FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『英国王のスピーチ』『ジュリエットからの手紙』をギンレイホールで観て、絶賛記憶風化中ふじき☆☆☆,☆☆

◆『英国王のスピーチ』

五つ星評価で【☆☆☆ちょっと肩すかし。まあでも面白い】

『栄子くんが「おうおうおうおうおう」とスピーチ』
ああ、そんな話の方が観たかったかもしれない。

吃音症の新イギリス国王がスピーチをする為に
風変わりな話し方教室の男から指導を受ける。

結論から言うと、出だしの詰問回避技術とかが面白かった。
後半に移行するに従って、徐々に精神論みたいになって息苦しくなる。

ジェフリー・ラッシュは訳ありな顔でいい。
長くて食えない顔は伊藤雄之助に似てるかもしれない。

英国王コリン・ファースの妻にヘレナ・ボナム・カーター、
ハリー・ポッターのメイクで出てもらいたいとか、ちょっと思ったりして。


◆『ジュリエットからの手紙』

五つ星評価で【☆☆えーと、へー、ふーん】

真実の恋に踏み切る為に、過去の恋の清算をしたら、
彼には意中の人らしき女性が。

うわあ、少女マンガ展開よのう。
という訳で、少女マンガ展開に引き続き、
恥ずかしくなるくらいの少女マンガオチを使って、
ハッピーエンド。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。
スポンサーサイト



『スプライス』『AWAKE』を新橋文化で観て、新橋文化くせえなふじき☆☆,☆☆

◆『スプライス』

五つ星評価で【☆☆いやあ変だ】

遺伝子改造生物との愛と心のつながりを描こうとしながらも
そんなん描いてられるかと開き直って、よくある系のホラーに
仕上げ直した、ヴィンチェンゾ・ナタリの変映画。

遺伝子改造新生物ドレンの可愛くなさがリアル。
人間体に成長したドレンは『フリークス』に出てたピンヘッドに似てる。

SEXその物を恐怖と捉えた脚本は珍しいと思う。


◆『AWAKE』

五つ星評価で【☆☆意表を突く展開はあるが、正義が遂行されても主人公は幸せにならない無常感あふれる一本】

手術室で麻酔が効かず、自分が手術事故を偽装して殺されようとしている事を
手術中に知ってしまうノイローゼの塊のような映画。あの展開にはビックリした。


「私は脱ぎ要員なのよ」

とでも言わんばかりに、いつも通り脱ぐジェシカ・アルバに感謝のエールを送りたい。

【銭】
前売券700円で入場。