FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『NINIFUNI』をユーロスペース2で観て、ももクロファンはこっちを観てほしいぞふじき★★★

五つ星評価で【★★★ももいろクローバーは可愛いけど、映画はバリバリ哲学】


『ももドラ』でのももいろクロ―バーは主役だが、
『NINIFUNI』でのももいろクロ―バーは完全に素材扱いである。

だが、素材だから悪いという訳ではない。
何て見事な素材ぶりだ。

はっきり言って、この映画、前半ムチャクチャ退屈だ。
それは、ももクロの対になるタナトス側が丹念に描かれるからだ。
そして、後半、ももクロが現れた途端、映画は俗に輝きだす。
その輝き方と、輝いていながら、世界の残り半分、
死の静寂を覆すまでには至らぬ、少女と言う存在の中途半端さが
なんか実に「この世界ありがとう」と感じさせられる、なおかつ、
でも「この世界の地平をひっくり返せはしない」という寂寥感もオマケに付いてくる。

世界は極と極があってこその世界なのだ。

という哲学をアイドルを見ながらやれるのはおもろいな。



【銭】
短い中編だから1000円興行。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
NINIFUNI@ぴあ映画生活

PS 忘れてた。
 この映画のももクロは早見あかりがいた頃の無印ももいろクローバーです。
 それだけ、ちょっとの間、寝てたのかな。
 別に私は彼女たちを全然見ていずに当てずっぽうで断言するのだけど、
 この頃のももクロの方が可愛さ的には絶頂期だったと思う。
スポンサーサイト



『ももドラ』をトーホーシネマズ六本木3で観て、アイドルが好きな金持ちは観に来るといいよふじき★★

五つ星評価で【★★ももいろクローバーは可愛いけど、これはきっとPCネット配信でいいんだと思う】


『ももドラ』って『もんもんドラエティー(※)』かよ!
 ※ テレ東系で放映されていたドラマ+バラエティー番組。
   「けっ」とか思って一回も観た事がなかった。
   多分、月曜ドラマランドみたいな出来なのだと思う。

以上がツカミです。

えーとね、ももいろクローバーZには特に縁がない。
よう知らん。だから、ここで初めて顔をマジマジと見る感じだ。
ももいろクローバーの早見あかり『市民ポリス69』に出てたから
一応、知ってる扱いにできるけど、単独切り出しの出演で、
その女の子が抜けちゃったんだもんなあ。

まあね、可愛いっすよ。
アイドルだからね。
可愛くなくちゃ困るでしょ。
その可愛さにお金を払ったと思えば間違いではないけど、
観たのは決して映画ではない。

この他愛もない話はもともとネット配信だったらしいけど、
ネット配信でいいんじゃない、これ?
ってのは、映像的にようないよ。
ピントが常に合ってない。
ピント自動調節で合ったり合わなかったりを繰り返してる。
普通にプロが撮ってないな、これ。
PCのちっちゃな画面だと気づかんのかもしれんし、
スクリーンでも気にしなければいいのかもしれないけど、
気づいちゃうと、どうもね。
どうなんだろう。みんな気づかんのかな?

「私たちはわざとピントを合わなくする事で
 ももクロの魅力を更に引き出しているのです」

そんな意図があるなら話は別だが、
調整して出すべきじゃない?
調整もできないし、取りやめにして入る筈のお金が入らないのも惜しいなら、
ももクロの謝罪Vでも付ければシャレになるのに。

話は別にして、キャラはしおり、かなこ、レニの順で好きかな。

あと、ネット配信にない特典映像でメイキング公開というのが売りなんだけど、
これがビックリするくらい短い。
まるまるエンドロールだけ。
つまり、ジャッキー・チェンのNGカットくらいの分量である。
激マニアはそのシーンだけ観に1500円払ったりするのかな。
確証はないけど、どこかで映像化はされると思うよ。
目に入るのが早いか遅いかだけで。

お金を払うのが何よりも大好きだと言う人にはオススメします。



【銭】
一週間ポッキリの特別興行、そのままの値段1500円支払。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ももドラ momo+dra@ぴあ映画生活

ももいろクローバーファンの人には『NINIFUNI』の方をオススメします。
凄い微量の出演だし、わけ分かんねえぞという意見もあるかもしれないけど、
こっちの方が格段に味がいいと思うな。レビューは別途、書きます