FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『人喰猪、公民館襲撃す!』をシアターN渋谷2で観て、ノリノリふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆あああ、こんな映画が好きでごめんなさい】


ということで「怪獣映画史上最小スケールのスペクタクル」という
とんでもないコピーを引っさげて、公民館に人喰い猪がやってきた。
ええと、公民館じゃないだろ。
市民体育館か何かだろ。

うーんとね、チンケな映画なんです。
でも、121分の長尺を1分たりとも飽きさせずに面白い。
突如現れた人食いの野獣をサザエさんの住民が
回覧板を回しながら退治する、そんな感覚の映画。
多少「リアル」に問題がある部分もあるけど、
別にこの映画を観て論文とか書く訳じゃないから、
その辺は積極的に麻痺して楽しもうよ。
これ、小学生の時に観たら興奮したと思う。


おすすめポイント
・ラッセル・マルケイの『レイザーバック』より猪がでっかい。
・『スウィング・ガールズ』に出てくる猪よりも頭数が多い。
・ウリ坊が出て来るけど、それが売りに出来るほど可愛くない。
・田舎にいる穀潰しのダメ巡査の目の濁り方が「おぎやはぎ」の小木っぽい。
・この猪の出自は日帝時代の日本が原因だった。いやあ、ぶち込んできよるなあ。



【銭】
シアターN、月曜メンズデー料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
人喰猪、公民館襲撃す!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
人喰猪、公民館襲撃す!@LOVE Cinemas調布

PS とりあえず観てから文句を言ってもらおう。
スポンサーサイト



『アジョシ』を銀座シネパトス3で観て、直線な映画だなあふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆今時こんな単純なアクション映画をよくぞ作った】


今時、珍しいくらい単純なアクション映画。
近親者を拉致された男が、その特異な能力によって、
拉致組織を壊滅に追いやり、近親者を開放せんとする。
バリエーションとして変えているのは近親者が血縁所以ではなく、
単に近くに住む見知り合いであるという点だ。

いやあ、ウォン・ビンかっこいい。
キム・セロンも可愛い。空気を持ってるんですよね。

そして臓器売買業者のマンシク兄弟と
子飼いのベトナム人の殺し屋がキャラ立ちまくり。

マンシク兄。犯罪に慣れ過ぎて悪事その物が分からなくなってる男
マンシク弟。悪い事が好きな目が輝いてる狂犬。あの目つきはヤバイ。
ベトナム人の殺し屋。実はロマンチスト。
ベトナム人の殺し屋が殺戮戦のさなか、
ウォン・ビンのあまりの殺戮スペックの高さに対峙を忘れ、
恍惚に眺めてしまう感じは良かった。
マンシク弟がその最低さに見合う死に方をしたのでホッとした。


【銭】
シネパトス三回券を前月のうちに購入1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アジョシ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アジョシ@ともやの映画大好きっ
アジョシ@我想一個人映画美的女人blog
アジョシ@新・映画鑑賞★日記
アジョシ@LOVE Cinemas調布
アジョシ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評