FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マルドゥック・スクランブル 燃焼』をテアトル新宿で観て、次に期待ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆なるほどな感じだけど盛り上がらん】


前作の史上最高の寸止めラストに続いての導入部は盛り上がる。
けど、前作が血なまぐさい戦いの中で、
作者と観客が共通の感覚をむさぼりあうように同調しあったのに比べて、
今回は楽園、カジノと、作者の土俵に招待されて無理やり踊りを踊らされてる感じ。
要は面白さに一般性が乏しいのだ。
そんなマイナスをはねのけて一般大衆に面白く見せるのが大衆娯楽だと思うが、
まあ、なかなか難しいやね。
前作で上げ過ぎたハードルが今作でフラットに戻った感じかな。

カジノ描写はなるほどと思う。
原作のあの膨大な手練手管を一瞬で表現はできないだろうから、
一応よくやってるとは思うけど、3作目もカジノは続くので、
更なる見せ方の研鑽をしてもらいたい。

これで退場となるが、相変わらず
ミディアム・ザ・フィンガーネイルの宛て声が面白くってたまらない。

まあ、ともかく次に奇体だ。
「奇体」なんて出すなよ、ワープロ「期待」だ!


【銭】
正規入場料金1200円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マルドゥック・スクランブル 燃焼@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『モールス』をシネマスクエアとうきゅうでせっかく観たのにこれっぽっちも記憶がないからレビューをコソコソ更新する男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆普通だった筈だ】


「この映画を観た事を3年の間、秘匿せよ」と遺言に残したかった。
何故なら、観たにもかかわらず驚くくらい記憶がないから。

ほっといちゃダメだね。

かろうじて覚えている事を羅列すると、

・オリジナルの『ぼくのエリ 200才の少女』から大きく離れていない。
 オリジナルが悪い訳ではないので、俳優とっかえただけなら
 悪い結果にはならないだろう。オリシナルの俳優は癖が強かったし。

・クロエは綺麗に撮られている。
 『キック・アス』でも『500日のサマー』でも、子供であり、
 子供らしさでそんなに綺麗じゃないのを言い訳してる感じだったが、
 この映画ではかなり意識して綺麗に撮ってもらってる。
 でも裸足の足が何となくゴツンとした感じでサリーちゃん足なんだ。
 レディーへの道は険しい。

ええと、これだけです。
新橋文化にかかるようなら見直すかなあ。

PS 『ぼくのエリ 200才の少女』の時にも思ったけど、
 『吸血少女 対 少女フランケン』を多少、なぞってる様な部分がある。


【銭】
シネマスクエアとうきゅうの株券をチケット屋でレンタルして1200円。

『レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース』をHTC渋谷1で観て、設定よう分からんふじき☆☆

五つ星評価で【☆☆設定よう分からん】


サンタが実は恐怖存在(ナマハゲみたいなサンタなのだ)で、
その恐怖存在のサンタが、
氷の中から掘り出されって基本設定はよい
(そもそも現実にそういう下地設定もあるみたいだし)。

ただ、最終的にそのサンタがどんな存在かが
映画ではっきり分からないのが不服なのだ。

スクリーンを覆い尽くす無数の爺をサンタと言いはられて
満足しないといけないのか?


あんなの、老人ホームにいっぱいいるぞ(多分)
そのうち何人かは『コクーン』の中に入って絶倫だ。

サンタの事なんて北欧の人みたく、
詳しく知らないぜという負い目はあるんだけど、
それにしてもサンタが何をやりたいか、
サンタの性能、サンタと妖精の違い、
サンタをどうビジネスに利用できるかなどが一切分からん。

え 寝た? 寝た? 俺、寝てた?

最後に出てくる(筈の)ラスボス・サンタが身長5メートルとか
メリハリ付けてくれれば、それで全て許したんだけど。

映画の中に出てきた『サンタクロースの真実』という書籍が面白そうなんで、あれをただ読みたいなあ。


【銭】
ヒューマントラストシネマ渋谷で水曜1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レア・エクスポーツ-囚われのサンタクロース-@ぴあ映画生活