FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『犬とあなたの物語 いぬのえいが』を新宿ピカデリー5で観て犬より麻里子様ふじき★★★

五つ星評価で【★★★らしい】


2011.1.23に観てる。古い。古い。
麻里子様が出てたことくらいしか覚えていない。
あの時点で、AKBがこんなブレイクをするとは思ってなかったなあ。
麻里子様はこういうどうでもいい細かいコメディに向くなあ。
でも、どうせなら「犬とバターと麻里子様」という方向に話を持って行ってほしかった。
なんとなく安田美沙子のポジションだった感じがする。

えーと、後はざっくりと。


『あきら!』
もう一つオチを付けないと成立しないでしょ、これ。
予告でもほぼ90%やっちゃってる訳だし。
中尾彬が去った喫茶をカメラ、ロングで引いていくと
リードを付けられて四つん這いになったスター”にしきのあきら”が!


『DOG NAP』
これも、もう一ネタ足りん感じ。


『お母さんは心配症』
高畑淳子のハイテンションはそらあ見事なんだけど、
やっぱり「ああいう人は病院に入れるべき」
みたいに見えちゃうのはよーない。


『犬の名前』
立派な泣かせドラマだ。
だが覚えていない。


『バニラのかけら』
立派な泣かせドラマだ。
だが覚えていない。


ああ、なんか基本的に麻里子様しか覚えてない感じだよ、ひでーなー。


【銭】
近くのチケットショップで前売券を1270円で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
犬とあなたの物語 いぬのえいが@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『トイレット』をギンレイホールで観た、ただその記録だけがある男ふじき★★★

五つ星評価で【★★★らしいよ】

これを観たのは2011.2.13
ヴァレンタインデー・イヴ。
そんな日に、もたいまさこがトイレに入る映画を観てどう思えと言うのか。
もう、全く覚えてないよ。
まあ、日付がどんな日であろうと、
人生において「もたいまさこがトイレに入る事」は
そんなに大事じゃないと思うので別にそれでいいと思う。

何で、このレビューを書かなかったのかは、全く記憶から欠落している。
ただ単に忙しさに追われたのだろう。

そう言えば、ちゃんとどんでん返しがあるんだよな、この映画。
だから、割と評価いいんだよな。
他のどんでん返しの一つもない環境映画みたいな奴よりは、よっぽど評価できる。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
トイレット@ぴあ映画生活

『friends もののけ島のナキ』をユナイテッドシネマ豊洲9で観て、映画は大満足だからみんな見ろ、更に怒ったり妄想を働かしたりする男ふじき★★★★(ネタバレ方向)

五つ星評価で【★★★★ナキのアクションはおそらくトム・クルーズ以上(いや、そらそうだろう)】


ええとね、もったいないから

面白い映画はみんなで観ようよ、ね。



実は予告を観て、
「モンスターズ・インク」のパクリか。
パクリならパクリで、もっとうまくやらないかんのちゃうんけ、
と毒づいていた。

この感覚は映画鑑賞後、大きく間違ってはいなかった事が分かったが、
それで終わる映画でもなかった。

物語前半部に挿入された赤鬼ナキと人間の子供コタケのエピソードは
なるほど、『モンスターズ・インク』からのイタダキだろう。
こんな極似設定を「全然、考えてもみませんでした」と言い張る事は出来ない。
ただ、それでもこの挿入は物語後半をより効果的に作用させる為、
そして、モノノケと人の生活・感情に根本的な差異がない事を訴える為、
とてもうまく作用している。

つまり、欠くべからざるエピソードになっているのだ。
そして、イタダキの部分だけで映画が終わる訳でもない。
言わば、この映画は『モンスターズ・インク』を内包しながら、
その後日談と、既存の童話物語を大胆に接着して、
破綻がないように作り上げた見事な一品と言っていい。

大人の鑑賞に充分、耐えうる。

で、私は人非人だから、もっと血なまぐさい別バージョンも夢想する。

帰って来たコタケが、モノノケの穢れが付いているとされて、
更にまた、捨てられてしまうバージョン。
で、それって何なのって言うと、実は『もののけ姫』のオリジナル・コンセプトだ。

売れる映画として成立させるために大アドベンチャーみたいになって、
最後に原初神殺しみたいなのまでくっつけたけど、
そもそもは、人が育てなかった人の子を
モノノケが育てるというホンワカ話っぽいタッチの童話だったのだと思う
(そういうタッチのイラストボードを見ただけで詳細は知らない)。

更に、
仮にコタケが人に殺されても、赤鬼は人と一緒に生きていけるだろうか。
それはありえないだろう。
モノノケは人の感情をデフォルメした存在だ。
デフォルメした感情がその悲しみを許さない。
そこで泣きながら人を襲ってしまうのは赤鬼の方だ。
それは赤鬼よりも赤鬼に襲われる人の心の方が鬼に近いから。
それを阻もうとする青鬼。
青鬼は赤鬼がモノノケのコミュニティーで生活できない存在である事を知っている。
赤鬼に人を殺させない為、冷静になった赤鬼の優しさを理解してもらって
人の里に置いてもらうため、赤鬼を止める為に戦う青鬼。

青鬼は赤鬼を傷だらけになりながら止める。
村の人の信頼を勝ち得る青鬼。
だが、赤鬼は追放される。
どんな事情があっても激怒により、
村を壊滅に追いやるような存在を村が受け入れる事は出来ない。

モノノケのコミュニティーから赤鬼も青鬼もいなくなる。
そこは青鬼にも暮らしやすい場所ではなかった。
青鬼は人の里で暮らす。

赤鬼は青鬼に手紙を書いて旅に出る。
青鬼の母親を探してくるという。
探し出せれば村の恩人である青鬼の母親も村で生活できるだろう。

赤鬼が向かう先はモノノケを絶滅に追いやろうとする厳しい世の中が待っている。
幾多のモノノケが迫害される中、青鬼の母親の居場所に辿り着くまで
何回もその獣の咆哮を轟かせなければいれなくなる赤鬼。

哭いた赤鬼

赤鬼は青鬼の母親を殺害寸前のところで助け出す。
村まで送り届ける。

彼は村には入れない。

それでも彼は一人っきりで酒を飲み、
これでいいと独り言を言い、一人青鬼の幸せの為に静かに泣くのだ。

泣いた赤鬼・改

こういうのもいいな。
集客層が違うから、間違えてもこういう脚本でGOサインは出ないけど。


そうそう、ツイッターで
「やべ。もののけ島のナキ、正月興行で一番好きかもしれない」と呟いたら、
ナキの公式サイトから
「やったー!」
と非公式RTされた。それに対して
「ばかー。あんたらがしっかり宣伝しとけば、こんなに侮ってなかったわ!」
と非公式RTをさらに上乗せするふじき。

こ、こどもだ。ふじきさん、あんたぁ、子供だよ。

でもね、正月映画の中で集客対象層の小学生低学年の子供が
何を観るかの決定権は親にあるだろうから、
その親と同じくらいの年の自分を説得できない予告や宣材はダメだろう。
いい素材を持っていても、それが宣伝で伝わらなければ何にもならないのが
映画興行だと思う。

だからもう一回言う。

ばかーーーーー。


いや、ヒットしてたらごめん。

【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
フレンズ もののけ島のナキ@ぴあ映画生活
▼初期TB適当に付けてます。
初期コメはすんません。早くUPしたいんで今回省略しました。

『ドワーフのアニメ映画まつり お正月プログラム』をユナイテッドシネマ豊洲5で観て、ポンペでうんうんふじき★★

五つ星評価で【★★感触的。欲しいのはそこから先】


腹痛。
便意。
冷汗垂らしながら鑑賞。
後半、ただじっと腹痛を我慢してやり過ごしたので映画に集中できず。

漏らさなかったから、よしとしよう。
漏らしたら、よしとはできん。
そらそうだ。

んー。

ドワーフさんの映像集めた短編映像集。
CMっぽい(作品内にCMその物もあるけど)

気持ちいい感触その物みたいな映像であり、それが切り札だが、
逆にその切り札以上が提示されていないのだと思える。

短い時間、好感触を持たせられればいいCMはそれでいいけど、
長くなるとメリハリとか、山場とかを考えて貰わんときつい。
(考えてるとしたら私には薄い)。
だから、途中で飽きてしまう。そうそう、前も飽きた。
観に来なければいいじゃん、俺。
成長ないな。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
《ドワーフのアニメ映画まつり/お正月プログラム》@ぴあ映画生活

PS 場内に入ったら、子供がいなかったので(後から来た)、
 「ドワーフ」じゃなくって「弩・ワープ」だったら、
 それはそれで問題ないな、いやその方がいいかも、とかくだらない事を考えた。
 ※ 「ワープ」は「ワープ・エンターティーメント」
   えーと、まあ、AVメーカーです。

『宇宙人ポール』をユナイテッドシネマ豊洲3で観て、あははははふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★おもろい。欠点がない、ような気がする】


おもろい。
欠点がない、ような気がする。
まあ、オタクが主役で、その描かれ方がちゃんとしてる映画は
前提条件として最初から割と好きなのだ。

聖書至上主義の父娘が出てくる設定にニヤニヤ。
アメ公が嫌がりそうなとこ突っ込んでんなあ。
弱弱しい虐められキャラみたいなイメージのグレイタイプ・エイリアンを
頼りがいのある兄貴キャラに仕立てたのも愉快。
ポールは基本、上半身裸だけど「BORN IN THE USA」Tシャツとか着そうだ。



なんとなく「ポール」が「ポール」なのは

ポール・ベターニに似てるから

じゃないかと思ってるんだけど、

違うかなあ?



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
宇宙人ポール@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
宇宙人ポール@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
宇宙人ポール@LOVE Cinemas調布

PS 「宇宙人ポール来たあああああ」