FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「あなたの2012年の色を教えてください」

好色
スポンサーサイト



『木洩れ日の家で』をギンレイホールで観て、犬可愛いなふじき★★

五つ星評価で【★★すんません。退屈して舟を漕いで、多分、イビキもかいてます】


死期の近い婆ちゃんの愚痴がスクリーンに炸裂する。

うーん、ちょっと合わんなあ。

ばらけて観ちゃったけど二本立ての『海洋天堂』と合わせて、
人は自分が死ぬ事を自覚した時に現生に何が残せるか、という題材。
この題材で圧倒的に面白いのは黒沢明の『生きる』なので、
そんなに目を引くような出来事が起こる訳でもない本作は
ちょっと退屈してしまいました。

えーと、ただ、犬がちょっと異常に可愛い。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
木洩れ日の家で@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
木洩れ日の家で@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
木洩れ日の家で@LOVE Cinemas調布