FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『探偵はBARにいる』を109シネマズ木場7で観て、空気に拍手ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆普通に面白かったけど、どこかで抑制が働いてしまった】


「夜は大概ここにいるから電話してくれ」
「電話したらどうなるの?」
「君を明るくしてあげるのさ」

それはけっこう難題だった。
何故なら……三瓶はBARにいる


さて、いいとことわるいとこが半分半分という印象。

最終的に、そんなに複雑でない話が
あちこち寄り道する事により、
意味なく膨らんでしまったように感じた。

だが、その寄り道をするのが稀代の寄り道男、
大泉洋だから、これは適役だろう。
いつも通り、不平不満たらたらだが、
そこから不快感を感じる事はない。
もともと大泉洋という男は徹頭徹尾そういうキャラなのだ。
実にいいキャスティングだ。
にしても、大泉洋、原作はもっとバリ二の線じゃないのか?
着てる服がナルシストっぽいのが、ちょっとキモイ。

松田龍平と大泉洋との組み合わせが凄く良い。
TV的に見える大泉洋のちょっと大きな演技が
松田龍平の安定したボソボソっとしたおとなし目の演技と
実にうまく引き立てあってる。

ラストの小雪が綺麗だなあ。

西田敏行が誰がやってもいいような役だあ。

だが、この映画で一番面白いキャスティングは高嶋政伸だろう。
「何アレ超受ける」とかJKよろしく言ってみたくなる。
『ジェネラル・ルージュの伝説』でも思いっきり、じめっとした演技で
驚かせてくれたが、もう何も恐れる物はないみたいな境地で頼もしい限りだ。

次点は松重豊。
実にいつも通りのコワモテな役なのだが、
凄く魂がこもってるように感じる。
この人を立たせた話で一本撮ると面白そうだ。

探偵はBARにいる。
ドン平はBARにいない。
ちなみに、ドン平=土平ドン平は松重豊の舎弟役です。
地道に虐げられてるのがおかしかったです。



【銭】
有料入場6回分のポイントと引換に無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
探偵はBARにいる@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
探偵はBARにいる@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
探偵はBARにいる@LOVE Cinemas調布
探偵はBARにいる@逃走と闘争の道程
探偵はBARにいる@新・映画鑑賞★日記
探偵はBARにいる@紅茶屋ロンド
スポンサーサイト