FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『スマグラー』を丸の内TOEI②で観て俺の為の映画ふじき(でも☆☆☆☆)

五つ星評価で【☆☆☆☆正しくキャラが立っていれば映画に話はいらない】


基本、面白い話ではあった方がいい。
それは普通の映画は話の展開が映画を制御するからだ。
だから、映画は脚本が面白ければ、大体どうにかなる。
脚本が面白くなくても、どうにかなってしまう場合も希にある。
『スマグラー』はそういった手合いの映画だ。

『スマグラー』に細かい話はない。
凄く大雑把な「ありそうな話」が流れているだけである。
ありがちな話がありがちに流れていく。
驚くほど大きく予想を覆す展開がない。
そこで起こるのはいかにもありそうな展開なのだ。
にもかかわらず、飽きる事がない。

それは、ありそうな展開でありながら、
誰もが、その頂点を見たいと思うような一番かっこいい場面が流れるからだ。

伝説の殺し屋は、今まで誰一人観た事のない冴えた殺しを行い、
一直線の狂人が一直線の拷問を行うのを、迎え撃つ極度のダメ男は意地を通して見せる。
一方、伝説の殺し屋に立ち向かわなければいけない運び屋のプロはプロの技術で
殺し屋を追い詰めていく。

観たかったよ、こんな映画。

背骨を演じる安藤政信の何と神々しいこと。
スマグラー永瀬の何とプロっぽいこと。
妻夫木の抜群の弱さもはまった。
そして、高嶋政宏の紙×××。メイクも凄い。演技も一直線に狂ってる。
左門豊作が変態だったら何となくこんな感じだろう。そんなん今までなかったよ。
最初にターボかます島田洋八も「え、この人こんなんできるの」という嬉しさ。
眉毛の太い松雪泰子が松雪に見えないけど、ふてぶてしくって、うまいのう。
満島ひかりは瞬き一回もしてないだろ。充分張り合ってる。

あと本当にチョイ役なんだけど寺島進がかっこいい。

ああ、こういうキャラを見てるだけで幸せ。
勿論、テンポよく話が転がってるから演技が引き立つんだろうけど。


【銭】
前売券を額面50円引きの1250円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
スマグラー おまえの未来を運べ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
スマグラー おまえの未来を運べ@LOVE Cinemas調布
スマグラー おまえの未来を運べ@映画的・絵画的・音楽的
スマグラー おまえの未来を運べ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 我修院達也の役って、竹中直人にも振れそうだけど、
 振ったら途端に映画が壊れてしまうんだろうなあ。
 魚くんになら振っても大丈夫かもしれない。
PS2 「俺の為の映画」とまで言ってる映画に星五つを付けないのは、
 「映画」と言うより「映像」をうまく繋いだ感じがかなりするのと、
 話があんまりにもザックリなので、明日になるともう忘れてしまっていそうな、
 何かその辺の頼りなさ感じて減点してしまいました。
スポンサーサイト



『インサイド・ジョブ』をユナイテッドシネマ豊洲7で観て、アメ公ってひでえ野郎どもだよなあふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆力が強い】


アメ公最低映画。
すんげ面白かった。
ちょっと、トラックバック付けるのに知ってるサイト覗いたら
そうか、この内容は『キャピタリズム』で予習させられてたんだな。
すっかり忘れてた。
という事で、インタビュー対象者は多いは、
耳慣れない言葉は多いは、
からくりの解明がそんなに分かりやすくないは、
なんかの欠点が多少なりとも差し引かれたのか、
最後まで楽しんでブルブル震えながら鑑賞できた。

うわ、本当、アメ公最低。

オバマになってもダメじゃん。

芋兄ちゃんの国、アメリカの全てのアメ公が悪辣だとは思わんけど、
映画を観てるとアメリカの悪辣さがツンと鼻に来ることがよくある。

自国の商売の為にコンゴの内戦に火を注いだのもアメリカだし、
政府内部に軍需産業とのパイプがあって(今回の金融関係のパイプにニア)
常に戦争を欲してる国もアメリカだし、
医療保険政策が行き届かず、皆が病気やケガをできない国もアメリカだし、
遺伝子胚に特許を付け、その遺伝子胚を暴走させて蔓延させることで
全ての農業を支配しようと目論んでる者もいる国、それもアメリカだ。

仮面ライダーの敵対組織ショッカーの比ではない。
今、仮想敵対組織をにアメリカほど見合った組織はないだろう。

そのアメリカが悪である原動力。
それがマネー。お金だ・・・おっかねー・・・バカ、バカ、俺のバカ。
みんなお金を欲しすぎる。

今、一番、共産主義に移行したら、国民が幸せになる国アメリカ。
国民だけじゃない。全世界もだ。

だからTPPは怖い。
詳しくは知らないが、アメリカが勧めるからには、
きっとアメリカが日本や他国の富を搾取する
シナリオが練り込まれているに違いない。

日本は悪の組織アメリカの傘下組織だ。
まあ、ヤクザの舎弟、チンのピラみたいなもんだ。
兄貴の言う事には逆らえない。
その兄貴が毛皮のコートはおってるのに、
お前の服を全部差し出せって言う。そんな縮図だ。
「いや、それは」って言おうよ。
「風邪ひいたら兄貴に差し出す上納金も減るかもしれませんし」って言おうよ。

冷たい戦争の時代の方が、世界は安全だったかもしれない。
今はもう、昔の構造には戻れないから。

映画レビューからちょっとかけ離れた。
こういう事を考えさせられる良作である。

ただ、惜しむらくは、やっぱり簡単じゃない。
マイケル・ムーアのようにとは言わないが
(マイケル・ムーアでもこの課題に関してはまだ難しかったが)、
低所得者層の字も読めないような最低のバカにでも分かるように作らんと、
映画が実際のアメリカを変える力にはならんと思う。

映画が世界を変えるなんてのは夢かもしれないけど。


【銭】
ユナイテッドシネマ旧作特別上映、メンバーカード割引で800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実@よしなしごと
インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

仮面ライダーフォーゼ第十回

ゴス女回後編思いつくまま感想

・ゴス女の名前は「のざわともこ」だと思ったら「のざまともこ」だった。
 へー、ふーん、変なのお。

・結局、あの赤毛のマントヒヒみたいな怪人は何座なんだろう?
 あれで「乙女座」だったらやだよなあ。

・フォーゼの映画CM
 女子高生が「変身」って、ちょっとかっけー、テンション上がる。

・赤く照らされるアンガールズ田中。
 うんうん。
 別に何もメインストーリーとは絡まんけど、田中はいいと思う。
・女先生も若すぎて女子高生みたいだけど、いい人感がいい感じ。
 女先生はラストで無理やり田中と結婚みたいなオチに持ってかれそう。
 他に見合う人がキャラにいないからなあ。
 赤目と燃えるような恋愛とか面白そうだけど、
 きっとそれはフォーゼの話ではやらんだろう。

・「ともこはシャワーに」
 どらえもん・しずかちゃん展開行け!
 行かないか。
 行かないよな。
 いや、シャワールームの中で「そのままのお前でいいよ」だろ。

・ゴス部屋の中。
 虫虫虫。
 これで「変わりたいんだ」と分かるゲンの字はオカルトがかってる。
 カマキリも見かけたけど、あれは脱皮はしても形は変わらんだろ。

・ゴスシャワーから出てくる。
 パンツ一丁とかで来いよ。
 部屋着を着るとこまで、幼児と一緒に
 「♪パパンパ、パジャマ、パジャマママ」とかやろうよ、
 教育と娯楽を一度にやろう。

・ゴスすっぴん。
 ぷっくりしてる。
 貫地谷しほりに似てる。
 ふっくら系はそもそもゴスメイクが似合わないから可哀想な事をしたな。
 まあ、これから徐々にゴスメイク薄くしてくんだろうけど。

・追っかけた後、路地でカーブミラー越しアングル。
 割とこういう変なアングルを放り込んでくるな。

・「月に着ちゃった。こんな簡単にぃ」
 嬉しいし、悲しいし。
 人の夢をそんなに簡単に叶えてしまっていいのか。

・月面でドツキ漫才すると、低重力だから派手になっていいな。

・縛り
 できればもちっと本格的な荒縄で。
 もちっとちゃんと吐息も撮って。

・赤目と蠍は別人。
 これが分かったのは今回、初めてだよなあ。

・縛り解除。
 ぶ、部長だけ縛ったまま転がしておいてほしい。
 そして身動きのできない部長の身体を
 白鳥座の怪人が白鳥なのに孔雀の羽根ですうーっと。
 それが男の夢だ。

・魔女の下女二人を使ったパンチラ攻撃。

・魔女の怪人、フォーゼに蹴られて
 女子高生声で「あっ、あっ」ってちょっとエロい。

・ライダー部加入エピソードは一応、ここで打ち止めなんだろうな。
 あとは部だから、顧問設置とかあるかもしれない。
 コーチはないよな。何をコーチするか分からんし。

・このままでいいと言われたゴスが、
 実は男と言うオチもよかったかもしれない。

・川に投げ込んだ怪人のアストロスイッチが大爆発して、
 アストロスイッチ漁の禁止とかになってほしい。

『ひとにぎりの塩』をユナイテッドシネマ豊洲2で観て、みんな仲良くしろよふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆眠いは眠いけどこんなもんしょ】


能登半島の最北端、奥能登で昔ながらの製法で作られる塩のドキュメンタリー。

当日、映画のナレーターを勤めたはなさんの
舞台挨拶が付いて、入場者プレゼントに「塩」が付いた。
映画はともかく、なかなかいいイベントだった。

はなさんコケティッシュで可愛いね。
珍しく観客の写真撮影規制もなかった(撮らんかったけど)。

海から汲み上げた塩を塩田に均等にばら撒いて天日干し。
最終的には釜で煮立てて塩を作る製法だが、
天日干しと釜の間がどうもよう分からんかった。

いや、ウトウトしてたのは確かだが、
隣の女子大生だって鼾かいてたもん!
うんまあ、分かりづらい事を退屈しないように
ちゃんと図解するのはドキュメンタリーの仕事だと思うよ。
単に撮ったまんまを映すだけじゃなくって。

さて、村では昔っから一軒だけ途切れさせずに塩を作り続けてきた家と、
父の代から復活して塩を作り始めた家と、
転職して塩を作り出した家とがある。
これらが狭いコミュニティなのに、そんなに仲が良くないみたいなのだ。
いいんか。そんなん映画に映して。

留学生のイタリア娘が町のアイドルになってる。
うん、確かに可愛い。

デザイナーをやめて塩作りを修行中の若手はイケメンで
何となく「塩王子」だな、と思った。

とりあえず「塩だなあ」としか感想でない。
そりゃあ作るのは大変かもしれんし、
大変な中で作った塩は綺麗だし、美味いのかもしれん。

でも私の中では塩のウェイトは低いのだ。
それを映画のみで覆せるほど「ピン」とは来なかった。

はなさんのナレーターは技術的には滑らかじゃないのが
すごく素人っぽいのだけど、声質が魅力。


【銭】
塩サイダー付き前売券を1200円で買った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ひとにぎりの塩@ぴあ映画生活