FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ちづる』をポレポレポレ東中野で観て、微妙ふじき★★★

五つ星評価で【★★★ドキュメンタリーらしい、らしくない】


重度の知的障害を抱えた妹を兄が撮影したドキュメンタリー

主張のないドキュメンタリーは記録映像を羅列したものに過ぎない。
なので、『ちづる』はドキュメンタリーとしては、かなり淡い作品である。
普通のドキュメンタリーのような視点での主張はない。
何が言いたいのか「意見」としては希薄である。
あるのは「日常の記録」。
ただ、その「日常」が他者から見た際に著しく「非日常」である為、
作品として成立しているのだ。

悪い言い方をあえて使うなら「見世物興行」に近い。
もちろん、観ている最中「見世物興行」なんて連想は全く起こらない。
それは「ちづる」が「見世物」を想起させないカワイコちゃんだからだろう。
あと、ちづる自身は変わり者に見えるけど、
生理的嫌悪感を持つようなビジュアルじゃない事にも救われている。

ただ、ちづるがいる生活は疲れる。
うちの幼稚園に行ってる姪が、ちょっとあんな感じでずっと喋ってる。
ドキドキした。まあ、大丈夫だろう、根拠はないけど。

「非日常」でありながら「日常」、
あまり、こういう類例が世の中にないので、面白いのだと思う。


【銭】
1月1日2日が休日のポレポレ東中野が1月3日を映画ファン感謝デーに振り替えた。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ちづる@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ちづる@LOVE Cinemas調布
スポンサーサイト



『ブリッツ』もういっちょ

ステイサムにはガッキーと忽那汐里ちゃんと三人一緒に
ポッキー(っつーかプリッツ)のCMに出て
踊り狂ってほしいです。
なんかイライラ募って二人を銃で打ち殺しちゃいそうな気もするけど。

『ブリッツ』『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』を新橋文化で観て、両方ともキャラは至極ゴキゲンふじき★★★,★★★

◆『ブリッツ』

五つ星評価で【★★★ステイサム兄貴が刑事なのに悪党でステキ】

ジェイソン・ステイサムが極悪刑事。
ぐうの音も出ないピッタリさ。

コンビを組むのがホモで迫害されてるけど、やり手の刑事。
この組み合わせがニヤニヤ笑っちゃう面白さ。

「あんた、いい警官だよ・・・・・・ホモにしてはな」
おいおい。

ステイサムが暴れに暴れ回って、どう見ても、
そのトバッチリで、街の犯罪率が上昇してるようにしか見えないけど、
まあ、それが許される街なんだろう、きっと。

敵役の愉快犯にパンチがないので、ラストはあっさり終わってしまう。



◆『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』

五つ星評価で【★★★ドニー・イェンはぶれない。作品はぶれる】

へー。
リー版の『ドラゴン怒りの鉄拳』のリメイクではなく後日談なのね。
にしてもフランスに渡ってたとは。
冒頭のドイツ人相手にたち回るドニーが最高にかっこいい。
そして、トバッチリを食って殲滅されてしまうドイツ兵が可哀想でたまらない。

・ヒロインはスー・チー。
 相変わらず平べったい顔だなあ。
 又、厚化粧の役なので、本当に落ちちゃった感を強く感じてしまう。
 軍服姿はちょっとステキ。
・日本軍人役でEXILEのAKIRAが出てる。
 別に坊主にせいとは言わんが、日本軍人なのに
 笑い飯みたいなヘアスタイルで出てきちゃいかんだろ。
・そしてドニーの全裸拷問。
 手回し式発電機による電気ショック拷問は実にエコ。
 そうだよな。ソーラーバネルや風力発電もエコだけど、拷問には適さないよな。

・んーとね、話がつまんない。中国人が迫害されてく辺り、単に羅列になってると思う。


【銭】
前売券700円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ブリッツ@ぴあ映画生活
レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ブリッツ@映画的・絵画的・音楽的
ブリッツ@Love Cinemas調布
レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳@Love Cinemas調布