FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『デッドボール』を銀座シネパトス2で観て、少年役でも可愛い星野真里にメロメロふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆でも星野真里が可愛いんだ】


悪いもんが集まって野球やる振りして人殺しをする映画。


だって星野真里が全てのカットで、
本人のセリフ曰く「糞童貞」で、
サービスカットの一つもないというのに
可愛さ全開なのだ。

びっくりだ。

俺、ホモのホの字もないけど、
こういうのを見て、星野真里が役作りの為に
チンチン生やしていたとしても、
男同士で結婚してもいいよ。

星野真里が巨根で30㎝くらいあっても………い、いいよ。

いや、別にちんちんのない星野真里でも全然いいけど。

いや、全然、そんな映画ではないんだけどね。

どんな映画かと言うと、
坂口拓がスクリーン外の見えない部分に手を伸ばすと
必ず煙草を掴んでる、という。
何か更にどんな映画か分かんなくなっちゃったなあ。
少なくとも「野球映画」でない事だけは請け負います。

話や笑いネタとしては試合直前くらいまでが、野球に関係しないから面白い。
野球に到達すると、あとはそれを使って殺しあうしかなくなるので、
どうやってもバリエーションをどうするかというだけの問題になってしまう。
えーと、エロいお姉さんたちはもちろん好きですけど。




【銭】
シネパトス共通前売券3回3600円のうち1回分使用(これが多分、一番安い見方)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
デッドボール@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
デッドボール@日劇ヲ襲撃セヨ
↑ここの記事が愛溢れる。
スポンサーサイト



『極道兵器』を銀座シネパトス2で観て、芽以ちゃんステキ、坂口拓アクション気持ちええぞ、ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆役者が皆気持ちいいから星一つオマケ。後半ちょっとダレあり】


正義のヤクザもんが腕と足に兵器ぶち込んで大暴れ。


男も女もみんな叫ぶ、怒鳴る。
ああ、気持ちいい。
すっきりする。

一つ残念なのは後半、ちょっと長い。
色々と趣向を変えてるのは分かるが、
アクション的にはずっと地続きで繋がってるので長く感じてしまうのだ。
うん、やっぱりそういう時には必然性は別として
黒川芽以ちゃんがポールダンスとか踊ってくれたらよかったと思うよ。


主演、坂口拓はOK。
これが本当に上手い村上淳を向こうに回して
互角にヒケを取らないんだからいい仕事してるでしょう。


村ジュンいい仕事しよるなあ。
ぶん回しよるなあ。
ぶん回したいなあ。
生きてる間に回したいなあ(下)。


で、黒川芽以ちゃんが可愛いです。
うわあマンガよのう。
勝ち気で恋にうぶって、ボンクラどもの理想!
変態鶴見辰吾に今更ながらセーラー服着せられてって
シチュエーションも個人的には燃える
ああ、黒川芽以ちゃんに汚い言葉でなじられて、
その後「役者だからこういうセリフを言うけど本当はとても抵抗があるの」
とはじらってもらいたい。
そして、全裸で巨大な鍋に入れて、効率いいからと言って落し蓋を落としたい
(何じゃそりゃ)。


そうそう仁科貴は川谷拓三のクローンでしょ。
母方の遺伝子とか全く入っていないとしか思えない。
戦力的には今一今二(弱くはない)なんで、
クローンとしていっぱい出てこられても困るが、
地を覆い尽くす無数の川谷拓三というのは、
それはそれで映画としていいんじゃないか。
タイトルは『ピラニア3B』で。(3Bは貫八先生のクラス)
一本の映画に一人、川谷拓三が出てると映画が締まるよね、いや、何となくだけど。



【銭】
シネパトス共通前売券3回3600円のうち1回分使用(これが多分、一番安い見方)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
極道兵器 YAKUZA WEAPON@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
極道兵器 YAKUZA WEAPON@日劇ヲ襲撃セヨ
↑ここの記事が愛溢れる。

『忍たま乱太郎』を109シネマズ木場シアター4で観て、箸休めだけの映画って不思議だふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆果てしない出落ち】


「出落ち」という言葉がある。
出番(登場)と同時に笑いを取る、という意味だが、
「出落ちかあ!」みたいに、
登場でしか笑いを取れないというマイナス用途で使われる事も多い。

この映画は、その「出落ち」で出来ている。
話もあるし、テーマもあったりするけど、
どうも連続「出落ち」の方が優先されてる気がする。

変なの。


『13人の刺客』みたいに息をつく間もなく
怒涛に突き進む物語に翻弄されるのも疲れるが(いや、心地よい疲労感よ)、
今作のように箸休みだけで出来た映画ってのも何だか釈然としない。
………相変わらず極端だ、三池は。

真ん中で撮れよ、真ん中で。
いやもう、普通にそういう当たり前の娯楽映画を取れるキャリアっしょ。
んでないなら、園子温みたいにもっと外れていけばいいのに。
やっぱりそういう熱がない所が三池なんだろうなあ。


ってことでタイトルロールの乱太郎を演じる加藤清史郎くんは器用に演じてました。
間違い感がなくて、思った以上にピッタリだった。


で、出落ちの一番と二番が鹿賀丈史と松方弘樹。
凄いよ、鹿賀丈史の無駄なメイク。
あれ、テレビドラマとかではやらないよね。干されるよね。
舞台のように朗々と無駄に歌いあげる鹿賀丈史は無駄にステキだ。
いや、ステキではないか。
でも、キャリアの無駄使いには惹かれるものがある。

松方弘樹は『13人の刺客』とのギャップが素晴らしい。
なんかチンチンみたいなんだよな。
赤い服着てるので、ある意味センチネル・プライムみたいな役どころ。
どっちも爺ちゃんだし。どっちも大人げないし。
こっちも、キャリアの無駄使いには惹かれるものがある。


平幹二朗と中村玉緒のコブが『イレイザー・ヘッド』姉ちゃんみたいだ。
いや、それだけ。


杏、綺麗だけって凄い出落ちだ。


古田新太が食堂のおばちゃん役。
普通におばちゃんとして扱われて、
何一つ性別について振られなかったけど、そうかあ?
そこまで女かあ?
別に古田新太を抱きたいとは思わないぞお。


という事で「忍びとは、ガッツだ!」という
メインコピーもなかなかいいけど、登場人物をもっと抑えて、
普通に撮っても良かったんじゃないの?
エンドロールにかかるメイキング風景が楽しそうで、
いいなあ、みんな楽しく仕事ができて………いや、これは愚痴だ。



【銭】
109シネマズのたまったポイント(有料入場6回分)で只で見せてもらったよ。


▼作品詳細などはこちらでいいかな
忍たま乱太郎@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
忍たま乱太郎@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
忍たま乱太郎@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
忍たま乱太郎@闘争と逃走の道程
忍たま乱太郎@愛知女子気侭日記

『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を109シネマズ木場シアター2で観て、ふんふんバリバリふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆面白いけど疲れるは疲れる】


アイマックス3D・・・初・・・
昔、東京アイマックスシアターで一応観てるけど、
その時は眼鏡がごっつく重かったから一応、別物なのかな。
なので、初体験という事にしておいて。

こりゃいい3Dだ。
今迄の3Dみたいに、何層かの平面が奥行きごとに立ってるみたいでなく、
奥行きがちゃんと奥と手前でつながってる。
画面もでかいし、明るいし。眼鏡も軽いし、ずれないし。
前半はこの3D特有の映像で楽しめた。
後半は流石になれちゃって、3Dか2Dかも判然とせず、意識せず単に見てた感じ。
多分、トランスフォーマーの、あのガチャンガチャンは3Dの方が
目に分かりやすくていいと思う。

主人公のシャイア・ラブーフ、なんかあっという間に
とっちゃん坊やっぽくなった。凄い劣化だ。

そして、超モデル姉ちゃんロージー・ハンティントン=ホワイトリー、

おおお姉ちゃん、ケツがステキだ。
このケツがステキな姉ちゃん、雑誌や予告で見た時、
すんげえケバい、キャバクラの権化とか思ったけど、
フィルムで見るとそうでもない。
黒木メイサっぽいな(本末転倒かな)。

劣化した兄ちゃんと綺麗な姉ちゃんの組み合わせを見て、
何だかヤマトのキムタクとメイサみたいだなと思ったりもした。

アイマックス3Dの一番の見どころはこの姉ちゃんのケツだったなあ。
その次があの機械で雑巾絞りみたいな奴。
わざわざビルの上に上った甲斐がなかったよね。
モモンガ部隊も頑張った。
ただね、人間が機械生命体に刃向う時、どうすれば勝てるみたいなセオリーを
一手だけでも確立させておけばよかったのに。

あと悪い奴のボスの頭がとことん悪いというか、
悪いは悪いなりに純粋な心を持ってるというか、
何かそんな存在をだまくらかしたりして、いたたまれないなあ。
やっぱり一番怖いのは人間なのだ。


ちなみに全体的には面白いし、否定する要素は何一つない。
でも、後半、長いし、だれてないとは言えない。
まあ、とんとん並かな。



【銭】
ポイントになんぼか足して見せてもらおうと思ったけどIMAX3Dで、それはダメよんと発券場の姉ちゃんに言われて、正規料金2200円を払った。まあ、金額分の価値はあったと思う。全ての映画でその価値があるとは思わないけど。


▼作品詳細などはこちらでいいかな
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン@Love Cinemas調布
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン@新・映画鑑賞★日記
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン@或る日の出来事
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン@紅茶屋ロンド


PS センチネル・プライムのことを「おセンチ」と言ってはいけない。
PS2 センチネル・プライムに「センチメンタル・ジャーニー歌えよ、ほらっ」、
 とか言ってはいけない。
PS3 KLYさんのとこに今までにない意味のないコメントを残した。
PS4 まち子さんのコメント書いてて気が付いた。
 ジョン・マルコビッチの役は大杉漣がやるみたいな役だ。