FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『飯と乙女』をユーロスペース1で観て、エロはないけど嫌いじゃないふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆真面目だな。そこは評価したい】


「食」と人の関係がテーマの
オムニバスの形態をとらないオムニバス映画
(主役持ち回り制と言えばいいだろうか)。

他人が作った手料理を口にできない男、
同棲相手へのストレスから過食、嘔吐を繰り返す女、
大食漢の妻と絶食に追い込まれる夫、

さもありなんなリアルでいながら、
「何故そうなったか」は明確に書かれない。
用意周到に回避されてるようだ。
歯がゆくはあるけれど、
「何故、他人が作った料理が食べられないのか」
という回答が分からなくてもドラマは成立する。

成立するのは、そこにいる人間が「いそうな人間」だからだろう。
役者陣と演出を評価したい。


一番のメインエピソードは
「他人が作った手料理を口にできない男」だが、
個人的には「絶食に追い込まれる夫」が切なくてよかった。
全てのサラリーマンが何かを犠牲にして成し遂げようとする物は
それがどんなに価値がある物でも他者にとっては砂上の楼閣に過ぎない。

切ない。
切なすぎる。

コック姉ちゃんは美人。

映画内で輪唱される般若心経は途中、多分、間違えている。



【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
飯と乙女@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢にかける橋/旅だちの駅』をシネマート新宿1で観て、キャラ強度強いなふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆楽しいけどファン・ムービーの域は越えてない】


『MINKY MOMO IN 夢にかける橋』40分
『MINKY MOMO IN 旅だちの駅』30分
の中編2本上映。

ミンキーモモって真っ当に1本通して観た記憶がない。
でも、個性が強くていいキャラだ。

どちらもTVシリーズ終了後に撮られたらしい。
そしてどうやら、主人公のモモは
TVシリーズの最終回で魔法が使えなくなるらしく、
それが前提で話が作られている。ようなんだけど、
説明してくれんから、よう分からん。
そういう前提は一見さんでも分かるように作ってほしい所だが、
監督がポケモンの湯山邦彦だから、それは望んでもしょうがなさそうだ
(ポケモン映画でポケモン世界の親切な説明一切なし)。

という事で「魔法のプリンセス」なのに、魔法は出てこない。
力は入っているが、定番展開を持ってこれないので、地味な作り。

『MINKY MOMO IN 夢にかける橋』は良作。
『MINKY MOMO IN 旅だちの駅』は怪しい。忙しかったんだろうな、きっと。
 適当さがにじみ出てきてしまってる。



【銭】
メンズデー、かつ、シネマートデーだと思いきや、元々の価格設定が1000円だった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
MINKY MOMO IN 夢にかける橋@ぴあ映画生活

PS モンキーミミ。
PS2 見終わった当日、TVシリーズの生みの親、芦田豊雄氏の訃報を聞く。
 やるせない。