FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「自宅に自分専用の部屋はありますか?」

自宅の話じゃないんだけど、
今、マンガ喫茶にいる。
  
隣のブースから音がする。
  
「ココココココココ」
  

  
何か映画で麻薬を鼻から吸う為に
粉を平らな所で剃刀の刃で分けて、
その刃に付いた粉を落とすような音だ。
  
隣がヤク中で
「いゆおおおおおおおおん」
とか叫んで、越とか振って迫ってきたら嫌だなあとか思ったけど
(「嫌だ」レベルじゃないって)
これはキーボード音なんだな。
  
隣のブースでは、こっちがヤク中と思ってるかもしれない。
いや、もしかしたら、自分以外の全ての客がヤク中で
「いゆおおおおおおおおん」
と一斉に腰を振ってる可能性もある。

この自分専用のブースから退店するまでの間、
ゾンビのようにヤク中に取り囲まれたりしたら、
とりあえず、俺も腰を振ろう。
人類皆兄弟(それがヤク中でも)

『吉祥寺の朝日奈くん』をユーロスペース1で観て、君は映画に何を求める俺は星野真里だふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★これは凄く拾った感がある】


ちっちゃい話のちっちゃい映画なんですが、

そんな事は星野真里が輝きっぱなしの奇跡に比べればどうでもいい事だ。

いやあ、可愛い。
あんな人、人妻だろうが何だろうが、いつでも一緒にいたいなあ。
息づかいの一つ一つがステキでイタズラで意地悪だ。


その人妻に翻弄される若いフリーターに桐山漣。
おっ、大杉「漣」と同じ漢字の「漣」なのか。
とりあえず大杉漣じゃなくってよかった
(大杉漣だったら、きっと『エクステ』みたいになる)。
いや、ふらふらしていながら、クヨクヨ一歩を踏み出せないもどかしさが
中々よく出てたと思う。
演技と言うより、この人は上手く転がされる人というイメージだけど。
『仮面ライダーW』の熱くてカッコツケる方の主役で、
ミニシアター系映画のチラシとかで見掛けると「頑張ってるな」とか親のように思う。
日本を代表するような俳優になったら
「俺が映画を観て育てたんだ」と言ってやろう。
そんなに観てないけど。


後、この桐山漣の先輩役に要潤。
そう、あの定規で描いたみたいな顔の男。
『仮面ライダーアギト』の二人目のライダーなので、軽く新旧ライダー共演です。
先輩後輩という関係も、だから現実に即してる。
バイト先の先輩。う、うーん、そうかも。


あと徳井優はどこにでもいる。この映画にもいる。
なんか徳井優が30人くらい集まって作られてるコミュニティーがあって、
邦画全ての脚本を5人の偉い徳井優が吟味して、
良し悪しに関係なく(吟味じゃないじゃん)あちこちの映画に
ハタラキ徳井優を派遣している気がする。
まあ、こんな事をグダグダ書くほどの役じゃないです、今回も。


そして一周回ってやっぱり星野真里だ。

この映画の星野真里を観る為に、ずっと観続けて来たんじゃないかって可愛さ、危うさ。

前作『DEADBALL』の青くさい少年役もバカ映画らしく倒錯しててよかったし、
あれはあれで星野真里だったらチンチン付いててもいいや、と思ったけど、
いやあ、今回は付いてなくていいや(そらそうだ)。
あのつまらなかった『私は猫ストーカー』より話が俄然面白いし。
いや、あれよりつまらなく作るのは難しいかもしれんが(星野真里はいい)。
オッパイだした『さよならミドリちゃん』なんてのもあった。
んー、オッパイ出さなくてもステキよ(出してもステキよ)。

という訳で、ボクの好きな星野真里を観に来てください。


そして、それだけじゃないよ、という事も約束します。
あ、子役がむやみやたらに笑顔振りまいたり、しない所も好評価です。



【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
吉祥寺の朝日奈くん@ぴあ映画生活
▼関連記事
吉祥寺の朝日奈くん二回目@死屍累々映画日記

PS 映画原作の中田永一は「乙一」の別名義らしい。
 なるほど。

『マネーボール』を109シネマズ木場7で観て、もちっと熱狂が欲しいふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆全く持って悪い映画ではないんだけど、不足はある】


うん、なんか全然いい映画なんだけど、
映画的に「グングン来てドーン」みたいな流れがなかったのが減点。
一芸に秀でているダメ人間を集めて、常勝軍団に勝とうってプロットは面白い。
お、なんだ。何気に『野球狂の詩』じゃん。

そして、その中でブラピの意地が炸裂する。
ここが、もうちょっと
「やだい、やだい、ボクの思う通りならなきゃ、やだい」
くらいのとてつもない地団駄を踏んで踏んで踏み抜いてくれたら面白かったのに。
基本、上質ではあるけれど淡白な感じ。

それにしても、こんな映画を作られたら、監督の立場ないな。
監督役のフィリップ・シーモア・ホフマンがどう見ても
野球親父で出来上がってて相変わらず上手い。
星一徹オファーしたらできるぞ、こいつ。
とりあえず『カポーティー』の声じゃなくってよかった。
そして、同じデブでもジャック・ブラックじゃなくって良かった。

あと、ブラピの娘役が上手い下手とは別に絶妙の位置。
あまり美貌じゃないんだけど、オヤジをまっすぐ見てくれる。
癒されるわあ。
ブラピの職場に飾ってある娘の写真が可愛いんだ、又。
この娘がニューヨーク・ヤンキーズのオーナーのバカ息子に殺されて
ブラピが全てを投げ打って(投げて打って)復讐しに行く
『マネーボール2 地獄のデッドボール』とか出来たら観に行っちゃうぞ。
ブラピが銃火器を集めて、デブくんが弾道計算や、
ヤンキーズスタジアムに隠れたバカ息子の逃走経路や用心棒の布陣を
経済学の数式で割り出す。

あ、あと、あんなにとっかえひっかえトレードしてるもんとは思わんかった。
こういうの見ちゃうと日本の江川騒動なんてバカみたいだ。



【銭】
クレジットカードのポイントを映画の招待券に変えて鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マネーボール@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マネーボール@LOVE Cinemas調布
マネーボール@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
マネーボール@新・映画鑑賞★日記
マネーボール@映画のブログ

ペプシピンク

こ、これはダメだ。

合わない。

苺ミルク味と言う下馬評通り、苺ミルクな味。
「ゴクン」と飲む時の強めの炭酸はいいんだけど、
後味が物凄く甘すぎる。
粉砕された苺ミルクを喉の奥に
ザラメまぶしながら塗り固めてるような味。

俺はダメ。
これならキュウリ(ペプシ・キューカンバー)の方が、まだいける。

炭酸の喉ごしは好きなので、鼻を詰まんで飲んでる。
鼻を詰まんで飲むと、味が破壊されるというのは実に本当の事である。
何でこんなつらい目をしてまで炭酸を飲むのか。
飲むたびに自問を繰り返すが、明確な答えは出ない。

『水曜日のエミリア』をギンレイホールで観て、こええ母ちゃんじゃあふじき☆☆☆

◆『水曜日のエミリア』

五つ星評価で【☆☆☆立派だが主人公がちょっと痛い】


『水曜日のエミリオ・エステベス』って・・・・・違ッ!

主人公は妻帯者に惚れて略奪婚したナタリー・ポートマン。
夫には元妻との連れ子がいて、「水曜日」はベビーシッターが休日である為、
主人公のエミリアが学校まで迎えに行き、連れ子と一日過ごす。
最初はぎこちなかったが、徐々に出来上がっていく信頼関係。
だが、事件は起こる。
エミリアは事件を乗り越え、家族を手に入れる事が出来るのか。

ナタリー・ポートマンがいいのである。
今や昔日『レオン』で共演したジャン・レノは
日本でドラえもんを演じているような体たらくだというのに。

そのナタリーは欠点や謎をいくつか持ち合わせるけっこう複雑な役だ。
略奪結婚しちゃう勝ち気なキャラで、
ある事実に対して常に恐れを抱いている。
夫との対話するより、自分の言い分を聞いてもらいたいタイプ。
その為、どうしても自己中心的なふるまいを行いがち。

なんか何気に嫌な主人公なんである。
エミリアの境遇には同情するが、
その境遇でのベストな行動を取ってるようには見えない。
ようはエミリアは不器用で、問題にぶつかってみないと対処が効かないのだ。
観客はジレンマを抱えながらもエミリアを応援する。

凄くエミリアの感情流れの匙加減がうまくできたドラマだった。
その反面、エミリアと連れ子が信頼を結ぶシーンの
積み重ねが少ないので、いきなり仲よしになった感じでちょっとめんくらった。
映画って難しいなあ。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
水曜日のエミリア@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
水曜日のエミリア@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
水曜日のエミリア@LOVE Cinemas調布
水曜日のエミリア@映画的・絵画的・音楽的
水曜日のエミリア@銀幕大帝
水曜日のエミリア@いやいやえん
水曜日のエミリア@紅茶屋ロンド

PS ナタリーも上手いけど、あの元妻の人もキンキンしてて凄いなあ。
PS2 「天国からイザベラを召喚しなさい」
 「連れてきました」
 「死因についてハーモニカで答えさせなさい」
 「まだ、息をする力が小さいので音になりません」
 「やはり、まだ人間になってなかったか」
 「ギャフン」
PS3 イザベラ可愛かったなあ。
 イザベラが『ブレインデッド』に出てる赤ちゃんみたいだったら
 きっとこの映画はとんでもない映画になってただろうなあ。

共通テーマ「空前の子役ブーム! あなたが好きな子役は誰?」


「エマニュエル坊や」

  
もとい
  
子役じゃないけど、夫人の方。

マンガ『アカメが斬る 第一巻』原作 タカヒロ、作画 田代哲也、ガンガンコミックスJOKERを読書する男ふじき

ファンタジー世界の殺し屋集団に救われた田舎育ち少年の成長物語。

殺し屋集団が美少女揃いなのは最近のお約束だが、
顔のパターンがそんなにないのに混乱しないのは
性格によるキャラ付けをかなり明確に打ち出してるから、と、
グループ全員が無理やり揃うような
個性が平準化してしまうような場面が少ないからだろう。

直情型の主人公って、マンガの中くらいでしか
お目にかからないせいか単純に気持ちいい。

まあ、疲れてるんだな、俺。

マンガ『わるない 全二巻』原作バーナム・ラボラトリー 漫画大月悠祐子、エモーションコミックスを読書する男ふじき

なんで登場人物が基本、女の子二人だけで、
容姿も一応キャラ分けしてて、
基本性格もツンとボケみたいに違うのに、

この二人の読み分けがしづらいんだろう。
そうか、顔アップが多くて、顔の構造が全く同じだからか。
ツンとボケも表面的だし。

ダメなマンガを見てるとマンガの奥深さが分かるな。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』をキネカ大森1で観て、ゾンビよしふじき☆☆☆☆☆,☆☆

キネカ大森で二本立て。

◆『ショーン・オブ・ザ・デッド』
五つ星評価で【☆☆☆☆☆至高のゾンビ映画にしてコメディー】
キネカ大森での2本立て上映が劇場初公開だという。
なんてもったいない事をするんだろう。
確かに、面白いという事と興行が潤う事に
絶対的な相関関係は成り立ちはしないけれど、それにしてもだ。

ゾンビ映画なのに笑えて泣けて、
明日も頑張ろうというやる気さえ起きる、とんでもない映画。


◆『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』
五つ星評価で【☆☆えーと、もっと普通の映画でいいよ】
才気がある事は分かる。
でも見たいのは才気そのものではなく、
才気を使って増幅させられた感情だ。
ただ才気を見るだけなら10分の短編実験映画でいい。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用3000円の回数券使用。

『GANTZ PERFECT ANSWER』を新宿ピカデリー1で観たことをそろそろ忘れつつある男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆●】


・夏菜ちゃん、回想にしか出なかったな。

・「PERFECT」の意味が分かってないだろ。
 でも回答としては嫌いじゃない。

・変な宇宙人が「そんなに変じゃない奴」1種類しか出なかったのが残念。

・マツケン二人ならサンバか、カレーを踊らんと。
 二人にならん展開の方が良かったんじゃないか?

・みんながパンツ一丁で戦う『PANGTZ』としてリメイクしよう。
 女子はトップレスです。


【銭】
チケット屋で額面50円引きの前売券を購入。
前のページ 次のページ