FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『キャプテン・アメリカ』を109シネマズ木場7で観て、もやしくんに涙だけど後半の失速に涙も乾くよふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆前半の共感を後半の失速が止めてしまうのが残念】


モヤシくんが、その肉体の無能さに負けずに栄光を勝ち取る導入部と、
勝ち取った栄光を無駄使いする毎日から一歩踏み出す中盤までがとても良い。

そこから先は「でっかい大砲持ってる方が勝ち」みたいな
単純なパワーゲームの繰り返しになってしまっていて残念だ。

ということでアメ公の映画なんだけど、
モヤシくんが切なくて良かった。
これ一回きりの映画にするんだったら、
最後はモヤシくんに戻って、それでも正義の心を持つ者は勝つって
展開の方がグイグイ心を鷲掴みにされたのに!

なんか後半、ヒドラ隊と丁々発止する辺りがぬるいんだよね。
あの辺は人とか殺してるのにスポーツ・ライクで痛みがないでしょ。
なんかアメフト大将が戦場で大活躍するのを
フィルム・コラージュして仕上げましたみたいな。
そういう意味では、皮肉な事だが「大本営発表チック」と
言ってもいいかもしれない。

ヒドラ隊も良くない。
あれだけの科学力もってて、
単に力の強い男に勝てないのはダメだろ。
レッドスカルも力持ちってだけだし。
力持ちと力持ちの力比べ。大相撲かよ。
見せ方に創意工夫がないんだな。
あれだけの科学力を持っているのに、
戦線の脅威として全く描かれてないから弱そうでたまらん。
一致団結すればキティちゃんとか
サンリオキャラクター部隊でも勝てるかもしれない
(ただ指揮は相性のよさそうな
 トミー・リー・ジョーンズに取ってもらおう)。

ヒューゴ・ウィービング(角のないモモタロス)なかなか良い。
ヒドラ隊よりナチ時代の方が良い。
ナチの偉いさんをひどい目に合わすところがこの人のクライマックスだな。
ナチもヒドラ隊が出しゃばってからは馬鹿みたいに存在感薄いし。

トミー・リー・ジョーンズがいいシーンをことごとく浚っていく。
流石だ、トミー。
伊達に宇宙人ジョーンズじゃないぜ。

ヒロインの姉ちゃんヘイリー・アトウェルがケバくてゴツい。
事前知識なしにニューハーフって言われたら信じるかもしれない。
昔っぽい女の人って意味では似合ってるけど。
キスを奪うブロンド美女とか、ほんのちょっと
映ってる金髪看護婦とかの方が綺麗だった気がする。
・・・・縁故採用か何かか?


【銭】
レイトショー料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
キャプテン・アメリカ@LOVE Cinemas調布
キャプテン・アメリカ@ともやの映画大好きっ!
キャプテン・アメリカ@新・映画鑑賞★日記
キャプテン・アメリカ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
キャプテン・アメリカ@映画のブログ
キャプテン・アメリカ@新・狂人ブログ
キャプテン・アメリカ@ダイターンクラッシュ!!
キャプテン・アメリカ@我想一個人映画美的女人blog

PS 物凄くピンポイントな話をすると
 質屋の婆ちゃんが機銃を振り回すシーンが良かった。
PS2 ヒドラ団の両手敬礼。
 ちょっと「天皇陛下万歳」に似てるぞ。
スポンサーサイト