FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『とある飛空士への追憶』をテアトル新宿で観て、まあまあやんふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆評判は悪いけどそんなに悪い感じはなかった】


原作のライトノベルは未読。

スラム育ちの少年と王室育ちのお姫様が敵中突破飛行。

主人公二人の人物造形がツボだった。
スラム育ちは、何事も飲み込んでしまうタイプだが、
仲間の死に関してだけは見過ごせずに怒る。
外見が優男なのは流行かも知れないが、
話の定石からすればゴツゴツした野郎にする方が本当だろう。

姫様も最初外見があまりに記号キャラなので引いたが、
まあ、ああいう女の子は嫌いじゃないよ。

主役二人がプロ声優じゃないから「下手」との噂も聞いたが、
私個人は気にならなかった。
よっぽど下手じゃない限り、
アラームがならないみたいだ(『ブッダ』の父ちゃんくらい)。


ただ、小さい話なので、盛り上がる前に終わっちゃった感が漂う。
空中戦とかかなり見応えがあるのに残念だ。


【銭】
テアトル新宿水曜1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
とある飛空士への追憶@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
とある飛空士への追憶@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
とある飛空士への追憶@LOVE Cinemas調布
とある飛空士への追憶@新・狂人ブログ
とある飛空士への追憶@ダイターンクラッシュ

PS KLYさんのとこにコメント書いてたら、盛り上がってしまった↓。
 実はお姫様と過去に接点があったり、
 物凄い傷と思ったら食べて寝たら直ったり、
 ちょっと『カリオストロの城』っぽいな、と。
 じゃあ、ラストは海の栓を抜くと巨大なローマ都市が現われて、
 アクロバット飛行じゃなくって、
 「やはり飛行技術を目から盗むような奴だ。そして、今回は」
 「いえ、あの人は何も盗みませんでしたわ」
 「いえ、奴はまんまと盗んでいきましたわ。それはあなたの心です」
 「はい」って、こっちの方がいいか?
PS2 鼠小僧かよ!
スポンサーサイト



共通テーマ「運動会の思い出を教えて!」

バリバリの文科系だったので、えてしてこういう体力組御推奨な企画にはいい思いがない。

今、考えると、時代的に女子はみんな当たり前のようにブルマだったから、
もっと脳裏に残るように凝視しておけばよかった。