FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『新少林寺』を有楽町スバル座で観てあれれふじき★★

五つ星評価で【★★間違えてないけど正しくもない】


最初に思ったのは「新文芸坐」みたいな題名だな、という事。
あ、本当、どうでもいい出だしになってしまった。

そして、あの大の男をおいおい泣かす男泣き野郎アンディ・ラウの映画である。
アンディ・ラウと言えば怪作『マッスル・モンク』の主演大スターだ。
ま、まさか、今回は『マッスル・少林寺』なのでは!

ああ、怖かった。

そんな事ないと言うかもしれないが、『マッスル・モンク』の中でも、
ストーリー上はアンディ・ラウがムキムキにならなければいけない理由は
何一つとしてないのだ。それを考えれば、今回だって怪しいじゃん。

さて、何か乗りきれなかった。
夜勤明けで精神が披露していたからだろうか。
アンディ・ラウをメインに据えた話はなかなか唸らされるものがあった。
そして、ジャッキーが出てるシーンは全て好き。
ジャッキー、アクションもいいけど、百姓上がりの柔和な顔立ちが
高潔だけどピリピリしてるアンディ・ラウと好対照で実にいい組み合わせだ。
もっと、この二人の絡みを中心に見たかったなあ。

なんか釈然としないのがアクションとニコラスとラストかな。

アクション見辛い。
演者に近寄り過ぎて、何が行われてるかはっきりしない。
ただ何故かジャッキーだけは見やすかった。
演者の差だろうか。

ニコラス何やりたかったのかが、よく分からない。

ラスト、戦って、戦って、民衆が少林寺を追われてしまうでいいの?

そんな中、ファン・ビンビンだけはどの映画に出ても変わらず美しいのであった。


【銭】
映画の日で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
新少林寺/SHAOLIN@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
新少林寺@LOVE Cinemas調布
新少林寺@新・映画鑑賞日記
スポンサーサイト



仮面ライダーフォーゼ第13回

ああもうあれなしにはいられないんだ耽美野郎前編思いつくまま感想

・ねじり鉢巻き大工っぽいゲンちゃん。
 ニッカボッカが似合いそうで、
 そういうガテン系腐女子戦略かもしれない(ちげえって)

・イケメン校長登場。
 設定的にありえん感で笑えるけど、
 今の大阪市長だってイケメン市長みたいなもんだから、実はリアルかもしれない。
・これで田中が教頭になったら、イケメンとブサメンでいいコントラストなんだが。
・校長「自分が蠍」みたいに取れる発言(子供のように騙されてしまう俺)。

・「あれが噂の如月ハニーか」
 空耳した(という事にしておいてください)

・ゴス女の黒い煙演出いいな。
 科学する心としては、どこから黒い煙が出てるかをはっきり特定したいので、
 風呂場とかで生まれたままの姿で鄢い煙を出すシーンを追加撮影希望。

・元ゾディアック化した生徒・三浦の彼女、ちょっといいな。
・うわ、でも泣き顔がブチャイクだ。
・こういうの見ると一流女優の泣き顔って本当に綺麗だと思う。
 ごめん、三浦彼女。
・あ、三浦彼女がゲンちゃんに泣きながらオッパイ押しつけ攻撃。

・久しぶりに登場の三浦、妙にイケメンだ。
 何となくイケメンがアメフトやってるのって似つかわしくない気がするけど、
 それは偏見だろうか?(いや、キングはイケメンって言っても鼻の穴でかいし)
・「俺を呑みこんでみろ」ってセリフはちょっと日常から逸脱しすぎだ。
 もう少し普通のセリフにしないと、子供が分からんぞ。
・三浦彼女、そこで「私の身体で忘れさせてあげるわ」攻撃だ!

・フォーゼ、ピコピコハンマー(笑)。おいおい。

・夕日が照らす田中。
 悪い意味でフォトジェニックだよなあ。

・「青春劇場」
 ユウキのボケキャラ設定ぶりはちょっと凄いな。
・ゴス女出演せず。
・ゴス女の陰気なチアリーダー姿ちょっと見たかった。

・地球に優しい水スイッチだ!

・三浦イケメンだなあ。
 イケメンが太宰のように苦悩してる様子が絵になる。
 「ぼ、ぼくはあの快楽に抗えないんだ」とか言ってくれたら
 全国の腐女子フォーゼファン、ずっきゅんだ。

・蠍そっちか!
 科学する心としては、蠍分身を一人捕まえて、裸に剥いてみたい。

・次回予告
 悪い顔の園ちゃん先生がステキ!

又、来週

『前略大沢遥様』『谷村美月17歳、京都着。恋が色づくその前に』をオーディトリウム渋谷で観て、谷村美月地獄レベルでキュートふじき★★★,★★★★★

松江哲明特集上映の中の1プログラム

◆『前略大沢遥様』

五つ星評価で【★★★AVではない】

2回目。
大沢遥いい人そうだ。

AVの中の1コーナーとして撮られた松江哲明のAVデビュー作。
絡みのシーンを除けば、おおよそAVらしからぬ撮影が続く。
「AV女優と歩く廃墟」どんなAVやねん(笑)。



◆『谷村美月17歳、京都着。恋が色づくその前に』

五つ星評価で【★★★★★女の子大好き人間としてこれを星五つにしない訳にはいかない】


こんなん

谷村美月が可愛すぎて

反則やん!




【銭】
そのまんま入場料金1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
前略、大沢遙様。〈ディレクターズ・カット版〉@ぴあ映画生活
谷村美月17歳、京都着。~恋が色づくそのまえに@ぴあ映画生活

PS 谷村美月の伝説的な可愛さは真実だった。
 ラストカットも含めて墓に一緒に入れてほしい1本。
 ああ、あのデヘヘ笑いが好きだ好きだ大好きだ。
 作品にダメはゼロじゃないけど、これをダメ出しする人とは友達になれない。

『指輪をはめたい』を新宿バルト9シアター4で観て、ぶざまキング山田とテンガ論議ふじき★★★★(致命傷を避けながら少しネタバレ)

五つ星評価で【★★★★女の子みんなかーいーから星一つオマケ】


3人の女性の誰かと付き合っていた記憶喪失の山田が愛を模索する。
・・・『誰かが私にキスをした』の野郎版か!
という訳で最初から異常にハードルが低かったのも幸いして凄く楽しめた。
すると、これは『誰かと私はSEXをした』、そういう映画か!
まあ、そういう映画でもあるんですが、そんなに下方面にはいかないですね。
山田は3人の誰ともSEXします。

ええのう。

誰が本当に好きであるか分からなくなった山田は女断ちをする。
そこで彼が本当に求めていた物を知る。その求めていた物とは・・・そこは秘密。

女断ちした山田がハイになって、多幸感に包まれる場面があるのだけど、
それって単に「オナニーが気持ちいい」という事ではないだろうか?
3人の女よりオナニー(いや場面としてはないよ)。

これで終わったら、それはそれで潔いし、
歴史に残る映画であったが、テーマは「愛」なので、そこでは終わらない。

うーん、でも何か、広いこの世界で1本くらい、
「オナニー」が「愛」に勝つ映画があってもいいんじゃないだろうか、
オナニー好きとしてはそう思うのだ。

きゃー

ふじきさん最低

いやいやいやいや、正直なだけだよ。
池にテンガを捨てて、妖精が出てきたら、金のテンガ、銀のテンガでなく、
「普通のテンガだけど捨てたものだからいらない」とちゃんと言うよ。
ちなみにテンガを使った事は残念ながらない。

ええんかのう。

テンガはともかく、
というか、テンガの話題の後で何なんだけど、
3人+1人の女の子がみんな公平に可愛い。

小西真奈美はミス完璧。完璧さに息が詰まる。
ああ、耐え切れずにでっかい屁をしてしまった後の
小西さんの真っ青オデコ線の羞恥顔が見たい。その為だけに芋を仕込みたい。
って、テンガから感覚が抜けてないぞ、俺。

うん、でも、適材適所。真面目が似合うんだよね。
ちょっとシャッフルで考えて
小西さんは真木さんの役はきついけど(不可能じゃない)、
池脇さんの役はかなり大丈夫。
でも、小西さんの
ド真面目な感じが感情でつい崩れてしまう演技が絶妙だから、
やっぱり、この役はハマリ役だなあ。
根っから学級委員っぽいんだよなあ。


真木よう子は姉御。凄く優しいけどあちこちトラック野郎みたいだ。
巨乳風俗「モンデルセン」の№5って、写真5枚だけじゃん。
どんなプレイをするか分からないが、
あの風俗のプレイルームは投資にお金をかけ過ぎだ。
設備に極力、資金を投入せずに投資を回収できる事が
風速産業もとい風俗産業の強みなのだ。
警察による摘発とかで業務停止処分とかになったら、
それだけで投資が丸損になってしまう。
ええと、それにしても、おいおい、何だよ、風速産業って・・・
時速250キロのエクスタシー、いいかもしれん。

真木さんはこういうガラッパチが似合う。
真木さんが小西さんやると『モテキ』みたいになるんだろうな。
この映画のポジションとしてはちょっと違う。
真木さんが池脇さん演じるのは考えづらい。
何かもう一人真木さんが出てきて「イライラする。きーっ」とか叫びそう。


池脇千鶴は不思議ちゃん。態度は違うが、案外、姉御とかぶるキャラだ。
社会への適応性のなさが100%みたいなキャラ。どうやって生活してるんだろう。
物凄い裕福な家なのか、風俗だよなあ、やっぱ。


あと、二階堂ふみちゃんも、ちょっと美味しい役。
アイススケート姿が(・・・とりあえず自粛します)

とっても気持ちがいいのが、この映画の世界が登場人物たちみんなに
惜しみない愛を公平にばら撒いてるからだと思う。
「惜しい人間」は沢山いるけど、基本的に「いいところがない人間」が
一人としていないのだ。

あの、ラストに関しては納得はするけど、なんか違う気がする。


【銭】
チケット屋で額面金額1300円の前売券を850円で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
指輪をはめたい@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
指輪をはめたい@LOVE Cinemas調布
指輪をはめたい@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
指輪をはめたい@映画のブログ

PS そうだ、水森亜土! 存在だけでバッチグー!
PS2 「寿司、カレー、ラーメン一生食べ続けるなら、どれを選ぶ?」
 「酢飯の代わりにカレーピラフを使って、
  ラーメンのチャーシューをネタに、
  お吸い物の代わりにラーメンスープを付けて食べる」
 ブラックジャック先生だったら実現可能だと思う。