FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「俺の、お前のワイル道」

> お前らの“ワイルド”なエピソード、
> お前の周りの“ワイルド”なヤツのエピソードを
> ブログに投稿して欲しい。
  
ってお題。
  
うんまあ、ワイルドじゃないし、セブンでもないよ。
それを後悔した事もないよ。
飼犬には飼犬なりの牙の研ぎ澄まし方がある。
スポンサーサイト



『ラバー』をHTC渋谷1で観て、ふじきの公式見解は「つまんない」です、ふじき★

五つ星評価で【★好きな人は好きかもだけど私はダメ】


今、物凄いスピードで、この映画の事を忘れつつある。
まあ、別に覚えておく理由もないんだが、
レビューを書く前に観た事すら忘れてしまいそうな勢いなので、
登頂はしたんだよ、という記念に思い出しつつ書こうとしている。


何故かタイヤが人を襲う映画。
それを覗く人。
覗く人を排除しようとする人。
蛮行を防ごうとする人。

うーん、冒頭、監督の代弁者が「意味のない映画バンザイ」みたいな
主張を一席ぶるんですが、それが変なもん作っちゃった奴の言い訳にしか聞こえない。

本来、物凄い話を更に物凄く見せるか、
割と普通の話だけど、面白く見せるかが
エンタティーメントだと思う。
どーでもいい話をどーでもよく見せるのでは、興味がわかん。

20年もの長きにわたり、タイヤと同衾した喫茶店の店長、長瀬がついに、
タイヤと一体化させた上で愛し合いたい理想の女性、石原さとみを見つけ出し、
彼の愛タイヤとともに彼女を追い詰める、みたいな話の方が断然乗れるのに。


【銭】
正規料金1200円で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラバー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラバー@LOVE Cinemas調布

共通テーマ「雪の日の服装と歩き方、気をつけてる?」

雪の日はやっぱり保護色に限る。
白ですね。
相手を見つけられても、
相手から見つけられないのがいい。
  
だって、雪男に見つけられて
バックからガンガン掘られたらイヤじゃないですか。
その逆に雪女を見つけたら、そーっと忍んでいって
バックからガンガン掘りたいじゃないですか。
  
雪達磨に掘れとか言わないように。
凍傷でちぎれるのはやだよ、そんなに使わんけどね。