FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『デンデラ』を丸の内TOEI②で観て、「デンデラ」って「デラベッピン」みたいなもんかと無駄ボケする男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆今迄見た事がない映画である事は確かだ】

婆あアクション

実は前提作の『楢山節考』は未見だが、
どう考えても、こんなに自由なアクション映画ではないだろう。

で、瀬戸際ギリギリ文芸っぽい部分も残しながらの、
大アクション映画、かつ、文明批判映画、かつ、猛獣アクション、という、
バカか、バカなんだろ、おめえらはって、そんな映画。

基本、婆さんと熊しか出てこないんだけど、婆さんたち若い。

主役の浅岡ルリ子は言うに及ばず、
100才の独裁者、草笛光子、堂々の怪演。
アイパッチしてる倍賞美津子、海賊のように威風堂々。
この辺りのキャラが立ちまくり。

そしてこの婆ちゃん達が
誰に頼るでもなく、熊に立ち向かっていく。
なかなかどうして、ちゃんと
見どころのある殺し合いに仕上がってる。
燃えるぜ

だけど、あれだけキャラが立ってるなら
別に熊を出さずに「婆あだけで天下一武道会」
みたいな展開にしても良かったんじゃないだろうか。

「デンデラ」って何か意味のある言葉かと思ったら、
映画内で何の説明もなかった。
・・・どうも地名らしいんですが。


【銭】
スペシャル・プライス1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
デンデラ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
デンデラ@ノラネコの呑んで観るシネマ
デンデラ@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
デンデラ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト