FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「みなさんの『一番』を教えてください!」

サッポロ一番
  

だが本当は明星チャルメラの方が好きだ。
スポンサーサイト



『ハラがコレなんで』をユナイテッドシネマ豊洲2で観て、光子はレザーフェイスふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆石井監督とはおそらく相性が良くない】


石井裕也監督とは相性が良くない。
いや、石井監督と交際したいとか、
抱かれたいとか、バックから犯されたいとか、
そういうんではない。そらそうだ。

まずまず普通に面白く見れるのだけど、
笑いに貪欲でない。バリバリ来ない。
コメディーなら、作品のテーマより笑わせる方に邁進してほしい。
いつも秀才らしい卒ない一本だけど、
そういうのより腹をよじって単に笑いたいなあ。
というのなら、お門違いだから見に来なければいいだけだ。
その通り。ほんま、すいません。

この映画は石井作品の中で一番ドタバタしてたので、
今迄の中では一番好き。

光子を演じる仲里依紗が良いものなあ。
あの眉間に皺寄せて言う「OK」がハードボイルドだ。
だが、仲里依紗が不美人だったら、
とても見てられない映画であるにも違いない。

それくらい崖っぷちのバランスに立ってる。

光子は近くにいたらけっこう怖い。
コミュニケーションが取れない存在だからだ。
『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスといっしょ。
光子は他者に影響を干渉しえても、他者は光子に干渉できない。
レザーフェイスと違うのは、レザーフェイスは「お節介」でなく、
光子は「お節介」だという一点だけだ、多分。

ああ、お節介なレザーフェイス見たいなあ。
捕まえてきたヤングをフックに串刺ししながら、
ヤングの空腹を心配し、料理を振る舞うレザーフェイス。
でも、その料理は目の前で裁いた別のヤングのユッケなのだ。

もとい、
稲川実代子婆さんの
「お前は子供だから裸になってその辺走り回ってこい」辺りが痛快。
婆さんが元気なあの過去の下りのギャップ笑いが一番キレてる感じで良かった。

竹内都子(ピンクの電話)って、宮崎美子の次席だ。
実写『あたしンち』母さん。

観に行った劇場で、期間限定でオマケ短編映画
(『ウチの女房がコレなんで』『娘の彼氏がコレなんで』)
が付いてて、これはまあオマケだ。
こっち側は本当にただのドタバタなんだけど、
石橋凌が可哀想すぎて何か乗れなかった。



【銭】
ユナイテッドシネマ、メンバーカード更新特典1000円で映画観れるぞ権利使って1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ハラがコレなんで@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ハラがコレなんで@映画のブログ
ハラがコレなんで@LOVE Cinemas調布
ハラがコレなんで@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 光子がエヴァンゲリオンでシンジと絡んだら面白そうだ。
PS2 シネマッシモさんに書いたコメント。
 いいこと言った、俺。

 > えーと、これは仲里依紗ちゃんだから映画になるんであって、
 > ガッツ石松さんが
 > 「OK牧場。大丈夫、大丈夫、風が吹いたらドーンと行けばいいのよ」
 > と言ったら、なんか凄く信用できない。
 > ・・・あ、それ以前にガッツさんの妊婦はきついか。