にも似てると言っておこう。

4人の仲間、ドラゴン、モンク(坊主)、白猿、豚(仇名忘れた)、
スポットライトの当て具合が異なるから白猿と豚は控えめな印象だ。
ドラゴンの強くなければいけないのに内面が一番弱い点、
モンクの人生すべてが全方位取り囲んで身動きできなくなって
暴発してしまう悲劇。
その圧倒的なポテンシャル・パワーを秘めたモンクを
圧倒的に弱者であることが分かってしまったドラゴンが
義務と友情の為にボロボロになりながら止めに入るシーンは
秘かに落涙した。

ええのう。

けっこう長かったという印象はある(実際長いは長い)。

あ、あと、モスキートと恋仲になる娼婦の姉ちゃんがドンピシャ。
私、ダメ人間だからコンプレックスの強い女の子には一も二もなくメロメロだ。



そうそう「モンガー」と言えば『大戦隊ゴーグルV』の
敵組織デスダークの怪人に付く統一呼称だ。

ゲタモンガー、ドラゴンモンガー、ボウズモンガー、
ブタモンガー、サルモンガー、モスキートモンガー。

大陸勢力が攻めてくるって、ダイレンジャーかよ。
負けるな、暗黒科学集団デスダーク。

オタクよのう、俺。

PS モンクは蟹江敬三にちょっと似てる。
PS2 ショパンくんはモスキートくんを見習って
 ちゃんと腿肉を食べれるようになる事。いいね! 約束だよ。



◆『台北の朝、僕は恋をする』

五つ星評価で【☆☆ゆるすぎ】

女の子が可愛すぎる。
俺の脳髄浚って理想解を出してから映画作ったんとちゃうんけ、
というくらい可愛い。

でも、映画はゆるゆる。

ちなみに、『究極超人R』のR田中一郎にそっくりなのが映画に出てくるよ。



【銭】
劇場でアンケート書いて招待券を貰ったよ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
モンガに散る@ぴあ映画生活
台北の朝、僕は恋をする@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
モンガに散る@LOVE Cinemas調布
モンガに散る@我想一個人映画美的女人blog
台北の朝、僕は恋をする@LOVE Cinemas調布