FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

新橋ロマンで『ゼロウーマンR』などを観ながらロマンチック体験ふじき

◆『ゼロウーマンR 警視庁0課の女 欲望の代償』

五つ星評価で【★★竹書房らしい、本当に竹書房らしい】

かって飯島直子が演じたセクシー・アクション映画のリメイク。
飯島直子版もつまんなかったと思うけど(流石にもうよく覚えてない)、今回は主役の三浦敦子が綺麗で惜しげもなくヌードをバンバン出すにも関わらず、アクションが悪い。拳銃持ってヨロヨロしてる感じ。こういうのは歌舞伎の見栄みたいに嘘でもピシっと決まらなくっちゃダメなんだ。なので、同じく惜しげもなくヌードをバンバン出してる女犯罪者役の範田紗々のアクションの方がダンチでかっこいい。馴れてるんじゃないかな、勉強してるのかもしれないけど。
主役と遂になる野郎の刑事がボソボソ声でよう聞こえん。

それにしても、竹書房は外さずに同じレベルの作品を作るね(誉めてないです)。



◆『欲望の海 義母を犯す』

五つ星評価で【★★★ヤング広木隆一がなかなか見せます】

『軽蔑』の広木隆一の若かりし頃のピンク青春映画。
なかなか見せます。
客演にある一時期、世界一かっこいい役者であった下元史朗。
ヤクザな兄貴を演じさせたら一番。この映画でもヤクザなあんちゃんです。

タケオは好き同士の初体験を夢見る童貞男子。
彼は二人組の家出少女と付き合おうと、
なじみの喫茶店のマスターに下宿を紹介してもらうが、
タケオのお目当ての女の子は生活の為に売春を始めてしまう。

ほろ苦いなあ。
多分、コンパクトな分、『軽蔑』より面白いです。
女優とか芋っぽい。
なんか広木って昔っから女の子はそんなに綺麗に撮れなかった印象だ。
眼鏡の女の子「のり子」って、多分、セイントフォーからのイタダキ。
「ちゃっぷい、ちゃっぷい」とか言ってる。古い、古い。
薬師丸博子の巨大ポスターが主人公の部屋に貼ってあったりする。

日本海の物と思える「波」が綺麗だ。いい光景だ。今よりいい絵を撮ってるよ。

1984年の『白昼女子高生を犯す』を改題してるようです。



◆『獣になった人妻』

五つ星評価で【★★★そんなつまんなくないけど、主役の野郎が色が強すぎて邪魔】

監督・脚本は佐藤吏。

明日までに10万円が必要になったチンピラが人妻熟女に誘われてHして、
お金を手に入れられると思いきや、狂言誘拐に誘われて、
夫に連絡取ったら、妻を殺したら10倍払うと言われて、
みたいにいい感じに話が転がって最後、二転三転するのは良心的。

ピンク映画でエンドロール後にオチカットみたいなのって初めて見た気がする。
・・・最後まで席を立たないでください、だな。

悪い社長の女秘書があびる優っぽくってちょっとよし(多分、夏井亜美という女の子)。
無茶苦茶スレンダーで引締めパンストみたいなの履いての濡れ場がいかす。



【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などは次のでどうだ
ゼロ・ウーマンR 警視庁0課の女/欲望の代償@ぴあ映画生活
獣になった人妻@PG
スポンサーサイト