FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』を有楽町スバル座で観て、子供だからウキウキみんな観に行けふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆自慢するけど一作目も劇場で観てる。優しいファンタジーで、子供にはハリーよりこっちを見せたい】


公開が決まった時にまず驚いた。
一作目は良作だったが誰も相手にしてくれないくらいお客が入らなかったし、
劇場で「観た」って人の話も聞かなかったからだ。
偉い。よくオクラにしなかった。


前回も今回も面白いし、気分が晴れます
(基本、同じような映画です)。


エマ・トンプソン大好き。
ついでにエマ・ワトソンも好き(無関係です)。


「ちなみにナニーって言うのは乳母の事よ」
このセリフが2回くらい入る。
そりゃあそうだ。
そもそも「ナニー」って言葉の一般性も考えずに
そのままタイトルにしたのが1作目の興行不振の原因の一つだと思う。

まあきっと関係各方面に怒られるだろうけど
例えば『黒いメリー・ポピンズ』とかにした方が絶対、通りがよいもの。


って事で子供の教育係としてやってくるナニーのマクフィーを
エマ・トンプソンが楽しく、ほどよい醜さで演じてます。
子供がマクフィーの教えを習得し、子供とマクフィーが打ち解けると
マクフィーの醜さが少しずつ和らいでいくってのは、映画でのルールだけど、
このルールの理由を何か語ってくれればいいのに。
まあ、そういう物だと言ってしまえば、そういう物だけど。


マクフィーは魔法使いの婆ちゃんっぽいのに、服装はしっかりしてる。
子供達が初めて出会う「英国社会」の象徴なのかもしれない。


総評として

そりゃあジャリ映画だけど、面白えから観ろよ です。



【銭】
常設ダフ屋で本来有料で取引をしてはいけない株主券をレンタルチケットとして800円で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ@Love Cinemas調布
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ@労組書記長社労士のブログ
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ@ラムの大通り

PS 戦局を有利に展開する為、あの乳母を50人ほど手配せよ!
PS2 ちなみに農場の長男は子供マグニートだから、
 戦局を有利に展開する為にはあの子供を使った方がいいかもしれない。
PS3 父ちゃんが死んだと思い込むことによる子供マグニートの能力発現に
 ナニー・マクフィーが死を賭けて戦いを挑む。
 うわあ、そんな映画じゃなかった筈だ!(そりゃあ、そんな映画じゃないからね)
スポンサーサイト



共通テーマ「10年前、あなたは何をしてましたか?」にこっそり言っちゃいけない事を言う男ふじき

とりあえず
  
ハリー・ポッターの一作目を劇場で観ていた事だけは確かだ。
  
ハリーもロンもハーマイオニーも10年かあ。
せっかく3人いるんだから、ムカデ人間にしたいなあ。
エコ魔法に傾倒するポグワーツの校長が
学生を使って悪魔の魔法実験を行う。
  
ええと、こんなこと言ってちゃダメか?
  
並びの理想はハーマイオニー、ロン、ハリー。
もっともあかん並びはロン、ハリー、ハーマイオニー。
  
ああ早く『ムカデ人間』見ないとなあ。

共通テーマ「B型 九州 で短絡的、どう思いますか?」に、もう通り過ぎてしまった話題だなあふじき

復興大臣の松本某とか言う人が
  
上から目線発言で失言した後に言い訳(↓)どないねんってお題。
  
九州の人間ですけん、ちょっと語気が荒かった
B型で、短絡的なところがあって、反省しなければならないと思っています
  
これって、もちっとくだけた言葉でスザンヌが話して、
「てへっ」とか付け加えたら許してしまうんとちゃうかなあ。
いや、だから、松本某を擁護って訳ではなく、
キャラに合わん事、もしくはキャラから誤解されちゃう事をやってはいかん、という事だ。

美少女復興大臣っていいなあ。
バリバリお飾りでいいんだけど、
ローラ・チャンあたりがやってくれたらなあ。
実際の復興はともかく、被災地近辺の世相が明るくなると思う。
そういう気分って大事。
気分だけでは困るというのは、それはそれで正論だけど、
まず気分からってのも間違いじゃない。
  
あと、松本某は威張りん坊キャラっぽくって近くや政局にいてもらうのは
イヤイヤな感じだけど、あれくらいの我の強さや「回してやる」感が
管総理にあればいいのにと思う。
  
ローラ・チャン総理いいなあ。
なんかちょっと勘違いで自衛隊動かして大量虐殺とか起こしかねない感じがあるけど。
でも、「うちらの総理」って胸はって言える気がする
(それ以前に日本国籍ないだろうから総理にはなれないか
 ……カルロス・ゴーン総理とかもダメなのかな?)。
  
ああ、という事で、
ローラ・チャンに総理大臣になってもらって、
総理大臣初の水着グラビアを週刊プレイボーイに掲載してもらいたい。
  
被災地の事はそれからでいいや。

『導火線』をシネマート六本木4で観てもっともっとボコボコボコボコボコふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆熱すぎる】

ドニー・イェンのちょっと前の話題のDVDスルー作を一週間限定ロードショー。
一週間限定ロードショーと言いながら、その一週間もイブニングに1回とか、
妙に回数が少ない。
もっとちゃんと宣伝うって、時間帯も考慮したら、
それに見あうお客が入ったんじゃないかなあ。

まあ、それはともかくだ。
話がシンプル。
ドニーが狂犬刑事を演じて相手をボコボコボコ。
いや、本当、枝葉はあるけど、基本これだけだ。

でも、熱い。
熱くって、熱くってたまらん。
いいアクション映画は観ていて、つい「ふん」とか
身体が動いちゃったりするけど、この映画もくるくる。

『孫文の義士団』にも出てたファウ・ビンビンが可愛い。
ビンビンくる(オヤジだから親父ギャグはちゃんと入れておかないと)
実際、大した役ではないが、綺麗どころ一人添えただけで
華があるなあ、ホンマ。

あと、悪役のベトナム人三兄弟の極悪非道っぷりがいい。
やるならやりきらんと。
強いし、卑怯だし、悲しい中、明らかに暴力に麻痺している。

ということで、大変いい見世物でした。


【銭】
メンズデーに行ったけど、特別料金で1500円だった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
導火線 FLASH POINT@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
導火線 FLASH POINT@LoveCINEMAS調布

PS ドニーの顔が中川家の礼二に似てる気がしてならない。