FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パラダイス・キス』を池袋シネマサンシャイン三番館で観て、どうしてどうしてなかなかやるじゃんと唸った男ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆女の子が可愛く撮れてる映画には弱いよ】

セルマ・ブレアという女優がいる。
来る役来る役、タフ女で笑顔を見せずにぶすーっとしてる役が多い。
でもいい役者だし、美人なのだ。
ただ、華やかな明るい役にはお呼びがない。
彼女を敬愛してやまない私は彼女を秘かにこう呼ぶ。
「天使の仏頂面」

という訳で、北川景子も今までのキャリアでいろいろな役を演じてきたが、
ピンとくる感じはなかった。

と思ったら、やっとドンピシャの役が来た。

これだ。

この表情が一番似合う役だったのだ。

「天使のイラ顔」

まあ、イライラしてるとこだけがいい訳ではなく、
イライラをベースにプラスアルファで作られた
様様な百面相がリアルで、そして、
今までと違ってイキイキしてる。
顔で演じてる。それが楽しい。

やっと本音っぽく喋ったり、悩んだりしてるみたいに見えた、なと。

相手をする向井理。
今、日本でホストになったらおそらく一番指名が取れる男。
かっこいいっすね。
映画の途中で左腕を外してほしかったな(それは違うって)。

あと、大政絢ちゃんがあんなバカっぽい役が・・・
うーん、まあ、もともと似合いそうではあるが、
それは秘密にしておいてあげたかった気もする。
「銭形海」の時に「性欲処理発言」をしたら揺らいだろうなあ。

努力の人、加藤夏希はもうちょっと掘り下げてもらいたかったキャラだ。
まあ、際限なく時間がある訳じゃないからしょうがないな。
そういった意味では女装のかっこいい兄ちゃんももう一歩、掘り下げたかった。

こりゃあ「少女マンガだなあ」とふしぶし思いながら、
野郎の生態は妙にリアル。
凄いなあ。
少女マンガでラブホに行っちゃう時代なのだな。

そして、そこかしこに出てくる重めのフレーズ。
持ち上げたり、こき下ろしたり、人格改造ゼミみたいだ。

あと、音楽もファッションも、ちゃんとオシャレ感が出てて良かった。
変なところに手を抜くと四畳半裸電球下みたいなオシャレになっちゃうんだけど、
ワーナーが湯水のようにお金を使ってるらしく、かなりゴージャスだ。
そういうところにお金をかけるのは、今後の邦画動向からもいい投資だ。

ということで、予想外に良かったよ。



【銭】
レイトショー価格1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パラダイス・キス@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
パラダイス・キス@Love Cinemas調布
パラダイス・キス@新・狂人ブログ
パラダイス・キス@新・映画鑑賞★日記
スポンサーサイト