FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マルドゥック・スクランブル 圧縮 完全版』をシネ・リーブル池袋1で観て、ちょっと拍子抜けふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆うーん】

多分4回目、さすがに飽きだしつつある。

完全版としてエロ絵は増えたが、
全体の構造・構成・印象が変わった訳ではない。
だから、自己満足にしか見えない。

まだ、鑑賞してない人には初見を勧める。
鑑賞をすましていて、「完全版」だから見たいという人、
「やめろ」とまでは言わないが
大して変わってない事に対する「覚悟」くらいは持ってった方がいいと思う。



【銭】
1200円均一料金。

▼過去記事
マルドゥック・スクランブル1回目
マルドゥック・スクランブル2回目
マルドゥック・スクランブル3回目
スポンサーサイト



共通テーマ「メールの送りっぱなしと読み落とし、どっちが悪い?」に正論ふじき

こんなんは使ってる人たち次第でケース・バイ・ケースでしょう。
  
派遣じゃないけど、顧客の変更で、適当にあちこちの職場を渡り歩いた経験があるので、
企業によってメールの使い方がまちまちという事は分かってます。
  
作業場所が関東だけど、依頼主が東北にいるので
MAILが作業依頼の主体だった職場もあれば、
MAILに依存するあまり、何でもかんでもMAILで伝達して、
1日に100、200通がざらで、MAILだけだと作業が埋もれちゃうような職場もある。
MAILで来るような依頼は雑務だから後回しにしちゃうところもあれば、
ともかくスピード重視でMAILの依頼を最優先とするところもある。
  
「MAILだからどうだ」ではなく、作業を依頼する側は、
その作業が期日までに仕上がるように、
進捗を管理しなければならない。
それができないようなら、やり方が間違えているのだ。
  
もちろん、全くMAILで丸投げでも、それで依頼した作業が回るなら
積極的な進捗管理は必要ない(それが成立する文化だってある訳だし)。
  
ただね、MAIL投げただけで依頼が終わったつもりでいて・・・
MAIL受けた人が一週間、病気してて開封されなかったり、
他のMAILへの対処で大わらわだったり、
セキュリティで引っかかってMAILその物が管理部署で止まってたり、
MAILだけを頼み綱と信じるのは、ちょっと呑気なんじゃないのという気がします。
  
あと、どっちが悪いってんじゃなくって、
読み落とされるなら、読み落とされない方法を考えればいいんじゃないの?
読み落とされちゃう原因が必ずあるんだから。
  
ああ、真面目だなあ、俺。