FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ソーシャル・ネットワーク』をギンレイホールで観て、手堅いなフィンチャーふじき★★★

話題作なのに、一回チャンスを逃すとスクリーンで観る為には1年くらい待たなければ観れなかったりする。なんか相変わらず非文化的な映画館事情だ。それでも地方に比べれば、まだまだ雲泥の差でましなのだろう。ありがとうギンレイホール、ちょっと前の映画をかけてくれて。

五つ星評価で【★★★激流の仲で手をはなすと二人は対岸に辿り着く】

フィンチャーってうまいね。
フィンチャーって整理しまくるね。

こんなん映画にならんような題材だし、
映画に出来ないような主人公だと思うんだけど、
フィンチャーが撮るとダメなのに可愛らしくなる。

それにしても絶妙のコミュニケーション能力の欠如だ。
欠如しても、周りが補ってくれる幸運。
そして、コミュニケーション能力しか持たない化け物の登場。
激流が巻き起こり、それは破綻する。

主人公が無償で持っていた物を、激流に放り込まれる中で、
お金を払ってまで清算しなければならない状況が皮肉だ。
そして、その清算は、どうでもいい者との間でも、
親しくしていたい者との間でも、等価値で強いられる。

どんなに金持ちになっても冴えない主人公が痛くっていい。
彼は彼の切り口からすれば最初から最後まで正しい。
彼は彼以外の切り口から正しさを再検討したりしない。
世界中にはあらゆる「正しさ」がいろんな向きで成立しているのだから、なるほど、その必要はないのかもしれない。ただ、必要がないからと言って、完全に切り離してしまうのは常人には難しい事だ。やはり、彼は選ばれるべくして、神に選ばれた男なのかもしれない。



【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活

『サンタ・サングレ 聖なる血』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ともかくマンボ№8がかっこいいんだふじき★★★

特集上映「妄執、異形の人々・海外編」から1プログラム。


五つ星評価で【★★★「早く、人間になりたい」アレハンドロ・ホドロフスキー】

2回目か3回目。

やはり、血が薄い感じだ。

『エル・トポ』で縦横無尽に狂い、
『ホーリー・マウンテン』で起死回生に狂ったホドロフスキーが
今回は自らの狂いを封印、ひたすら真面目に映画を撮った。
にも関わらず、ところどころボロボロ狂いが溢れちゃってる様は
微笑ましいばかりである。

それにしても、白塗りの女の子は小さくても、成人しても何か今一つだ。
ホドロフスキーが女性を綺麗に撮ったなんて、
『エル・トポ』の砂漠女子くらいだからなあ。



【銭】
シネマヴェーラの会員割引かつ夜間割引で800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
サンタ・サングレ 聖なる血@ぴあ映画生活

PS 二人羽織ホラー
PS2 腕のない制服女子像ええなあ。
PS3 やっぱり「マンボ№8」。
 サントラCDの中に収録されてないんだよね、確か。

『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』をシネマート新宿1で観て「鹿だな」ふじき★★★

五つ星評価で【★★★大仏と言えば鹿】

「ツイ・ハーク完全復活!!」
うーん中途半端な復活っぽい空気だなあ。
  

・全体もたつき感はあるものの、カンフーの自由度は買う。
 空一面に広がる放たれた矢。
 こういう絵をセンスとして展開できるところが香港発映画が
 ハリウッドに食い込める強み。
 あの大仏だって嘘だが壮大で美しい、それでいいのだ。
  
・女帝カリーナ・ラウの空気の重さよ。
  
・アンディ・ラウは何でもできる役者だ。
 『マッスル・モンク』をモノにした時から、
 この人に出来ない役はなくなったと信じている。
  
・リー・ビンビン
 おお、ツンツンだ、ツンツンだ。ツンツンは萌える。
 後半、この人、分かりづらい。
  
・まあ、とは言っても、この映画は

  鹿、鹿に限る。




【銭】
シネマート新宿、月曜メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件@LoveCINEMAS調布
▼関連記事。
判事D(二作目)@死屍累々映画日記・第二章
判事D(三作目)@死屍累々映画日記・第二章

共通テーマ「映画を見るなら映画館?自宅?」

  

基本、映画館。
300本に1本くらいの割合で、ごくまれに自宅で見る。
自宅で見ないのは、集中力が途切れるから。
基本、飽き性なので、誘惑が多いと映画に集中できない。
  
でも、佐々木希ちゃんの膝枕で映画が見れるなら、
自説なんて2秒で捨てるよ。

『女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』をシアターN渋谷1で観て、嗚呼ジャッキーふじき★★

五つ星評価で【★★えんえんカンフー】

ポスターの一番、目につく所のコピー

「ジャッキー・チェンに!
 何が起こったのか!!!
 製作費50,000,000元(6.3億円)、中国映画史に残る怪作」

ジャッキー・チェンは今回、製作。
「怪作」ではあるが、まあ、そんなにいつものジャッキーと変わらんよ。
ジャッキーが出て来ないから、気づきづらいけど、
これも、ジャッキーの映画も、ずーっとただひたすらカンフーやってる。
本当にカンフーが好きなのだ(多分、映画の完成度よりもカンフーの方が好きだ)。

違うのはジャッキーが主演の時は、けっこう、飽きないように
カンフー、手を変え、品を変え、鮮やかな転調で転がしている。
でも、あれ、ジャッキーだから容易にアレンジが効くけど、
普通の人だと、かなりきつい………というのが今回。

ともかく山のように未亡人が出てきたが、未だに何人いたかが分からない。
明らかに出し過ぎだ。しかも、みんな武器が違うくらいで個性ないし。
セシリアもいろいろ気苦労があるようで老けたなあ。
でっかい成人に達した子供がいる役か。


【銭】
シアターN、月曜メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
女ドラゴンと怒りの未亡人軍団@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
女ドラゴンと怒りの未亡人軍団@LoveCINEMAS調布
女ドラゴンと怒りの未亡人軍団@我想一個人映画美的女人blog

PS 流石、シアターN「未亡人割引」なんてのをやってました。
 「未亡人」が、この映画を見に来るとも思えんが、意気は買う。

マンガ『忍闘 炎伝 全三巻』長谷川裕一、ノーラコミックスを読書する男ふじき

長谷川裕一の描くマンガの女の子が、
現実にはいないとしても、
可愛さには何ら変わりはないのだよなあ。

どっちかっていうとロリータな可愛さだから、
そのまま可愛いと言うのは拙い気がするけど。

マンガ『JA 第二巻』鳴見なる+唐花見コウ、角川コミックスエースを読書する男ふじき

  

小学生の女の子が農業するマンガ。

ただ、農業にポイントが行ってる訳ではなく、
農業のある土地に引っ越した女の子の生活や友情が中心。
『銀の匙』みたいに、もっと薀蓄っぽい展開があってもいいのに、
ちょっと勿体無いなあ。
でも、普通にマンガとしてはすっと読めるから、これはこれで良作だろう。

共通テーマ「人前で泣けますか?」

  

「人前で抜けますか?」に

 空目しちゃう自分はダメだと思う。

共通テーマ「何かから逃げ出したくなったら、どうする?」

  

これは、その「何か」次第じゃないの?
  
その何かが「ナイフを持った殺し屋」だったら逃げるし、
「ナイフを咥えたチワワ」だったら立ち向かって「めっ」とか言うだろうし、
「ナイフを持った優木まおみ」だったら、この機会を使って
何とか知り合いとかになれないだろうかと考えるだろうし、
「ナイフを持った大竹しのぶ」だったら、とりあえず無関係な位置にいたいと思う筈だ。

『インモータルズ 神々の戦い』を新橋文化で観て熟睡熟睡また熟睡ふじき★

五つ星評価で【★ターセム監督とは相性が良くないなあ】

驚くくらい話がタコ。

タイタンって巨人じゃないんか。
そらいいけど、あんな単に画一的に強い存在じゃバラエティー溢れる神様と釣り合いが取れんだろ。何故、最初の戦いで封印しただけで殺さなかったのかも全くの不明(神的な存在だから殺せんという訳でもなさそう)。

そもそもハイベリオンがタイタンを制御すれば世界を征服できると確信した根拠が分からん。

神様が人間に対してどんな感情を持っているのか、その感情の根拠が分からん(本来のギリシャ神話みたいに神と人の交流が希薄だから、そこは別途、記述されるべき)。

各キャラそれぞれが何をやれば「あがり」になって、映画が終わるのかが全く分からない。

絵は綺麗。
だが、別に「絵が綺麗」を実現するだけなら、アートスペースをレンタルして、映像を流せばいいのだ。

巫女さんは綺麗だったけど、処女性の葛藤はもっとちゃんとやらんと。



【銭】
夜間割引(2本立て興行ラスト1本のみ)で700円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
インモータルズ -神々の戦い-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
インモータルズ -神々の戦い-@銀幕大帝
インモータルズ -神々の戦い-@映画的・絵画的・音楽的
前のページ 次のページ