FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『フールズ・ゴールド』『エンジェル・ウォーズ』を新橋文化で観て、お気楽な2本だふじき☆☆☆,☆☆☆

◆『フールズ・ゴールド』

五つ星評価で【☆☆☆いい感じにゆるゆる】

カリブ海かな、南海(ホークスじゃない)の開放的な暑さのもと、
離婚カップルが愛を確かめ合いーの、地元マフィアとドンパチしながらーの、宝探し。
ゆるゆるだけど、常に何か起こってるから退屈はしない。

マフィアと出し抜きあいしながら、主人公が2、3回死にそうになるんだけど、
青い空の下「あ、死ななかった」くらいでムチャクチャ軽くて悲壮感がない。
明るいなあ。
じめっとした日本ではこういうの作れんな。

映画の後半で一転、ピラニアに全員襲われるくらいしてバランス取ってもらいたい
(淡水じゃないからピラニアはダメか)。


マシュー・マコノヒーは内容のない夢だけ兄ちゃんにピッタリだ。
ケイト・ハドソンはいい人感抜群。でもセクシーとは思わない。
ドナルド・サザーランドはもう単に好々爺だ。赤いチャンチャンコがきっと似合う。



◆『エンジェル・ウォーズ』

五つ星評価で【☆☆☆うんまあ、ベイビードールの黒パンを再確認しに行ったようなもんだ】

これは2回目。1回目は吹替えだったが、今回は字幕。
絵の情報量がムチャクチャ多いので、吹替えの方が楽だな。
1回目観た時にかなり深読みを考えていた筈だが、
さっぱり忘れた上に2回目を観ても思い出せなかった。
やっぱり感想は早めに書かなくてはダメだ。

ああ、やっぱり日本の女の子って同民族だからかもしれないけど
セーラー服とか着せても可愛いよなあ。
毛唐女子はビッチっぽいのがちょっと疲れる。
ちなみに『ザ・ウォード』と同じ日に見直した。

1回目の記事


【銭】
前売券700円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



仮面ライダーフォーゼ第六回

チャラ男回後編思いつくまま感想


・鶴見辰吾の役名は「赤い目の男」。
 まんまだ。
 兎かよ。
 ちなみに鶴見辰吾は山羊座。

・一角獣座の彼、かっこいいな。
 主役よりかっこいいと思う。
 でも、じゃあ、主役がどうだっていうと華がない。
 今回の主役、ゲンちゃんもそうだけど、みんな小粒な感じだ。
・「鼻がない」は意味が違うよ、漢字変換。

・一角獣座の彼が変身してユニコーン怪人になるが、
 フェンシングの剣が太い為、何か剣先がボヨンボヨンしてかっこ悪い。
 長芋っぽい剣って刺さらんよな。

・「ここは天国か」
 天国だよな。
 河原で戦ってたから、川に落ちて、身体をあっためる為に
 女子二人が裸で添い寝してくれる所までやってくれたら天国すぎる。
 「部員の命を救うのは部長の仕事」とか言ってやってほしい。

・チャラ男と握手するのはちょっと早い。
 「反省しない所も含めて」はいいのか。
 なんか性善説が過ぎる気がする。
 まあ、全体そういう世界観なんだろうけど。

・ダブル「頑張って」に超萌え萌え。
 「中萌え萌え」と打ち間違えた。
 若い女の子はええのう。

・ちょっとだけ「電撃だっちゃー」と言ってほしかったかも。

・クィーンがチャラ男にペース乱されてアタフタしてる。
 これでもう次回からは安易に右往左往するお茶の間キャラかもしれない。


前回書かなかったから第五回について二点だけ
・前回の遊び心しかない「3,2,1」に比べれば今回は普通だった。

・前回ビックリしたのはカラオケBOX内で、
 から揚げなめのフォーゼ・怪人の対決シーンがあった事。
 いまだかって食品越しに仮面ライダーの戦いがカメラに収められたことは
 なかったと思う。

べべべべべん・あふれっく?

ブログランキングの「ブログラム」に入って入りっぱなしにしているけど、
たまに話題のカテゴリ個別ランキングでいい順位が来ましたってメールが来る。

「あなたはベン・アフレック1位です」

えええええ

そんなにベンについて語った記憶はないぞ。
確か今更『ザ・タウン』の記事を書いたくらいじゃないか。
どれだけ、世間から取り上げられてないんだ、ベン。

猫とアヒルを遺伝子合成した
ベン・アフラックになって、
宮崎あおいと共演して人気回復するってどうだ。

宮崎あおいの夫役で鬱になる。
あ、でも、満面笑顔のベン・アフレックって印象ないな。
鬱は似合うかもしれないけど、ベン・アフレックの
『ツレが鬱になりまして』はちょっときつそうだ。
『ツレが躁になりまして』で、ずっと笑ってるベン、
な、なんかそれはそれで呪いっぽいな。

『ザ・ウォード 監禁病棟』を銀座シネパトス3で観て、ウトウトふーんふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆腑に落ちるけどそれだけ】


カーペンターの新作なので、できれば誉めたかったが
残念な結果に終わった。

観終わった後「凄く腑に落ちた」と感じたのだが、
腑に落ちる為に映画を観てる訳じゃないしなあ。
理屈としては、よく出来てるのだけど、そこに感情が伴わない。
カーペンターらしいと言えば、らしいのかもしれない。

主人公も、同じ精神病棟に在籍する彼女たちも
美人なんだけど、なんかそれだけで、
興味を引かれないし、感情移入が起きない。
最初から感情移入できないような演出をあえてしてるようにさえ見える。
いや、単にみんなタイプじゃないだけか。

そんな中、彼女たちが一人また一人いなくなったとしても
何だか別にどうでもいい感じだ。
という事で退屈してしまった。
ただ、種明かしを聞いて、もう一回観たくなったのは確かだ。


【銭】
シネパトス三回券を前月のうちに購入1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ザ・ウォード/監禁病棟@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ザ・ウォード/監禁病棟@LOVE Cinemas調布
ザ・ウォード/監禁病棟@我想一個人映画美的女人blog
ザ・ウォード/監禁病棟@紅茶屋ロンド