FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『修羅雪姫』『修羅雪姫 怨み恋歌』を銀座シネパトス1で観て、血のアートに他ならないと断言ふじき☆☆☆,☆☆☆

◆『修羅雪姫』

五つ星評価で【☆☆☆アート作品。話はそんなでもない】

話はよくある復讐物だと思うが、
ともかく映像として見栄の切り方がずば抜けてる。
こんな風に撮ったらかっこいいだろうの集大成だ。

そして梶芽衣子。
目で映画を制する。

同名の全く異なる作品を釈ちゃんが撮ってて、
あれはあれで好きなんだけど、こうまで内容が違うなら
別のタイトルの方がいいなあ、とオリジナルを見て思った。



◆『修羅雪姫 怨み恋歌』

五つ星評価で【☆☆☆アート作品。話はそんなでもない】

こっちもかっこいい。
冒頭の林のかっこい事。

故原田芳雄
故伊丹十三
故岸田森

怪優だらけで楽しい。
だが、物語を牽引するのは梶芽衣子の
負けそうで負けきれない強い目なのだ。


【銭】
シネパトス共通前売券3回3600円のうち1回分使用。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
修羅雪姫@ぴあ映画生活
修羅雪姫 怨み恋歌@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢の中の輪舞』をシネマート新宿1で観てぬるま湯だなあふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆そういやこんなぬるい感じだった】


モモが不思議な島で魔法で大活躍。

そういや、こんな感じのぬるい話だったんだなあ。

絵が荒いのは時代だけど、TVのリミテッド・アニメそのままで
素晴らしく動かない、その動かないっぷりがちょっと凄い。

劇場用新作アニメで作られたマクロスなんか見るにつけ、
あれだけ動いて……隔年だなあ。
動きさえすればいいのか、と言い返せないくらい話も特に何もない一本でした。



【銭】
元々の価格設定が1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢の中の輪舞@ぴあ映画生活