FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『イップ・マン 誕生』を新宿武蔵野館3で観て、ドニーとは別腹まずまずふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★星一つはオマケ。でもなかなかいい空気】
  

やっぱりドニーじゃないのはマイナス要素であるには違いない。
とは言っても、普通に面白い。話は平凡。


若いイップ・マンがイップ・マンっぽいのだ。
そこに沸き起こる恋の嵐。
お約束のように現れる悪い日本人。
私、映画は嘘だから、日本人が悪かろうが良かろうが全くどうでもいい。
ただ、この映画の悪い奴は、悪い奴としてつまらん。
周囲に迷惑をかけてる事は分かるが、迷惑をモノにもしないその行為の先に
何を求めているかがハッキリしないのだ。
そんなん悪役としてダメだろう。


それにしても詠春拳は美しい。
その美しい型を見てるだけで、かなり満足してしまう。
今回は若いイップ・マンに大きな影響を与える
不良老人イップ・チュンの得体のしれない強さが特に良い。


イップ・マンの恋愛事情はオママゴトみたいでかーいらしいが、
三角関係になる女の子二人がどっちも絶世の美女じゃない所が
逆に好感が持てる(前作ファン・ビンビンの美しさは美しさで良かったけど)。



【銭】
久々に正規料金を普通に払った1800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
イップ・マン 誕生@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期トラックバックを付けさせて貰ってます。お世話様です。
イップ・マン 誕生@Love Cinemas調布
イップ・マン 誕生@ダイターン・クラッシュ

PS プレスシート500円はちょっと高い(買うけど)。
スポンサーサイト