FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『DOG × POLICE 純白の絆』をトーホーシネマズ六本木4で観て、何でこんなんにしたんかなふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆理念がおかしい】


何でそんな話にしちゃったのか分からん展開がラストにやって来る。
「プロデユウサがねコンナ話にスル言ウテタノヨ」
プロットを脚本家に説明するのにカタコトのバングラデッシュ人
とか使ったんじゃないだろうか?

変なのは主人公の行動と
それをサポートする教育係の行動。

主人公は独断専行がひどくて、言わば、警備犬課に飛ばされてきた形だ。
普通のドラマなら、主人公が良き仲間と手を取って
難事件を解決する方向に向かうのが普通だろう。
そんな事はしない。
最後まで独断専行だ。
犯人確保プロセスにも問題があるし、
爆発物の取り扱いにも問題がある。
犯人確保プロセスで出火し、大事故になる可能性もあったのに
主人公は犯人しか目がいかない。危険なバカだ。

そして彼の行動を諌めなくてはいけない教育係も
彼に影響を受けたかのように独断専行を許してしまう。

駄目だねえ。
ただ「熱い」では済まされないでしょ。

とはいうものの、戸田恵梨香ちゃんは好きだ。
それだけは口を大にして言いたい。
だから、バターと犬と戸田恵梨香、この黄金律で攻めてほしいのよ。


犬屋の面々が凄腕なのに、事情があってスポイルされてきたというのは、
ありがちな設定だが、その設定が何一つとして現場で活きないのも、
まるでわざとそうしてるかのようにダメだ。珍しいね。
カンニング竹山とかうまく使えば凄く生きるのに。
時任三郎、どこからどう見ても海猿のセルフ・パロディみたいな役。


耳のトリックはよかった。


シロは鼻がいい親を持ってるって降って湧いたように出たのは何でだろう。
伏線の一本も張っておけばよかったのに。


あんな警備犬オンリーがダメ出しされる偏向報道はリアルじゃないでしょ。



【銭】
ファーストデイで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
DOG × POLICE 純白の絆@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
DOG × POLICE 純白の絆@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
DOG × POLICE 純白の絆@LOVE Cinemas調布

PS カンニング竹山が脱がなかった事は評価する。
スポンサーサイト



『ネスト』『ぼくのエリ 200歳の少女』を新橋文化で観て、どっちもエッチイなふじき☆☆☆,☆☆☆

カルト人気の2作。
観た直後は色々言いたい事があった筈だが、
油断大敵、ほったらかしてる間にかなり雲散霧消してしまった。


◆『ネスト』

五つ星評価で【☆☆☆ホラーとしては手堅い作りの佳作。ただ記念作品とかにはそぐわない一本】

ケビン・コスナーデビュー30周年記念作品。
いやあ、ハリウッドで一番ぶいぶい言わせてた男が
B級映画を記念作品に据えるのはどうかな。

ケビン・コスナーも、もうしっかり父ちゃん役の年齢だ。

成長期の娘はマウント・ウォーカーという
得体のしれない生き物に操られているらしく、
真夜中に泥だらけになって戻ってくる。
いやらしい連想を働かせてください、
と言わんばかりの設定だ。




◆『ぼくのエリ 200歳の少女』

五つ星評価で【☆☆☆なるほど】

『ポーの一族』をもう少しリアルにやるとこうなるのかな。
主人公の金髪少年が何となく「嫌な奴オーラ」がぷんぷん出すぎているので、
苛める側を非難する気にならない。

この少年が色白で金髪碧眼。
ナチスの優生学に基づく見本みたいな容姿をしている。
もう一人のエリは黒髪、黒目。
ユダヤっぽい。
ユダヤは汚れた金の力によって世界を蹂躙する怪物(=神)の暗喩ではないか?

ナチス(第三帝国)が提唱する千年王国は次のような思想を内包してる
(ウィキ「千年王国 新宗教とナチス」から抜粋)

> a この世は悪に染まっており、
> b 全面的に改変する必要があり、
> c それは人間の力では不可能で、神のような者によらねばならず、
> d 終末は確実に、そろそろやってきて、
> e 来るべきミレニアムでは、信徒以外は全員居場所を失う、
> f そのため、信徒を増やすべく宣伝しなければならない。

aの惡を主人公オスカーに対する苛め勢力とし、
cの超自然力をエリとするなら、
本来ユダヤが持っていた超自然的な力を暴走させる事により、
従来の人の世を終わらしめる。その猛威から逃れるためには、
等しく、オスカーとエリの軍門に下り同一化しなければいけない。

そんな物語だったのかもしれない。


【銭】
前売券700円で入場。