FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』をキネカ大森1で観て、ゾンビよしふじき☆☆☆☆☆,☆☆

キネカ大森で二本立て。

◆『ショーン・オブ・ザ・デッド』
五つ星評価で【☆☆☆☆☆至高のゾンビ映画にしてコメディー】
キネカ大森での2本立て上映が劇場初公開だという。
なんてもったいない事をするんだろう。
確かに、面白いという事と興行が潤う事に
絶対的な相関関係は成り立ちはしないけれど、それにしてもだ。

ゾンビ映画なのに笑えて泣けて、
明日も頑張ろうというやる気さえ起きる、とんでもない映画。


◆『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』
五つ星評価で【☆☆えーと、もっと普通の映画でいいよ】
才気がある事は分かる。
でも見たいのは才気そのものではなく、
才気を使って増幅させられた感情だ。
ただ才気を見るだけなら10分の短編実験映画でいい。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用3000円の回数券使用。
スポンサーサイト



『GANTZ PERFECT ANSWER』を新宿ピカデリー1で観たことをそろそろ忘れつつある男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆●】


・夏菜ちゃん、回想にしか出なかったな。

・「PERFECT」の意味が分かってないだろ。
 でも回答としては嫌いじゃない。

・変な宇宙人が「そんなに変じゃない奴」1種類しか出なかったのが残念。

・マツケン二人ならサンバか、カレーを踊らんと。
 二人にならん展開の方が良かったんじゃないか?

・みんながパンツ一丁で戦う『PANGTZ』としてリメイクしよう。
 女子はトップレスです。


【銭】
チケット屋で額面50円引きの前売券を購入。

『ハリーポッターと死の秘宝PART2』を109シネマズ木場3で観て、大団円映画としてはかなりの満足度ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆かなり満足】
  
  
今更感バリバリだけど、2カ月くらい前に観てる。
何となくレビューしなかったらズルズル。

えーと、面白かった。
大団円映画って「終わった、終わった、ご苦労様」
みたいな感じが強くって、純粋に1本の映画として面白いかと
問われると微妙な作品が多いけど、これは単純に面白かった。

単純な大戦争アクションになってたからじゃないだろうか。

以下、適当にちょっとだけ思いつくまま。

・小人はパトリック・ボカノウスキーの『天使』に出てきた小人に何か似てる。
 どっちも性格悪そうだし。

・巨人は『進撃の巨人』チックだった。
 デッサンが狂った人体みたいで、『進撃』もあんな感じでやってほしい。

・ヘレナ・ボナム・カーター活躍しないな。

・アラン・リックマンおいしい。

・校長そう来るか。
 善人が必ずしも完全善人でない所にハリーポッターの癖に思わぬ深さがある。

・分霊箱や死の秘宝は物語の要素として大した機能をしてない。

・あの変わり者に見られがちな女の子が可愛いなあ。

・会社に度の強い眼鏡を忘れて、ちょっと度が低い眼鏡で見た。
 そんな事、忘れるくらい面白かった。

・久しぶりに場内一人っきりの上映。


【銭】
レイトショー割引で1200円。

PS やっぱり話の旬をすぎると、忘れてしまっている。
 もっといろんな思いがあった筈なのに。

新橋ロマンで沖島勲と反りあわへんのにロマンチック体験ふじき

◆『したくて、したくて、たまらない、女。』
五つ星評価で【☆ああ、俺、沖島勲ダメなんだあ】

沖島勲は観る度にどれもダメなんだよなあ。
誰にも感情移入できないまま淡々と話が進んで終わりみたいな。
「田舎の温泉旅館に誰ともしたがる謎の美女がいた」
それだけの話だし、それが誰であるかが分かっても
「特にどうともねえ」としか思えない。


◆『痴漢! 未亡人下宿 その指がとまらない』
五つ星評価で【☆基本、センスが昭和初期の笑いだ】

愛染恭子監督作品。
すんげーつまんなかった。
天衣みつちゃんって好きなんだけど、これに関しては女優がどうとか以前。
これなら単にAVでバコバコただ映してくれてた方がいっそ気持ちいい。
そう言えば覗きシーンばっかりで真っ当な濡れ場が少なかったな。
「未亡人下宿」なので、野郎がいっぱい出てくるが、
こいつらが多分、売れない芸人で、滑舌悪くて、つまんなくて、
延延とおならトークをやってとたりする。
擬音も昔のコントみたいなのが満遍なく付いててイライラを増長させる。
底辺の一本。


◆『や・り・ま・ん』
五つ星評価で【☆☆☆☆満足。絵が綺麗だなあ】

監督 坂本礼
脚本タイトル『薔薇』
DVDタイトル『誰 とでもする男、誰とでも寝る女。』

主役は野郎、一番出ずっぱりの女優が華沢レモン
美人じゃないけど体温を感じる。後半どんどん愛しくなってきます。

浮気性の主人公が街で偶然会った高校時代の元カノと一夜を共にするが、翌朝、彼女は交通事故で目の前で死んでしまう。遺骨の引き取り手もなく無縁仏になる事がいたたまれず、衝動的に遺骨を盗み出した男は、なりゆきで今の彼女を連れて、元カノの地元を訪ねる。元カノは失恋がきっかけで誰とでも寝る女になっていた。

彼のグダグダな感じ。
グダグダなのに元カノの為に何かをしてやりたい沸々感。
それを複雑な心境で同行を強いられる羽目になる彼女の切なさ。
なんかいろいろごった煮になってた。
映画の中の人間がみんな不完全で惹かれる
あの薔薇はいいアクセント。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

仮面ライダーフォーゼ第十一回

坊主ストーカー前編思いつくまま感想

・坊主頭のストーカー。
 ゲンちゃんも「そのままのお前でいい。友達になってやる」とは流石に言えんだろう。

・フードロボ。新しいのはシェイクだ。
 ぶ、部長とユウキとゴス女に白濁液をかける攻撃をしてください。

・あめふと野郎ナイスだ。ナイスフォローだ。
 もしかしたらお前もストーカーだったりしないだろうな。
 しかもユウキのじゃなくって、アンガールズ田中の。
 「あめふと野郎」って平仮名で書くと凄くかっこ悪い事を発見。

・赤目が学校の理事長である事が判明。
 学校の理事長っていつも暗い部屋にいるのか?
 あれ、学校のどこにあるんだろう。
 用務員室の隣とかだったら笑うし、
 かと言って学校に専用の地下室とかあっても笑う。
 建設会社に発注しづらいよね
 なんか生徒に悪さする為に作る隠し部屋みたいじゃん。
 ・・・『けっこう仮面』の仕置き教師の仕置き指導教室みたいな。

・坊主ストーカーの「未来ダイアリー」が結構いい出来だ。
 とりあえず未来の夫婦の夜の生活まで
 ストーカー気質で執拗に書いてあればコミケでそこそこ売れると思う。

・園田先生が生徒に「そのちゃん先生」と呼ばれてるのが微笑ましい。

・あめふと野郎、またまた飛び込んできてナイスアシスト。
 こういう普段プーでもやってるかのように、
 いつでもどこでも現れるヒーローというのが
 実は初期仮面ライダーのコンセプトなのだが。
 うーん。。。

・敵怪人の攻撃が走ってる車に当たってフォーゼ、九死に一生。
 ええーと、車に人は乗ってなかったの?
 何気にけっこう大変な状況よ。
 保険査定官もビックリするよ「て、テロですか?」

・ユウキの夏服が俺のような地下貧民には眩しすぎます。
 眩しすぎるから、もう1枚、脱いでみよう。

・怪人がユウキに「僕の角を掴んで」というセクハラ状態。
 「僕の角を掴んで。感触はどうだい。あたたかいだろう。
 ドクンドクン脈打ってるだろう。君の事を思うといつもこうなるんだ」
 くらいは言ってほしかった。

・ゲンちゃん怒ってライダーひき逃げ!
 感情的になってバイクをそんな風に使っちゃいけねーぜ(変身前だし)
 「君も僕の角を掴むかい」という展開には勿論進まない。そらそうだ。

・「こいつにユウキを見張らせてたんだ。」
 す、ストーカーは正義の味方側か!
 えーと、帰宅して着替えたり、お風呂に入ったり、
 そういう所もちゃんと映像つきで見張っておかんとな。
 映像の端っこの方に怪人とか映るかもしれないし。
 「あっ、お風呂の時、ユウキの身体に変な影が!」
 い、いや、みんなこんな「しずかちゃん展開」を望んでんだろ。
 俺は望んでいるぜ。

・ロッカー大破。
 ゴレンジャーに出てたロッカー仮面だったらお手柄だ。
 (ゴレンジャーだったかなあ?)
・「タイム風呂敷スイッチ」を使うんだ、ゲンちゃん。
・ツイッターのゆみなさんの読みでは、
 本当のロッカーはアンガ田中の家にあるそうです。
・そして、アンガ田中が裸で「園田先生ーっ」とロッカーに抱き着いて
 舐めまわしながら「あっ、あーっ」と声を上げてると言うのが
 私とゆみなさんの公式見解です。

・「もう月から出られない」
 よし、3年毎にコピー人間を作って交代制で頑張ろう。

・次週の驚愕展開を予想。
 「ロッカーを壊したそのままのお前でいい。友達になろう」
 坊主ストーカー感激。
 世界の果てにあるという「何でもくっつけて直すアロンの宝」を
 怪人の力を使って探し出す。
 「この薬を手に入れるのを待ってたんだ」
 フォーゼ、怪人を退治。
 今日もお江戸は日本晴れだ。

マンガ『まなびや 第一巻』小島あきら、ガンガンコミックスJOKERを読書する男ふじき

『わ!』の作者、小島あきらによる、こっちはストーリーマンガ。

なんかこの人は登場人物いっぱい出すのが好きなのだな。
書き分け(というより読者の読み分け)が不完全なのだから、
そんなにキャラ出さなければいいのに。

その上、このマンガでは登場人物の名前が鬱陶しい。
全部、変な名前で覚えられない。
基本、あだ名で呼びあうから、
フルネームが表に出てくることはないけれど、
キャラの個性を個別に確立するという大原則を毛ほども考えてないようだ。

イライラ
読まなければいいのか。すんません。

ちなみに登場人物の名前は以下。
「槙嶋武(まきしまたけし)」
「芝瑠璃(しばるり)」
「ユーフォルビア・マルギナタ・白雪」
「苧環三郎太(おだまきさぶろうた)」
「擬宝珠夢(ぎぼしゆめ)」
「蘇芳縁(ずおうゆかり)」
「龍胆花輪(りんどうかりん)」
「竜田薊(たつたあざみ)」
「金雀枝譲(えにしだじょう)」

なんか符号上の意味があるのかもしれないが、
普通に読む分には違和感しかない。
符号が一般的で私だけが知らんのなら「すんません」と言ったところだが。

マンガ『わ! 第一巻』小島あきら、ガンガンコミックスONLINEを読書する男ふじき

女の子グループが主人公の4コマ漫画。

絵が上手いのとマンガが上手いのは違う。
なので、この人は絵は上手いがマンガは下手。

ネタは面白いのだけど、ともかく可愛い女の子の顔がみんな同じ。
性格はニア(そりゃ、全く同じってありえないから)。
キャラの分化が出来てないまま、みんな同じ表情で同じようなネタをやってる。
なら、もうちょっとキャラの数を抑えればいいのに。
多く作りたがるのはノベルティの関係なのか、単に抑制が効いてないのか。

うーん。
最近この手の多い。