FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『行け!男子高校演劇部』をシネリーブル池袋1で観て、なかなかええやんふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆おんどれら男子やのう】


くだらない映画が好きだ。
だから、これも好き。
コカコーラのCMで
「男でごめんなさい」というコピーが流れているが、
本当、この映画は「男でごめんなさい」に溢れてる。
男には理由なんかなくても突っ走る時があるのだ。
男はバカだ。
バカがまぶしい。

主人公の中村蒼演じるオガの見事に何もない事。
すがすがしいくらいバカだ。
仲間もみんなバカ。
でも、気持ちがいいバカだ。
まあ、みんなバカなんだけど、一人一人がはっきりするように
ちゃんとキャラ付けしてあるのが、じんじん聞いてくる。

キャラが立っているというのは正しいなあ。

あー、85分って短さも嬉しい。

脚本を書いてる池田鉄洋なかなかいい。
そして、AKBのスマイレージが凄く可愛い事もよく分かった。


【銭】
レイトショー割引1200円支払。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
行け!男子高校演劇部@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
行け!男子高校演劇部@LOVE Cinemas調布

呪いのキーボード

なんかキーボードが壊れてるというか、壊れつつある。

五十音を打つと

あいうえお
かきくけ
しすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やゆよ
らりるれ
わをん

何か邪魔者が混入してる。
タイプミスではない。
一文字分のキーを打つと
勝手に二文字タイプされてしまうのである。

ううう。

ストレスたまる。

どうしたもんかね。

あ=うあ(3=43)
こ=ひこ(B=VB)
し=んし(D=YD)
て=すて(W=RW)
ろ=はろ(_=F_)

いったい何の呪いかね?
誰か何か知ってたら教えて。

『チェルノブイリ・ハート』を銀座テアトルシネマで観て、それなりにしゅんとなる男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆やるせない】


いい映画とか悪い映画とかでいうと「とてもいい映画」。

ただ、正直に言うと疲れる。

チェルノブイリの災厄が起こした残滓により、
次から次へと、右から左に登場する不幸な子供たちの数々。
つらい。
大半が助からないであろう子供たちを見て愉快にはなれない。
タイトルの「チェルノブイリ・ハート」は
「チェルノブイリ」以降に急増してる子供がかかる心臓疾患の名前。


「まだ知らない人が知るために現実を描写する」
大変正しいし、多くの人がこの映画を観るべきだと思う。

全部を見せなくても要点だけ絞ったダイジェストにして、
玉音放送みたいにみんなに見せる方法はないのだろうか?
これは今の日本人に等しく見せておきたい過去の現実なのだ。
日本で同じ事が起こる可能性は決して低くない。
ともかく、情報やデータがはっきりしない。
大変、失礼かもしれないが、過去の教本があるんだから
並べて比べりゃいいじゃんと思う。
何がそれをさせないでいるのだろう?


【銭】
正規料金1300円支払。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
チェルノブイリ・ハート@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
チェルノブイリ・ハート@LOVE Cinemas調布

PS ただ養護施設の女性に食ってかかるのはちょっと微妙にも見えた。
 1日だけの訪問者とずっといる常勤者は立場もメンタリティも違うだろう。
 何となくリポーターを際立たせる為のやらせ演出っぽく感じた。

共通テーマ「引っ越しは好きですか?」

引っ越しの度に1億くらい用意してくれるなら

努力して、好きになるよ。

『イップ・マン』『孫文の義士団』をキネカ大森1で観直して大満足ふじき☆☆☆☆☆,☆☆☆☆☆

キネカ大森でドニー・イェン二本立て。
どちらも2回目。

◆『イップ・マン』

五つ星評価で【☆☆☆☆☆面白いの面白くないのって、面白いよ】

かっこええのう。

前身の『イップ・マン序章』鑑賞後の鑑賞。
という事で、『イップ・マン序章』→『イップ・マン 葉門』引継事項。

・冒頭フラッシュバックのように展開されるのは第一作目のフィルムだ。
 アウトラインとして占領統治している日本軍とイップ・マンとの間に
 諍いがあった事だけ掴んでおけばよい。
・市場に助けに来たのはイップ・マンの故郷佛山で道場荒しをやってた男。
 今では妻子もできて、そこそこ生活も立って落ち着いているようだ。
・日本軍に頭を撃たれてイップ・マンと再会する男は佛山の拳法道場の道場主の一人。
 『葉門』のサモハンに位置する人物。

お、これだけだ。割と少ないな。
という事で『イップ・マン』から観てもそんなに支障はないよ。



◆『孫文の義士団』

五つ星評価で【☆☆☆☆☆冒頭から泣き】


凄い密度で画面にいろんなものが充満してる。
そして前回は気が付かなかった義士団の面々の日常生活を見るにつけ、
戦いの熾烈さを思いながら、前半から泣いてしまえたりもするのだ。

今回気づいた事。
・車夫ニコラス・ツェーが写真館の前を通る時にベルを直す。
 窓を開けて彼女がほほ笑む。
 大旦那様に話を持ち出すより前にも、このシーンがある。
 気づかんかった。見落としてたなあ。
 このベルが逃げるシーンで悲鳴のように鳴り響く。哀切だなあ。
・臭豆腐売りを最初に刺すおばちゃんのたたずまいが怖すぎる。
 パニック状態の街の中で、彼女だけが静止しているのだ。
・カン・リーとドニー・イェンの戦いは重戦車とオートバイの総力戦みたいだ。
・カン・リーの重いアクションはその見事な表情に助けられている。
・クリス・リーの復讐の相手は親が指をかみ切った男。爆薬を用意している。
・大旦那様も息子もニコラスもみんな表情がいいなあ。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用3000円の回数券の4回目(1000円)。

▼関連記事。
イップマン初回感想@死屍累々映画日記
孫文の義士団初回感想@死屍累々映画日記
孫文の義士団三回目感想@死屍累々映画日記
孫文の義士団四回目感想@死屍累々映画日記

『ヘルドライバー』を銀座シネパトス2で観て、眠ったけどきっとおもろいぞふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆寝たけどおもろい】


題名通り。ヘルでドライバー。

いやいやいやいや。

今回の4本の中で一番一般受けしなそうな………
いや、コメディ土壌の乏しい日本で
スプラッタの味付けを施した『デッドボール』の方が一般受けしないか。
まあ、あっちもあっち、こっちもこっち。

多分、西村喜廣という監督は
空前絶後にサービス精神が旺盛な監督だと思う。
で、何をやっちゃうのかと言うと、
遊びに来たお客に対して、
逃げられないように縄でぐるぐる巻きにしておいて、
煮沸したお茶を一斗缶で頭からグツグツかけ、
お茶菓子の羊羹を三日三晩寝ないで振る舞ったりするのである。

なので、しんどい。

だって、生理に反するんだもの。

という訳で『ヘルドライバー』、詰まり過ぎだ。
その詰まり過ぎに負けて、頭がぼーっとしたところで、ちょっと寝た。
問題ない。
話は大きな転回点を持たずに渋滞状態で進んでいるだけだったから。

ええと、「つまらない」ではない。
「面白い」けど、身体が慣れないのだ。

この感覚は前に一回味わっている。
『東京残酷警察』だ。
あれも1回目に観た時は「凄いけど、なんだこんなもんか的だな」と思った。
とんでもない。2回目に観た時、ムチャクチャ面白かった。
多分、1回目で詰め込んだ情報の中、重視しなくてよい物を
視界から自動的にスルーできるようになるのだろう。

そういう特異な作風なのである。

だから、今回、一回目は乗りきれてない。
乱暴な運転に振り回された感じで、最後まで運転席に乗っていられなかった。
でも、だから「つまらん」と切り捨てるのももったいない一本だ。
例え、大多数の人が同じ映画を複数回、観る事がないにしても。

主演の原裕美子、CanCanのモデルらしい。
えええ、なんて過酷な一本目。
いい意味であか抜けない顔が魅力。

他、いきなりすっ飛ばして「花魁ゾンビ(笑)」の穂花が超絶綺麗です。

後、全く持ってドバっとすっ飛ばして、特殊部隊隊員役で、
今回は串刺しされない亜紗美姉(別にいつも串刺しされてる訳ではないけど)。
どっちかって言うと珍しくおとなしめの役です。
姉さん、声がガラガラで、キャラがあーなんで、絶えずビッチな顔をしてるけど、
変顔とかしないで、まっすぐ前を向いて未来を見つめるような顔をすると
つるっとした、とても上手く剥けたゆで卵みたいな童顔が「うっ、可愛い」。
「おいら女蛮」で男役やってたけど、少女というより、
少年少女が分かれる前の未分化の存在みたい。
………アトムに似てる。
もしかしたら、オシとかメクラとかツンボとかビッコとか、
一つ欠けた役をしおらしく演じると、ムチャクチャ萌えるかもしれない。
ただ、周りがそういう役どころを許してくれないかもしれないけど。

って事で何かの折に2回目を見たら、大絶賛する気がします。



【銭】
シネパトス共通前売券3回3600円のうち1回分使用(これが多分、一番安い見方)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヘルドライバー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヘルドライバー@日劇ヲ襲撃セヨ
↑ここの記事が愛溢れる。

PS 特撮素材で飾り立てられて、
 とっても変な劇場として機能した銀座シネパトスさん、
 あんたも偉いぞ。
PS2 スピルバーグの『スーパー8』より、『寿司タイフーン』の
 劇場の方が大きい所が、シネパトスの魔境っぷりを誇示してるようでよかった。

共通テーマ「60歳男性との結婚、アリですか?」

ゆるしてくだちい。
  
黒い玉に召喚されて部屋に辿りついた途端、
玉男に後から犯されるようなそんな設定は勘弁してください。
  
というか、男に向かって何を聞くんじゃい、と言おうか。
  
玉男(攻) × 玉(受)
玉(攻) × 玉男(受)
  
どっちだよ、と言おうか。
  
そんなん「どっちだよ」って聞く時点で間違えてるよな、と言おうか。
  
うーん、まあ、本人たちが幸せならいいんじゃない。
「財産目当て」とか言われてるけど、それ込みで別にいいんじゃないの。
成功するにしても、失敗するにしても、本人たちがそれなりの覚悟を持って
自分たち同士、および社会に向けて契約した事に対して、とやかく言う事はないよ。
別に「無理やり」とかじゃないんだろうから(二人とも大人でしょ)。

共通テーマ「最近一皮むけたことを教えてください」

あからさまに下ネタだなあ。
まあ、詳細は内緒で「なくはない」とだけ答えておきましょう。

共通テーマ「相談できる人は何人いますか?」

そんなこと言ってると相談するぞ。

森永「チョコボール クリームソーダ味」

チョコよりソーダ部分のラムネのすっぱさが勝ってる。
  
いわゆる変な味。  ただ、けっして不味くはない。
それでも、グランドメニューに残すほどの
「チョコボール」らしさを持ってない気がする。
前のページ 次のページ