FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

共通テーマ「お金が貯まる人?貯まらない人?」

  

本当に「名は体を表す」なら
  
田丸みすず は物凄くお金を貯めているに違いない。

マンガ『ギルガメッシュ 第一巻』石ノ森章太郎、竹書房文庫を読書する男ふじき

  

巨匠晩年の一作(の第一巻)。
  
という事で、
箸にも棒にも引っかからないかと思ったら、
ちゃんと面白いのが不思議だ。
  
もちろん、この後、グダグダにならないという保証はないけど。
しかし、敵対する者が放った刺客がロボット犬って、
あまりに何回もこのパターンを見てる気がする。
リック・ベイカーが猿を作らずにはいられないのと同じように、
石ノ森も悪い犬を書かずにはいられない何かかあるのかもしれない。

共通テーマ「スカイツリー開業!高い所は好きですか?」

  

高い所は特別に好きではないけど、人並に怖い程度。
  
位置の高低より、値段が高いお店の方が近寄りがたいかな。
身体が貧乏に設定されているから。

マンガ『メデューサ・ブレード』長谷川裕一、NEWTYPE100%コミックスを読書する男ふじき

  

何て柔軟なSF的なアイデアを捻出するんだろう。

何気にとっても下司感覚丸出しのバタリ教授がステキ

『センチメンタル・ヤスコ』をユーロスペース1で観て、ちょっと拾った感ありありふじき★★★

五つ星評価で【★★★話は終わっても納得感が充分じゃなかったのが惜しい】

舞台っぽい。
なるほど、舞台の映画化らしい。

ありえないような設定ながら、それぞれ役者が上手いので、ぐいぐい引き込まれる。
本来は、謎を解く事が主眼の物語ではないのかもしれないが、
かと言って無視する訳にもいかない。
結局、ミステリーが仇になり、物理的に謎が解けた後も、
感情的にその犯行にリアルを感じられない点は
この映画の最大の弱点になってしまった。

大小の差はあれ、ヤスコに依存する事で、何かを得ようとする男たち。
ヤスコは求めるものが強いのに、いや、強すぎるので、
男たちとの関係で求める物を入手できない。

ハッピーエンド好きの単純嗜好の私としては、
盗癖のある寿司職人とヤスコの間に、
ハッピーエンドを思わせる何かを匂わせるなりして、
終わってもらいたかった。

岡本あずさは、銭形家の姉妹の一人かあ。
随分、映画では大人だったなあ。
良かったなあ。
ポスターは友近っぽくて良くないなあ。


【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
センチメンタルヤスコ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
センチメンタルヤスコ@LOVE Cinemas調布

マンガ『デュラララ!! 第二巻』原作 成田良悟、キャラクターデザイン ヤスダスズヒト、作画 茶鳥木明代、GFCスーパーを読書する男ふじき

続巻。
 
100円で買った。
 
核心には触れず、新しいキャラを作っては
横に並行してずんずん広がっていくマンガ。
何か、それだけにしか見えんなあ。

共通テーマ「金環日食、見ますか?」

  

えーと、それって毎日やる?
  
  
  
金が感じる日食ねえ。
気持ちいいかなあ。

『ももへの手紙』をシネ・リーブル池袋2で観て、わけえ人が丁寧に拵えたんだから誉めてやるべえふじき★★★

  

五つ星評価で【★★★小品。可愛し】

大きな作品ではなく、ちょっとした夏休みの話を省略なしにちゃんと描く。
よく、できてると思う。

どっかで見たような話や展開が続くが、
新味をプラスして、映画のバランスを壊してもしょうがないから、
この辺は斬り捨てて、ありがちな話や展開に抑えたのだろう。

監督がやりたかったのは小学生と妖怪(異物)とのリアルな交流、
「もも」は田舎に来た事に静かに怒っていて、田舎との交流に極端に無関心だ。
このまま元の生活に戻れれば、戻りたいとうっすら思っている。
そして、極力、感情も含めて、自分が動かずに済むよう暮らしている。
そんな「もも」のクールぶりを異物は許してくれない。
「もも」と異物はぶつかって、ぶつかって、
その都度とてもぶざまな「もも」のリアクションを起こす。
このリアクション(ボディー・アクション)が目に見えてかっこ悪くていい。
写真に残してたら、明らかに「恥」になるような動き。
でも、人間の営みはそんな所から出来ているのだ。

私は基本的にアニメの登場人物をリアルに描こうとする演出は嫌いだ。

だが、このアニメでは妖怪(異物)をデフォルメして描き、
普通の人間をリアルな動きで描く事で、差異を明確にしつつ、
モモのへっぽこな動きも微かにデフォルメして強調している。
確かに、生の人間で、ずっとあのヘッポコを持続させるのはしんどいだろう。

リアルアニメは嫌いだが、「もも」は自分の中ではギリSAFEかな。

冒頭、空から降ってくるリアルな水滴とかは凄い。
ただ、リアルではなく、あれも感情が籠って見えるから凄いのだ。



【銭】
レイトショー割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ももへの手紙@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ももへの手紙@LoveCINEMAS調布
ももへの手紙@SGA屋物語紹介所
ももへの手紙@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 「前略 ジョセフ・スミス様」
 ・・・モルモンへの手紙だったら見なかったろうなあ
PS2 口下手なお父さんが他にも呼びかけだけの
 「ママへの手紙」や「ミミ萩原へのファンレター」を
 出そうとしていたのは秘密です。
PS3 良作だが、興行的に苦戦しているらしい。
 地味だからなあ。
 よし、ライダー・戦隊を見習って、

 空の全お父さんと、全見守り組が徹底抗戦する映画に作り直そう。

 ・・・・いやいやいやいや

浅草世界館でめくるめくオムニバス成人映画を世界的に鑑賞 @asakusasekaikan

おおい、浅草世界館ツイッターのおねいさん。
ちょっと私信気味に書くよ。

特集番組「乗り合いバスで行こう(ピンク映画短編大会)」。
1本約60分中編くくりの成人映画の中で、更に細かく話を分けたオムニバス映画の特集。いまだかってこの切り口は見た事ないなあ。成人映画でなくても名画座2本立てでどちらもオムニバスだったというのはケースあるけど。3本以上まとまるのは珍しいかもしれない(昔『バカヤロー』を集めた企画があったかな)。企画としては珍しいけど、今回そんなに人は入ってなかったから、商売としては失敗か。ええと、みんな来い。

「乗り合いバスで行こう」という特集タイトルと「ピンク映画短編大会」というサブタイトルは分かりづらかったと思う。単に「ピンク映画オムニバス大会」で良かったのではないか? 後、私はツイッターでの140文字内での文言(その先のHPまでは携帯機種制約があるので大概飛ばず)、および、チラシを見て、劇場まで来たけど、どちらにも「オムニバス映画をやろう」と思った理由はなかった。やはり、直接、宣伝素材に思いを書いてくれた方が伝わると思うよ(成人映画と言うより名画座チックな姿勢だけど)。

チラシは新橋文化とキネカ大森でGET。
新橋文化はロマン側にしかチラシを置かない場合もあるので、
「新橋文化側にも置いてくださいね♡」と釘をさしておくといい
(それで現に私みたいに持ち帰る人が増える訳だから)。



◆『ザ・完熟マダム乱立 義母・未亡人・不倫妻』

五つ星評価で【★★小川組っぽいな】

のっけからなんですが、寝ちゃいました。
前日4時までブログ書いてて、7時に起床、
9時から15時くらいまで肉体労働。
寝ないと変だよ。若くもないんだし。

言い訳はいい。
ともかく寝た。

でも女優さんが個人的にはきついラインだったので3本の中で
これを寝た事を後悔はしていない。



◆『ハレンチな女 真昼の発情』

五つ星評価で【★★★★傑作】

池島ゆたかは本当にいい仕事をする(たまにひでーのも作るけど)。
2004年の映画だけど、ラストシーンが
2010年のアメリカ映画『クロッシング』みたいだ。
まあ、よくあるまとめ方と言っちゃえばそれまでだけど。

紅蘭(子持ちの女王様・SEXは仕事だが、最優先ではない、大事なのは子供)
華沢レモン(援交女子高生・SEXは小遣い稼ぎ、お金が大事だ、多分)
佐々木真由子(セックスレス主婦、SEXは失くした愛、何が大事かもう分からない)

3人の人生が交錯する。
かっくいー。

SM嬢の客に接している時のプロの顔と、母の顔と、SMクラブ社員としての顔が、どれも絶妙に違っていて凄い。

援交女子高生のパートに池島ゆたか監督本人が出演もするが(もともと役者だ)、その身体がいい意味で醜くなってきてるのがとてもいい。



◆『すけべ美女 舐め尽す』

五つ星評価で【★★★★これもなかなかよろしい】

監督は柴原光。1997年。
不勉強だからこの監督はよく知らない。

まだ、林由美香が熊っぽい雰囲気を残しつつ、
眉を細くするかどうか思案してた頃、だろうか。
その林由美香が役柄上23才で、女子高生の役でAV女優の三枝美憂が出演。
残酷なキャスティングだが、由美香姉さんの懐は深い。
また、由美香姉さんがとても切ないセリフを言う。
にしても、三枝美憂
可愛いの、可愛くないのって、可愛いよ。
15年も前なのにニーソ履いてるし(全盛のルーズソックスも履いてる)
だが、メイクが軽いと、ちょっと「はしのえみ」に似てる。
きしょー、減点だ。

明確な3部構成だが、1部が長いので、全体チグハグな印象を受ける。
ただ3部の〆の言葉が1部にも2部にも通用する「まとめ」なので、
構成として、とってもしっかりした作品である印象を受ける。


【銭】
3本立て1200円、正規料金(性器料金にあらず)で入場。

PS どっかで誰かが一回『ブルーレトロ1930』をかけてくれないかなあ。
 死ぬまでにもう1回くらい、話の種に見直してみたい。
PS2 しまった。今日もこんな時間だ。

共通テーマ「男性の年収600万、専業主婦希望40歳婚活女性は高望み?」

  

以前、TVでバラエティー番組見てたら「年収3000万ないと無理」とかの女子発言があり、それと比べると現実的なラインまで下りてきたな、と感じる。
  
もうちょっと婚活の条件と状況を詳細に記述すると、
  
条件を出した女性は派遣社員。身長163センチ、細身、色白、肌がきれいでかわいらしい顔立ち、32~35歳ぐらいに見えるという自己申告をしている。地方都市にある実家に住み、年収は280万円です。
  
相手男性に求める条件は、40~46歳ぐらい。年収600万円、できれば800万円がほしい。自営ではなくサラリーマン、オッサンぽくないこと。親と同居や田舎暮らし、子どもがいる人は不可で、話が面白い人。子どもは望まない。
  
本人は専業主婦希望で、妥協しても週3回のパートが限界だといい、おこづかいは月3万5000円ほどを望んでいます。

  
うんまあ、地に足が付いてるは付いてる。
生活した上での実感を伴った金額だから、これはこれでいい。
条件の中で「オッサンぽくない人」「話が面白い人」というのが難物だな。
というのは、他は絶対基準で、この二つは相対基準だからだ。
  
40~46歳に対して「オッサンぽくない人」という設定は間違っている。
この歳って「オッサン」のど真ん中の歳じゃん。「オッサンぽい」に決まってるじゃん。
外見は逃げられない。「オッサン」になってしまう。
どうしても相手の女性が「オッサンっぽい」のがイヤなら、
「明日から髪は三つ編みにして、服はセーラー服を着用します」
そう宣言すればいいかな。少なくとも「オッサンぽく」はなくなると思う。
どこに行くかは分からないけど。
  
「話が面白い人」は相手に泣いてもらおう。
色々と条件を成立させるために、どうしても話を面白くするような人格を
構成するに至りませんでした、と正直に言おう。
サラリーマンとしてそれなりの給金を得る為には当たり前の「面白さ」は禁物です、と。
おこづかいを月3万5000円から3万6000円にアップしますとか交渉すれば
案外簡単にOKが出るんじゃないかな。
  
これで、条件が成立。
この条件に合う人は彼女と結婚すればいいと思う。
あなたが真性のキモオタでも、性的倒錯者でも、
条件はクリアしてるんだから堂々と行きましょう。
あなたに前科があっても、前科がなくて人を殺していても、
人を殺さずにいられない人でも、DVしちゃう人であっても、
とりあえず条件の上で問題はないので、仲良くやっていきましょう。
  
いや、その前に「結婚詐欺師」と「北朝鮮のスパイ」あたりが
この案件にいっぱい群がると面白いなあ。
  
いや、意地悪いってんじゃないす。
単なるヒガミですから。
  
みんな、お星さまになっちゃえー。
前のページ 次のページ