FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『MADE IN JAPAN こらッ!』をユーロスペース1で観て、コアは何なんだろうふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆製作・宣伝・映画本編のコアが見えてこない】

祖母の死をきっかけに家族関係の崩壊が始まる。
高橋伴明が務める京都造形芸術大学の
実際の映画製作を通じて学ぶワークショップ映画。
ユーロスペースはこの手の企画多いな。
副産物で勉強の成果を一般に見せて反応を見る意図があるなら、もっと安くてもいい。

出来は高橋伴明監督がどかっと仕切ってるので
極端に惹かれなければ極端に引きもしない。
まあ、まずまず。

「この映画を観なければ」という強力な原動力があまり起きない。
(私は高橋伴明監督なら抑えとくかなあ、みたいな感じ)
浅見れいなのSM女王様シーンとかか。うーん、でもソフトだしなあ。

主役の大西礼芳のすっとした感じはいいけど、
役柄のキャラが迷走してる感じで心地よくないのが可哀想。
急遽、行われた舞台挨拶で帰り際に自分たちのイス(4脚分)を
片づけていたのが印象的だった。
腰、低いなあ。
学生さんだからなあ。

劇場公開も含めて、学生が取り仕切っているらしいけど、
映画の題名、ポスター・チラシのデザイン、そして価格。
これら全てが良くない。
題名は何も表していないし、
ポスターは映画のビジュアル・イメージと連動しているが、
これは観た人がそう分かるというだけであって、
観ていない人が、何の映画か分かる要素が全くない。
W主演のプロ女優、松田美由紀の顔すら表に出ていないのだ。
価格は通常の映画と全く同じ価格を取るのは、
作品製作上の特性から言って不遜ではないかと思う。

逆に宣伝で「映画の何」を売りたいのかを明示すれば、
観客にそれに即した見方をさせるという誘導もできたのに。
学園祭での上映と同レベルの販促を一般劇場でやるのは
観客(つまり私だ)に失礼だろう。

という言葉ほど怒ってはないけど、なんだかなあ。

【銭】
当日1700円、ユーロの会員割引1200円、前売1000円だったので、チケット屋を回って前売券を探したが見つからず。シネマート新宿で前売券発見してそこで購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
MADE IN JAPAN こらッ!@ぴあ映画生活
スポンサーサイト